「磐田」カテゴリーアーカイブ

平成最後の5月1日、いかがお過ごしでしょうか(^^;)

平成最後の5月1日、連休中休みで仕事。
今ひとつ、気分は乗らない。で、休み中の話題から。

2018明治安田生命J1リーグ 第11節
磐田 1-1 セレッソ大阪@ヤマハスタジアム(磐田)(Live)

まずは、この「絵」からなのである。
試合のレビューかと思いきや、またB級グルメかい、との
声も聞こえてきそうだが、そのとおり。
ヤマハスタジアムで食べられる「スタジアムメシ」の中で
「主食系」ではおそらく上位に入るであろう、
New York Vendysの「勝ち点3点盛り」である。
サフランライスの上にチキン、ポーク、サイコロステーキを
のっけていただく、いわゆる「洋風肉丼」。
パラパラ気味のサフランライスにしっとりと味のついた
ポークやサイコロステーキ、あっさりのチキンなど、
3つの肉の味を楽しめるガッツリ系のスタジアムグルメだ。
(1,000円はちょい高め。でもあれだけ肉乗ってるし。)
もちろんチキンのみ、ポークのみの「1点盛り」もできるし、
その方が安いのだが、私は必ず「3点盛り」にしている。
それはもちろん「ゲン担ぎ」だ。
今季、「3点盛り」にした時は、必ず勝ち点3が取れてきた。
しかし、人気メニューのため売り切れていたり、
肉が3点でなく1点や2点のみになってしまうこともしばしば。
そんな時には勝ち点3も逃してしまっていたのだ。
ただのゲン担ぎだとは思いながらも今日も3点盛りを食べられ
これはいい感じかな、と思ったのだが・・・。

はぁ。
今週もこんな光景を見なければならないとは。
実際現場では、私たちとは反対側のペナルティエリアで
起こったことなので、録画を見るまでどの程度のものか
よくわからなかったのだが、あれをPKとするのか、と。
ま、それでもあれをPKとするならばするとして、
ではでは、前半の松浦への後方からの体当たりは
なぜ、おとがめなしなのだろうか。
それだけではない。ほかにもあれこれ多すぎて、
ゲームを通して見ていた方ならわかると思うが
あっちはいいのにコチはダメ、という納得できない
不安定なレフリングがあまりに多すぎたのだ。
これでは選手は嫌になる。
暑い中、タイトな日程で精神的にも肉体的にもキツい中
頑張っている選手にはあまりに気の毒な判定、
そしてゲームになってしまっていたと思う。
上村篤史主審、申し訳ないがそういうことだ。
猛省してほしいし、もう磐田の笛は吹かないでほしい。
おかげで本当にやるせない連休の入りになってしまった。

いつかじわじわ効いてくる。

2018明治安田生命J1リーグ 第8節
磐田 1-0 鳥栖 @ヤマハスタジアム(磐田)(Live)

攻撃の駒がそろわない中とはいえ、連敗は許されない。
下位に沈まないためにも、ホームで喚起に浸るためにも、
しんどい中、やり切った。
ギレルメからのクロスをふかさずに決めた松浦、
あわやのシュートを弾き返したポスト(!?)、
こうした一つ一つを積み重ねる中で手にした勝ち点3。
順位は上がらなくても、これは今後じわじわ効いてくる。
何はともあれ、よかった。

「なんだったんだ?7DAYS」

(BGMには、BARBEE BOYSの
「なんだったんだ?7DAYS」をどうぞ。)
2018明治安田生命J1リーグ 第6節
磐田 0-0 清水 @エコパスタジアム (Live)
2018明治安田生命J1リーグ 第7節
磐田 0-2 ガンバ大阪
@パナソニックスタジアム吹田(streaming)



