「この「地域」の行方」カテゴリーアーカイブ

未だ「その日」に非ず。

台風が近づいている夜は台風情報を見ながら
テレビを付けっぱなしで寝ることにしているのだが、
今朝は目覚ましではなく、テレビから聞こえてくる
広報で聞き慣れた緊急地震速報のチャイムで目を覚ました。
NHKのアナウンサーが緊迫した声で
「落ち着いて行動してください! 」
と叫んでいて、気がつくと部屋中がきしみ始めている。
「まさか、いよいよ来たか? 」
そう思っていると、携帯も震えている。

これは初期微動なのか? だとすれば震源が近いここらは
もっと強い揺れがすぐに来るはずだ、と思いながら身構える。
大きいが、「壊滅的ではない」揺れが長い時間続く。
「・・・。」
結局揺れはひどくなることなく、おさまった。
地震が来たらまずいだろう、と思っていた我が家は無事だった。
しかしテレビのアナウンサーの声は上ずり、驚く速報が流れる。
「静岡県中部・西部で震度6弱!? 」
明らかに我が家の周辺は震度6はないと思われたが、
この速報、単なる誤りとも思えず、しばらくテレビを見続けた。
やがて天竜川以東は本当にひどかったのだということがわかり、
職場で一番近いところに住んでいる私は早めに出勤した。
職場の建物は無事だったとはいえ、仕事には大いなる影響が。
今日、職場の研修のために講師を依頼していた客人は
地震への対応の仕事のため、来訪は取りやめ。研修も中止。
そして我々は午前中、顧客の安否確認に追われることに。

亡くなった方が地震によるものだとすればそれは大変残念だが
人的、物的ともに、震度の割には奇跡的と言ってよいぐらい
少ない被害だったと言えるのではないだろうか。
今回の地震はこれまでに予想されてきた東海地震ではなく、
その前兆でもないという話が出されたが、と言うことは、
本当の東海地震は本当に我々の予想を超えたものなのだろう。
今朝の地震への対応一つとっても、
私の職場ではいろいろと「ドタバタ」があった。
これらをよく検証し、本番に備えなければならない。
強くそう思った。

「もてなしの町」なんだから。

mujinto.jpg
昨日、一昨日と我が家から数㎞のところで
「夢人島Fes.」というイベントが行われた。
毎日6万人近い人を動員したようで、
昨日は私もWOWOWで「テレビ観戦」した。
しかしすぐそこでサザンにミスチル、ポルノグラフィティが
同じ空気、同じ風を感じながら熱いステージを展開し、
生の音が夕闇を越えて響いてきて、
終盤の花火などは実物が窓から見えるというのに
部屋の中で寝っ転がってテレビで見ているというのは
目の前でW杯をやっているのに中に入れないようなもので
ちょっと虚しさも感じた。
とはいえ私たちのホームタウン、この浜名湖岸を
このイベントの開催地に選んでくれたことは素直に嬉しいし
この機会に大勢の人たちが、そしてトップアーティストが
私たちの浜名湖を訪れてくれたことも嬉しい。
ただ、運営や帰りの人の移動にはいろいろ課題もあったようで
訪れてくれた人たちにとって浜名湖が
「嫌な思い出の場所」になっていなければいいがと
少し心配にもなった。
プロモーターや運営の責任者はしっかりと評価をして
「ノウハウ」として蓄積しておいていただきたい。
そして私たち地元民もこの手のイベントや来訪者を
大きな懐をもって受け入れ、かつ共に盛り上げていけるよう
経験と度量を積んでいけるとよいと思う。

PS.tomyさん、業務連絡。
  WOWOW、録画しておきましたから。

ゲーテ曰く、

goethe's_house.jpg
(ゲーテの生家:2006年6月、フランクフルトにて)

「他人が自分に合わせてくれるように望むのは、愚の骨頂」
    Johann Wolfgang von Goethe(1749~1832)

ゲーテじゃないけれどもう一つ。

「良い政治家とは、明日、来週、来月、来年を、どうなるのか、
 説明できる人間であり、かつ、
 なぜ、そうならなかったかを、説明できる人間である。」
               Winston Churchill(1874~1965)

Congratulations on "the birth" (not absorption) !

sun_set.jpg

「ぶどうの房」
そういう都市を目指しているらしい。
「同じぶどうなのに一粒ひとつぶの味が少しずつちがって
一つの房を食べるのが楽しみ」になるようにしたいのだとか。
つまり、「新市各地の歴史や文化を大切にして個性豊かな町づくり」をしていきたいのだそうだ。
そして目指すは「政令指定都市」・・・。
聞いていると、何か「夢のような未来」が待っているようにも思えるが、実際のところはどうなのだろうか。
いろいろ伝え聞くところによると、合併に向けての話し合いにあたっては現・浜松市がかなり強気だったようなことも聞く。
南西部の将来の区役所の設置場所についても、
現・浜松市の意向がかなり重視された。
本当に周辺の町村部が
今まで積み上げてきたものが尊重されるのか、
本当に周辺町村部の声を聞いてもらえるのか、
「聞こえのいい言葉」に乗せられていないか、
「チェック」していく必要があると思う。

とはいえ、まもなく新・浜松市誕生。おめでとう!