「ひとりごと」カテゴリーアーカイブ

さよなら夏の日

私の夏休み最終日。昨日から今日にかけていろいろあった。

第16回パラリンピック競技大会 東京2020
開会式 @オリンピックスタジアム(国立競技場)

昨夜のこと。素敵な開会式だった。
ボランティアによる素敵な歓迎は五輪の時のまま、
「片翼の小さな飛行機」を主人公とする物語が素晴らしく、
夢、未来への希望、勇気が湧き、心動かされるものだった。
望むのはあの女の子が芸能事務所やマスコミたちの
「食い物」として消費されないこと。そっとしてあげたい。
(既に五輪メダリストは、くだらないバラエティ番組の
 食い物にされ始めてるからなぁ。)
そして今日から競技が始まった。その中には見入ったものも。

車いすラグビー 一次リーグ グループA 第1節
日本代表 53-51 フランス代表 @国立代々木競技場(TV)

初めて観たけれど、すごいね。
攻撃側が有利でマイボールになったらトライまでいくのが
本来だが、いかにそれを封じてマイボールにするか。
頭脳戦で相手の攻めを封じる場面もあれば、
タックルで力わざで阻止する場面もある。
奪えたらチャンス、なんだけれどそれがなかなか、というのが
今日のゲームだった。
でも終盤第4P、ここぞというところでチャンスをものに。
見事な逆転勝利だった(^^)/
毎日ゲームがあるようで、明日はデンマーク戦。
がんばってほしい。

夏休み最終日のお散歩はこちら。
仕事が始まると去年のように平日はここには来られないから。

このゆったりとした時間としばらくお別れ(..;)

そしてもう一つ。
ザ・ローリングストーンズ、チャーリー・ワッツさん、
80歳で死去。
一番長生きしそうに見えたのに。
これで「完全なストーンズ」を見ることは
もうできなくなってしまった。残念。
どうぞ、安らかに。

ひとりじゃないの

第32回オリンピック競技大会 東京2020
サッカー 男子 一次リーグA組第3節
日本五輪代表 4-0 フランス五輪代表
@横浜国際総合競技場(TV)

そこにいることに価値があるんだな。
久保の先制ゴールはすばらしかったけれど、
その前の上田のシュートがあってそこにさらに久保を含めて
2人走り込んでいたことからDFが付ききれなかったからだし、
酒井のゴールも上田のシュートをGKが弾いたところに
走り込んでいたことから生まれたもの。
三好、前田大然のダメ押し弾も、いい距離感をもって
だれかが近くにいることが得点につながっている。
攻守のコンビネーションもいい。
この勢いでノックアウトステージにつなぎたいのだが・・・、
大量得点ゲームの後ってあまりいいイメージがない・・・。
ニュージーランド戦、気を引き締めて準備してほしい。
ところで・・・。

競泳 女子200m個人メドレー 決勝
大橋悠依 2分8秒52 優勝
@東京アクアティクスセンター(VTR)

最後の追い上げ、競り合い、見事でした。
本当に素晴らしく、誇れる2冠です(^^)/
ただ、これ彼女だけじゃないんだけれど、
競泳陣の競技後のインタビューの時、マスクをつけるのは
いいとして、呼吸がまだ荒い時点で口に張り付いて苦しそう。
だれか杏林堂のセンターワイヤー入りマスク、
持ってってあげたら(..;)

山口県内の地上波中継じゃないんだから。

2021明治安田生命J2リーグ 第22節
磐田 2-2 山口 @維新みらいふスタジアム(streaming)

やっぱり来たな。伊藤の抜けた穴が。
そこに今節は森岡まで離脱してしまったのだからたまらない。
中川が頑張ってはいたが、やはり厳しかった。
そこに小川大貴を入れて鈴木雄斗を後ろに下げたのだが
これで前への推進力が落ちてしまった。
そして小川大貴。確かに体を張って1点は防いだ。
でも、あの2失点目の守備はまずかった。
伊藤が,森岡がいたら同じ結果だっただろうか・・・。
ファビアンゴンザレスにゴールが生まれたのはいい兆しだ。
ただ、磐田の攻めは精密機械のようなもの。
一つ歯車が狂うと全体のパフォーマンスが急激に低下する。
歯車のかみ合いをいかに取り戻すか、それを急ぎたい。
そして・・・、
DAZNの実況と解説はもう少しニュートラルであるべきだと
思うぞ。アウェーサポも見てるんだから。

Do you have HONDA ?

天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権 第3回戦
磐田 4-1 Honda FC @ヤマハスタジアム(磐田)(Live)


「天竜川決戦」なのだ。
ただJSLの時代は私はスタジアムに足を運んではいなかった。
テレビのニュースで「ふーん?」と思いながら聞いていただけ。
でも、「ヤマハ対ホンダ」となれば、その熱さはわかる。
私のイメージとして、バイクのヤマハ対ホンダは、
「カッコよくひとくせある」vs「広く乗りやすい」なのだが
ちがうかな?
そんなJSL時代のライバルチーム同士の対戦。
ただ、選手はそもそもその時代を知らない世代。
プロはプロの,アマはアマの意地をかけての
今日の対戦だったと思う。
しかし・・・。
序盤こそ「?」という先制点から順調に得点を重ねたが、
後半はしばらく沈黙。
Hondaが別チームになったかのような圧を受ける中で
こちらの「リーグ戦非スタメンチーム」は相変わらず
「出られないのにはわけがある」状態。
その中でついに失点。さらに押される展開に。
何とかもう1得点取って突き放して勝つことはできたが、
後半は押されっぱなしでモヤモヤが残った。
そして何よりケガ!!!!
途中交代した森岡、大丈夫なのだろうか。
伊藤を送り出した今、DFとして「計算できる戦力」の離脱は
あまりにも痛すぎる・・・。

PS.
私はホンダスーパーカブを持っています(^^;)

本当に終わったのか?

「いつの日か終わりは来る」ということはわかっていながら、
続いていることが当たり前になりすぎていた。
それがある日突然終わり、なくなってしまうとなると・・・
それは何とも言えない喪失感だ。


この場所といえばあの番組。
「水曜どうでしょう」
昨夜録画したこの番組に「終」マークがついていた!?
どういうこと!?
実際、HDDレコーダーの番組表で来週水曜深夜を見ると、
この番組は消え、わけのわからない番組が収まっている。
消えた。終わった。
ツイッターにはボヤキや叫びが散見。
ウィキペディアには秋から「どうでしょうプレミア」という
新たな再放送が始まるという話も出ているが、
秋までの「小休止」なのか、もうやる予定はないのか。
そして今後新作が完成しても「静岡とばし」となるのか。
静岡あさひテレビが情報らしい情報も出さないことに
苛立ちを感じている。