1度離れると、戻るのには・・・。



(上の画像は昨年度の牡蠣小屋組み立て作業の様子より)
例年この12月の第1日曜日は、近隣の特別史跡の駐車場に
町内の皆さんで牡蠣小屋を組み立てる日となっている。
しかし、今年は行われなかった。というのは・・・。
今年は(今年も!?)不漁により牡蠣を確保できない
ということで、牡蠣小屋の実施は見送られたとのこと。
そもそも焼く牡蠣がないのでは残念だが致し方ない。
こうなってくると、夏の猛暑が恨まれるし、
東京・札幌オリンピックは大丈夫かということでなく、
地球環境自体が大丈夫か、という心配をせざるを得ない。
そして一度とりやめてしまうと、次回再開するためには
継続することの数倍のエネルギーがいるということは
一度J1から落ちてしまうと再昇格するには
残留の数倍のエネルギーがいると思われることと
同様であり、通じているような気がする。
牡蠣だけでなく、アサリも含めて浜名湖の水産業は
いろいろな意味で厳しい状態を迎えている。
現場だけでなく、行政、研究機関含めて、
何か手を打てないか、考えるべき必要があると思う。

さてさて、昨日アウェーで最終節が行われていた。

2019明治安田生命J1リーグ 第34節
磐田 1-4 神戸 @ノエビアスタジアム神戸(streaming)

締めくくりも今季の磐田らしいゲームだったと思う。
まずは圧倒的な「三木谷力」に押し込まれ、何もできず
後半も自分たちの流れになっていたにもかかわらず、
1点止まり。
一方、こちらの集中が途切れたところを見逃してもらえず
あれよあれよの3失点で、終わってみれば1-4。
結果として、来季につながるゲームにはできなかった。
今季総括は改めてということにするが、いずれにしても
時にポッカリと相手をフリーにしてピンチを招き、
一方でいい流れの時に決めきれず、点が取れない。
ここから立て直すのは容易ではないと思う。
課題は山積だ。1年での再昇格!? 甘く見てはいけない。

シンプル、しかし厳か。

新天皇陛下の即位関連行事の一つであった「大嘗祭」。
その際に使われた「大嘗宮」は短期間一般公開した後、
解体して撤去されると聞いていた。
調べてみると、公開は来週8日(日)まで。
来週は土も日も仕事!! 月曜に代わりに休みが取れるが、
その日はもう公開終了。
ということは、私には今週が最後の機会、ということで
「落ち込んでる場合じゃないぞ」と自分を奮い立たせ、
防災訓練終了後に新幹線に飛び乗り、東へと向かった。


別に一般人が参拝できるわけでもないし、と考えてたら
それが大甘で、皇居入り口まで来て人の多さにびっくり。
一般参賀ほどではないが、時間で入場待ちをかけられる中
1時間以上かけて東御苑の天守台下へ。


簡素だけれどしっかりとした木造。
ここであの夜をまたいでの儀式が行われたのか。
これだけしっかりしたもので丁寧に造りながら、
終わればしっかり解体する潔さ。日本らしさを感じた。
おそらく次の代は自分の目では見ることができないんだろう、
と思いつつ、とにかく目に焼き付けようと意識した。
さて、その空気感も含めてしっかり体感できたところで。


元赤坂の迎賓館で公開になっている
祝賀御列の儀で用いられたあのオープンカーを見学。
あの3週間前の熱狂を思い出しながら見学した。


意外とシンプル。そうか、そういうものか。
座席のホワイトが当日のお二人のお召し物と合っていて
素敵だった。
さぁ、明日からまた頑張ろう。前に向けて進もう。

「遅かった勝ち点3」

2019明治安田生命J1リーグ 第33節
磐田 2-1 名古屋 @ヤマハスタジアム(磐田)(Live)


サッカーを見るのが楽しいってこういうことなんだよね。
攻められる、ヒヤヒヤする、でもしっかり体を張る。
そして攻めに転じる。一気に駆け上がる。
仕掛ける、前を向く、間を通す、相手を交わす、
パスがつながる、シュートを放つ・・・。
決まれば雄叫びと共に自然に立ち上がり、歓喜に包まれる。
こんなサッカーの楽しみを今季ほとんど見られずに来た。
やっと今日、久しぶりのホーム勝利。でも、遅かった。
ジュビロ磐田、今日、残り1節残してのJ2降格。
来季はこの国のトップリーグで戦うことができない。
どうしてもう1か月でいい、もう少し早く
こういうプレーを行うことができなかったのだろう。
それができていれば・・・、
今ごろ、勝利の喜びに包まれながら、
心地よく酒に酔うことができていたのではと思う。
勝ったのに、拍手も歓声も「勝利は続くよ」もなく、
抜け殻のようにシートに体を預けるしかない自分。
悔しすぎる。虚しすぎる。

まずは、今日の試合についてだけ。
シーズンを総括して思うことは、また改めて。

いずれも「深い味」

この半月ぐらいにいただいたおいしいものをまとめてアップ!

