m-takasu のすべての投稿

「僕にはできる」(アクエリアスじゃないよ)

素敵な「非日常」はあっという間に過ぎるもので
この夏の一イベントである大宮遠征が終わった。
ゲーム内容が昨日付のエントリーに書いたとおりgdgdなので
どこかやりきれない思いを引きずってはいるが、
それでもいろいろ発見のある2日間だった。

初日はNACK5入りする前、以前にも訪れた「鉄博」へ。
前回急ぎ足で回ったため、見飛ばしたところもあり、
今回は前回流してしまったところを時間をかけて見直した。
今回も決して時間がたっぷりあるわけではなかったが
改めて鉄博の全貌をつかむことができたように思う。
ただ、展示車輌が変わらないで同じままなだけに、
見尽くしてしまうと改めてまた来たいという気は・・・。
この鉄博ブーム、いつまで続くかとふと思ってしまった。

2日目の16日、午前中は東京駅前の丸の内OAZOへ。
6月に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルを
事業仕分けで一躍有名になったJAXAが一般公開しているのだ。

既に15日に見に行ったというGDAWRX555さんから
いただいた情報をもとに、早速整理券を配布している場所へ。
並ぶことなく整理券をもらい、そのまま見学のための行列に。
待つこと20分程度だっただろうか、展示室といえる一角へ。
お皿ぐらいの大きさのヒートシールドと呼ばれる部品と、
サンプルを入れてきたと思われるインスツルメントモジュールが
ショーケースに入って展示されていた。
熱い熱に耐え、ヒートシールドの表面は真っ黒。
でも、目の前にあるものが7年間、60億キロの宇宙を
数々の苦難を越えて旅をし、地球に帰ってきたものであること、
そしてこの困難なミッションを日本人が成し遂げたということを
改めて考えると、何かグッとこみ上げるものがあった。
前日、鉄博でレプリカを目にした、東京駅にある新幹線の碑文
「東海道新幹線
 この鉄道は日本国民の叡智と努力によって完成された」
これと心のどこかで重ね合わせ、前向きな気持ちになれた。

前に磐田がゴールネットを揺らしたのを見たのはいつだろう?

Jリーグディビジョン1 第18節
磐田 0-0 大宮 @NACK5スタジアム大宮

4時間も在来線に揺られて帰ってきて
(それでもグリーン車とホームライナー使って、
 結構リッチな「18きっぷ」遠征だったんですけど。)
腰に結構来てる中、オフィシャルをのぞいてビックリ。

「勝ち点1でよしとするの!?」

ベリ4位なんだぜ!?
あと1チーム抜かれたら自動降格なんだぜ!?
もう入れ替え戦っていうのはないんだぜ!?
相手はうちと勝ち点が同じチームなんだぜ!?
ホーム・アウェー関係なく勝って、
突き放さないとまずかったんじゃないの!?
そもそも今季は上位5位以内を目指して、
来季の「優勝争い」につなげるんじゃなかったの!?

冗談じゃない。
点を取る、という動きが全くできていない。
サイドを持ち上がってあとは放り込むだけ。
それもメタメタの精度のクロスしか入らない。
たまにドンピシャリ、というのが来ても、
そういうのを前田も成岡も決められない。
前田については自分の立場も考えて責任を感じてほしい。
次のホーム2連戦は「連勝」がノルマだよ。
こんな結果で選手に拍手してるサポも考えてほしい。

ある時は夢見る少女、ある時は艶っぽい女、そして・・・

すっかり夏休みに入って怠惰な生活をしている。
就寝起床の生活リズムだけは保っているが、
宿題はしない、本は読まない、ゴロゴロ・・・、
子どもよりたちが悪いかも。
でも、外出時だけは夏の気分を出して、ということで
この夏のヘビーローテーションはこれ。

西野カナとかも聴いてみたけれど、やっぱり自分には
原坊が合ってるみたい。
この人の凄さってのは夢見る少女、艶っぽい女、母性、
いろんなタイプの女性の声色を使い分け、
その詞・曲の世界を表現できること。
今回のアルバムはソロだけでなく、サザンの曲も含んでいて
バラエティに富んだ内容になっている。
一方、ベスト盤でオリジナルアルバムではないため、
テーマ性というか、世界観というかはバラバラではあるが、
夏に車を走らせながらライトな気分で聴く分にはいいかな。
ただ、時折かぶってくる桑田佳祐の声を聴くと気持ちは複雑だ。
早期とはいえ、がんはがん。
万全を期しての開胸手術とはいえ、本当に取り切れたのかは
経過を見てみないとわからない。
それに心のどこかで再発を恐れながら暮らしていくという
その精神的重圧は本人も、家族も大きいだろう。
(親父を見てきたから、その重さはよくわかる。)
どうか病気に打ち勝って、
この先も夫婦で素敵な作品を世に送り出せるように
元気に帰ってきてほしい。

「俺たちサポはなぁ、あんたたちが新幹線で足伸ばして移動してる間、夜行バスの狭い座席で一晩縮こまってるんだ!」

Jリーグディビジョン1 第17節
磐田 0-1 山形 @NDソフトスタジアム山形

まだ夏休みではないが、忙しかった時期も過ぎ、
みちのくへ出かけてみようかな、という気持ちもあった。
しかし、昨年の惨敗のトラウマが残っていること、
今の磐田、柳下采配にチーム浮上の気配が見えないこと、
そして前回の遠征で山形の見るべき所は見尽くしていて
蔵王と天童の温泉以外は私の足を向かせるものがないこと
などから、今回は遠征を見送った。
心の中で「行けばよかった」と南アの時のように思える
そんな結果が出ることを期待して。
でも、結果として「行かなくて正解」になってしまった。
何だろな、ゴールに向かう姿勢のなさ、一瞬の気の緩み。
そして危機感と、はるばるみちのくに足を運んでくれた
サポーターへの感謝と申し訳なさのカケラもないような
指揮官のコメント。
新幹線でビュッと行けるようなあんたらスタッフや選手たち、
そしてブルジョアお金持ちサポは別として、
一般サポが山形に足を運ぶことがどれだけ大変なのか、
そしてそこであんな試合を見せられることが
どんなに虚しく、情けないものなのか、
あんたにはわからないんだろうな。
能活復帰というカンフル剤も効かないようでは
ますます閉塞感が高まる中で、このもどかしさを
どこにぶつければよいのかわからない今日この頃だ。