勝ち点は一つ積んだ。
だけど何とも言えない悔しさとやりきれなさ。
持ってきどころのないモヤモヤ感を抱えて電車で帰った
ダービーから1週間、本当にいろいろあった。
海の向こうでは大谷がメジャーで大活躍し、
ハリルホジッチは代表監督を解任されて西野が後任に就任し、
ミッドウィークにはDAZNを通じてだが、吹田での悪夢を見て、
なでしこは、これまたモヤモヤ感を抱えながらW杯出場を決め、
ホントなら一つ一つ記事にして投稿したいのだが、
私自身も仕事でいろんなことを抱えての一週間で、
とても世の中で起こった一つ一つについてじっくり受け止め、
自分の思いを表す余裕はなかった。
本当ならこの週末も職場に顔を出しておく方がよかったのかも
しれないが、ウィークデイに受けたダメージがあまりに大きく、
あえて仕事から目と気持ちを背けてみた。
明日も職場には足を向けず、磐田に向かうつもりだ。
明日こそは磐田から元気をもらい、次の一週間につなぎたい。

足を運んでよかった。

2018 JリーグYBCルヴァンカップ
グループステージBグループ 第3節
磐田 3-2 甲府 @ヤマハスタジアム (Live)



ゲームがあるたびにこんな画像がブログに並ぶといいな。
今節水曜日も一時はダメだこりゃ、と思う場面も多々。
ゆるゆるのディフェンスを金園にかいくぐられて
あっさりと失点したところもそうだし、
2点目も、甘さが出たように思えた。
せっかくの目の覚めるような康裕の同点弾を
無にするのか、と思ってたところだったが、
終盤に来て磐田の動きが覚醒。
とりわけ怪我明けの荒木が目の覚めるようなゴールを
連発した。
この時期の平日の夜のスタジアムに足を運ぶのは
正直苦しい。
でも、来た甲斐があった。
そう思わせてくれる終わりの10分間だった。

STAY POSITIVE!!!!!

3月は別れの季節だった。
自分にとって昨季は(も?)大変厳しいシーズンだったが、
そんな厳しいシーズンを共にくぐり抜けてきたスタッフは
「同士」であり、「戦友」だった
(向こうはどう思っているかわからないが、
 少なくとも私はそう思っているのだが(^^;))
だからこそ、別れはせつない。
職場全体の送別会では、近隣への異動者だけでなく、
退職者や遠方に移るスタッフもいて、何とも寂しかったが
感謝と激励の言葉で見送った。



また、その翌日はあるセクションの「納会」に。
割烹紅葉の美味しい料理とお酒をいただきながら
一年間の健闘を称え合った。
(牡蠣も終わりだねぇ(・_・;))



季節は確実に動き、シーズン最終日の職場の前の桜。

そしていよいよ、新しいシーズン。
新たなスタッフを迎えての、キックオフの準備も整った。
身が引き締まる思いだ。
そんなスタートの第1週をどれだけポジティブにやれるか。
それがかかったこの週末の磐田だった。

2018明治安田生命J1リーグ 第5節
磐田 2-1 浦和 @エコパスタジアム (Live)



正直、しんどいゲームだった。
けが人が相次ぐ中、それでも勝ち点3を目指さねばならない。
そんな中で磐田が11人に対して、浦和は12人!?
レフリーの不可解な判定から序盤にPKを取られ、
いきなりビハインドからのスタート。
その後も安定を欠くレフリングはどう見ても浦和びいき。
向こうもPK成功から空気が変わったかのように前へ。
そんな中で、前半終了間際の川又のテクニカルなゴールは
チーム、そしてスタジアム全体に勇気を与えたと思う。
そして勝ち越し点も、川又の何が何でもという思いが
相手DFに当たりながらも、ゴールへと繋がったように思う。
ダービーを前にアダを欠く中、この一勝は大きい。
そして明日から今季業務が始まる私たちに与えてくれた
パワーも大きい。
ポジティブな気持ちで一週間頑張りたい。

さぁ、まもなく今度は自分のキックオフ!!