「また台湾まぜそば?」という声が聞こえてきそうだが、
厳密にはちがう。
浜松・葵西、池めんの「カレーまぜそば」。
見た目は台湾まぜそばに似ているが、味は確実にカレーだ。
しかし、台湾まぜそばと同じ、あの独特の香りと風味が
このカレーまぜそばを口に含んだ時にも確かに感じられた。
そしてよくある一般的なカレーにはあまり入っていない、
あの独特な味わいを出す魚粉。それもしっかり入っていた。
「追い飯」を投入すると、それはドライカレーになる。
しかし、その味わいは独特だ。
和でもなく、洋でもなく、「印」でもなく。
これはオーダーで迷うな(^_-)「台湾」? 「カレー」?
でも、あえて選ぶならやはり「台湾」かなぁ。

2つめは先週末名古屋モーターショーに行く前にいただいた、
名駅・味仙の「台湾丼」。
aikoのライブ帰りの時は迷いに迷った挙げ句、選んだのは
「台湾ラーメン」だったので、今回は迷い無く「丼」!!
しかし混ぜに混ぜて口に運ぶと、これは・・・。
「ガツンとくるなぁ・・・。」
確かに台湾ラーメンのように「スープ」ではないし、
白米と一緒になって口に運ばれるので、そういう意味では
口内に入ってくる辛みに「隙間」がある。
(わかるかなぁ。この「隙間」の意味。)
ただ、決して「マイルド」ではない。ヒーハーだ(^^;)
それでいて、台湾ラーメンよりもミンチ肉の旨味などを
かみしめるたびにジュワ、ジュワと感じることができる。
一つの店で複数のお気に入りメニューをもつのは
訪れる「楽しみ」のバリエーションも増えることになる。
今度行く時は何にしよう。楽しみだ。

最後は先週金曜、職場イベントの御苦労さん会でいただいた
中区中央、ローラン・シャンツゥの中華料理の数々。
今年は浜松の職場に移って、こういう御苦労さん会も
浜松市街が多く、いろんなお店を楽しめるのがいい。
ここは店の雰囲気も洒落ていて、空間としても素敵だし
もちろん出される料理もおいしかった。
麻婆はただ辛いだけでなく、味にコクと深みがあったし、
チャーハンはあっさりめなのだが、いろんな旨味を感じる。
今度は私的な場でも予約して訪ねてみたいと思った。

「クルマってなんだ!?」


一昨日、名古屋モーターショーに出かけてみた。
東京モーターショーまではなかなか出かけられないが、
(磐田のゲームとかなら東京まで出かけるのに(^^;))
名鉄とあおなみ線で「未来」を見に行けるのなら、と
金城ふ頭まで出かけてみた。ただ・・・、
まずTOYOTAブースを訪ねたのだが・・・。


「・・・!」


「・・・?」


「・・・!?」
「人を中心とした未来のモビリティ社会」とか
「トヨタはモビリティカンパニーになる」とか
章男社長の考えは「なるほど」と思うのだけれど、
展示がちょっと「先」に行き過ぎているので
「???」と思うことが多く、正直難しかった。
ただ、自動車というもののコンセプトが今、
大きく変わりつつあることだけはわかった気がした。
さて・・・他社は全部紹介していくときりがないので、
自分に関係するところから2つ。


スバルのブースにて、レヴォーグプロトタイプ。
「より遠くまで、より早く、より快適に、より安全に」
を目指した、出会い頭事故も防ぐ新世代アイサイトや
新開発のBOXERターボエンジンなどなど。
オリンピックが終わった頃、発売されるのだろうか。


ホンダのブースは四輪よりも二輪かな(^^;)
スーパーカブ125(^^)/
いい感じ。レトロ風で好きなデザイン。
パワーもアップしてるし、タイヤもツーリング向き。
だけど私は買い換えないよ。
だって、合併前の「おらが町」のナンバーが好きだから。

m-takasuのつれづれなる想いをWordPress5.2.4で