これは「妄想」ではありません(°°;)

「aikoからリョクシャカに乗り換えたの?」
と思われてる方も多いのかもしれないけれど、
私はまだまだaiko loveですよ(^^;)
一昨日。定時で職場を飛び出して車を駅前の駐車場に。
下り電車に飛び乗って豊橋からは新幹線で名古屋へ。

aiko Live Tour
“Love Like Rock Limited Vol.2″@Zepp Nagoya(Live)


ファンクラブ限定ライブ、行かないわけにはいかない。
当初土曜日開催予定が、諸事情で延期でド平日(°°;)
でも、3年ぶりのZeppだもの(^_^)v


中に入ると、何と実質2列目(°°;)
マイクを通さない肉声も耳に届いてくる神ポジション(°°;)
でも・・・本当の驚きはその先にあった。
何と「aikoと会話ができた」!!
ライブ中に彼女から話しかけられたのだ(°°;)!?
周囲はライブのTシャツを着てる人たちばかりの中
私は職場から直行でスーツ。確かに浮いていた。(自覚あり)
で!? aikoがこちらに視線を向ける!!! そして一言!!!
「スーツでお仕事帰りですか?(´`:)」(°°;)
「暑くないですか?」
「(肩に提げてる)バッグ、重くないですか?」等々。
あまりの衝撃に気の利いた返しもできずしどろもどろ。
今思えば・・・もったいなかった・・・(-_-)
過去にも1列目でaikoとタッチということはあったが
1,000人を超える観衆の中で、私と会話って!?(°°;)
終演後・・・、名古屋からのこだまの車中。
夢心地で車窓からの夜景をぼんやり見つめる帰路だった。
(スミマセン、内容が薄くて(-_-))

同ツアーZepp Haneda公演の動画をイメージとして。
名古屋公演でもオープニングで演奏されました(´`:)

近くだからこそ、今頃になって



昨日、海湖館牡蠣小屋でビールと共にお昼をいただいた後、
今季の磐田についてもっと語ろうということで、
場所を変えて新居関所近辺の古民家リノベカフェ、
カフェロンポワンへ。
このお店、近くなのでいつでも来られると思いながら
今日までそのまま(^^;) お客としては初来店です。
牡蠣でおなかは膨れているので(もともと!?)
今回は飲み物だけ。紅茶をいただきました。
ポットから入れるタイプ。いい香り。
建て替える前の私の家のような内装(^^;)
どこか懐かしい空気感の中で、移籍の効果や
敵地遠征の楽しみなどを1時間以上話し込みました。
落ち着けるお店です。またお邪魔したいです(´`:)

口の中に旨味が広がる(´`:)

Jリーグの開幕が近づくと、共に観戦するみなさんと
私の近所の特別史跡駐車場に置かれていた牡蠣小屋で
牡蠣をいただきながら今季の展望について話し合うのが
恒例の習わしだった。
でも、ここ数年のコロナ禍で近所の牡蠣小屋は開催されず、
浜名湖畔の海湖館の牡蠣小屋にも2年間行っていなかった。
今年、まだ第8波がまだ収まらぬ中ではあるが、
3年ぶりにやってみようということになり、海湖館へ。


いや、おいしかった。
今回いただいた牡蠣、身のふっくら加減はもちろん、
「苦み」「エグみ」がなく、いい風味だけが口の中に
広がっていく、という感じだった。
現地まで歩いて行ったので、ビールと共にこれらも。


天ぷら、フライなど、牡蠣づくしの料理をちょっとずつ。
ビールとよく合って美味だった(^_^)v
さ、磐田。スタートダッシュなるか(°°;)
開幕まであと3週間だ。

間に買い物を挟んで、朝食と昼食をこちらで

コロナ禍に入って、各地で行われるグルメイベントも
すっかり中止になっていたが、社会生活正常化の流れの中
こちらも3年ぶりに開催された。

名古屋ラーメン祭り(^_^)v
私は5年ぶり。この手のイベントは本当に久しぶりだ。
確かに人は大勢だが、行列も距離を保って整列。
屋外で行われ、食べる時以外はマスク、ということで
気をつけながら足を運んだ。
1軒目。新潟の麺屋太威「貝だし潮ラーメン」。

スープを一口。ガツンとアサリ風味。
その中に「節」と鶏の風味。おいしい(´`:)
麺は細麺と聞いていたが若干中太。でもしっかりコシ。
そして柔らかチャーシュー。最高のスタート。
2軒目。東京のラーメン元「琥珀煮干塩麺」

こちらを食するのは3度目。
2017年の静岡ラーメンフェスタ、2度目は2018年、
遠鉄百貨店で行われていたラーメンリレー。
ただ、その時に比べると煮干の強烈さは少し引いて、
鶏や節?と調和しながら穏やかに主張しているといった感じ。
入っている背脂もくどくなく、旨味を含んでいて
あっさりスープの中でいいアクセントに。
かなりバランスよくまとまったスープになっていた。
麺も香りがよくチャーシューも美味。おいしかった。
そして3軒目、三重県桑名市のらぁめん登里勝、
「はまぐりだし濃厚白湯らぁめん」

なるほど、桑名だもの、はまぐりは入れてくるよね。
でも、ハマグリが前面に出すぎることはなく、
鶏白湯の濃厚な風味の中で存在感を主張。
決してくどくないが、深いコクのスープ。
しっかり歯ごたえのある中太麺はいい風味。
トッピングは「ノーマル」で注文したのに、
やわらかチャーシューが2枚に煮卵も(^^)/
お得感バリバリ、おいしかった。
買い物ついでにいったはずなのに、いつの間にか
しっかりこちらがメイン。ごちそうさまでした(^_-)

新橋では知られた名店らしい。

先週土曜日、3年ぶりの木曽。
木曽と言えば帰りにいただくそばでしょ、とも思ったが、
ふと入ったレストラン白山で偶然目に入ったポスターに
心が動いてしまった(^^;)


麺屋武一・・・期間限定でコラボしているようだが、
申し訳なく、存じ上げない店だ。
でも「濃厚鶏白湯」というワードとその写真を見て、
気がつけば座席を確保して、オーダーしていた(´`:)
「濃厚鶏骨醤油そば」


冷え切った体に鶏白湯がしみこむ・・・おいしい(°°;)
とろっとしていて深い。まさに「鶏」。濃い(°°;)
でも、くどくない。キレがあるスープ!!
するする飲める。味わえる。
そんな濃厚スープが麺によく絡み、一緒に胃袋へ。
満足。ごちそうさまでした(^_-)

m-takasuのつれづれなる想いをWordPress6.1で