「お出かけ」カテゴリーアーカイブ

「初めての富士サファリ(°°;)」

だいぶ前に録画した「水曜どうでしょう」の
「初めてのアフリカ」をこの頃よく見ている。
そのためか、車窓の富士山麓がまるでアフリカに見える。
そして動物が近づいてくると、あの珍道中を思い出して
ついつい思い出し笑いをしてしまう私(´`:)
「ライオンめっちゃいるよ~(^^;)」

続いてチーター。柳生博風(´`:))
「チーターの親子は毎日狩りをして、
 フレッシュな肉しか食べません。
 これが厳しい、サバンナの掟です・・・。」


「百万円クイズハンター、ハンターチャンスワン!」
(何が何だか・・・。次。)
「何頭イルノ? ゾウ。」
「百頭グライ、イルヨ。」(そんなにいない(^^;)
「マダマダイルヨ(°°;)」


(またまたスティーブ!?(°°;) そして次は藤村D風。)
「キリンって恐竜みてえだよ(°°;)」

(でも、本当に近すぎる(°°;))
最後に、「リアル・ティモン」!?

そのうち「ハクナマタタ」と言って踊り出す!?
動物への「近さ」なら、ここ富士山麓も
タンザニアのセレンゲティ高原に負けてない!?(´`:)

「どうする?」かはともかく

来年は大河ドラマが家康ということで、ゆかりの地が熱い。
久能山東照宮。国宝の風格が漂う。


今回は久能海岸側から石段で(°°;)
こちらから登るのは、何と大学4年の元旦以来(°°;)


1159段、頑張った(◎_◎;)
頑張った分、上からの景色は格別


同じ場所からこの景色をリョクシャカpeppeも見たそうだ。
(おそらくこの夏、渚園に来る前に寄ったのだろう。)
天気もよく、素晴らしい景色だ。
もう一つ、家康ゆかりの地。


富士山本宮浅間大社。
木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)を
御祭神とする駿河国一宮。
これがなぜ家康ゆかりかというと、本殿や拝殿などは
関ヶ原の戦勝御礼として家康が寄造営したことからとのこと。
へぇ、そうなんだ。勉強になった。

一から出直しだ。

3年ぶりの開催。皆が待ちわびた「復活」となるはずだった。
でも、開催直前の元プロデューサーのあの発言が水を差した。
海外からのアーティストと共に歴史を築いてきた大道芸W杯。
なのに、あの発言はあり得ない。
でも、きっと一から積み上げ直してくれるものと信じて、
昨日6日(日)は駿府城公園へ行ってきた。
まずは、渡辺あきら。


ハットとボールを駆使したジャグリング+笑い(^^;)
続いてベテランのこちら、三雲いおり。


もはやコメディアン(^^;)
笑いを取りながらのジャグリング。腹を抱えて笑う。
お次は市街地に出て、地元静岡出身の渡邊翼。


ディアボロアーティストなのだが、ストーリー性があり、
演劇っぽくもあり、踊りの要素もあり。
そして青葉公園でMr.アパッチ。


ディアボロ、炎が上がるたいまつを使ったジャグリング、
そしてその「炎上ジャグリング」を
不安定なハシゴのてっぺんで行う難技も(°°;)
ほかにも何人か見たのだが、いずれも以前は積極的に
選んで見ることをしてこなかったアーティストたちで、
彼らをじっくり見る機会を得られて、いい出会いとなった。
アーティストもポイントも少なかったが、活気は変わらず。
人々の集まりもマスクしてることを除けば以前と同じ。
戻ってきたなぁ。
キリン一番搾りガーデン駿府でこんなものも(^^;)


やっぱ、「これ」も楽しみだものな(^_^)v
「うまし!」
やはり来年はコンセプトからもう一度見直し、作り直し、
ちゃんとしたプロデューサーを据え、海外からも招いて
「完全復活」でしょ\(^o^)/