「まいにち、修造」を買えばいいのか?

日本代表を応援して四半世紀以上。
その活躍を願う気持ちは変わらない。
しかし、どうにも熱くなれないのだ。
ワールドカップを戦う23人が発表されても、
へぇ、そうなんだ、という感じなのだ。
かつて最終予選のホーム開催戦の半分以上に足を運び、
2002年には海外にまで手を回して
「1分あたり・・・・円」というチケットを手に入れて
ワールドカップでの日本代表初勝利の瞬間を見届け、
その4年後にはドイツにまで足を運んで
カイザースラウテルンの惨劇を目の当たりにした、
そんな私がどうして、と言われれば、それは一言。
「だって、俺たちの代表って気がしないんだもの。」
それはなぜか?
すっかり代表を生で見ることがなくなってしまったから。
最後にA代表を生で見たのは2013年の宮城。
当時はザッケローニ監督の時代だ。
その後3代監督が替わったが、5年近く見ていない。
平日首都圏ではそれは無理だ。
ライブで見なければ「俺たちの」感は当然下がる。
結果として、「へぇ、そうなんだ。」になるのだ。
ロシア大会メンバーの発表もそうだが、
昨日のガーナ戦の戦いぶりにも心はときめかなかった。
今まで大会時には必ずユニフォームを買ってきたが
今回はこの時期に及んでも全くの白紙。
せっかく大会が始まるというのに、さびしい話だ。
この私の冷め切った心を熱くさせてくれる、
そんな戦いをこれからのテストマッチで、
そしてグループリーグで見せてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です