昇格マジック5、減らせず。

2021明治安田生命J2リーグ 第35節
磐田 2-2 愛媛 @エコパスタジアム(Live)

前節引き分けに終わった磐田は降格争い中の愛媛との対戦。
今日こそ勝ち点3を積んで明日ゲームの京都にプレッシャーを、
そして昇格を狙う甲府や長崎を突き放したかったのだが・・・。
磐田はゲームの入りから動きにキレがない。
重たげな体、遅い出足、相手の愛媛もさえなかったので
ほとんど攻めさせず時間が過ぎていったがイマイチな展開。
ようやく前半の終盤、鈴木雄斗が先制弾を決めてやっと先行。
しかし後半も重たい動きは変わらず、逆に愛媛は活性化。
押し込まれ始め、ついに相手同点弾。
そしてがっくりする間もなく、5分もしないうちに逆転弾。
同じような速攻からの連続失点だった。
磐田は慌ててもがき始めるも、攻めは空回り。
何とかこれまた鈴木雄斗が頭で再び追いつくも逆転には至らず。
アディショナルタイムには終盤投入のファビアンゴンザレスが
何度か決定的なシュートを放ち、入ったか!? と思わせたが、
結局はネットを揺らせず、無情にも同点のまま終了した。
残り7節。甲府との勝ち点差は8。
残り7試合甲府が全勝したとして、磐田は勝ち点14取ればいい。
5勝以上で決まり。4勝2分けでもよい。
甲府だって全勝できるとは限らないので、
磐田は7試合で4勝すればほぼ昇格できると思われる。
今までの磐田ならそれはできただろうが・・・今の磐田は???
そしてここからは天皇杯もある過密日程、そして上位対決。
まず次節の大宮は絶対に勝ち、ホームでは全勝と行きたい。
(もちろん新潟にも勝ちたいが。)
十分有利な状況は変わらないが、次節次第では黄信号かも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください