見たことのない景色。




19日金曜日の午後、仕事で南青山の外苑前に行った。
別に小室哲哉の引退会見の取材に行ったわけではないのだが
エイベックスのビルから徒歩5分程度の場所であり、
あとでテレビでそのことを知った時は、ちょっと驚いた。
で、その会見が始まる直前のお昼時、
「その後、どうなったかな」と思って散歩がてら、
ある場所まで、ちょっと足を伸ばしてみた。



懐かしの青山門から国立が「あったはず」の場所。
照明灯も、明々と炎を灯していた聖火台もあるはずなく、
すっかりと景色が変わってしまい、
巨大な建造物が出来かかっている姿は
いろんな意味で「違和感」だった。
でも、時計の針を戻すわけにもいかないし、
これから何度も世話になるであろうスタジアムが
今そこにできつつあるわけで、
それはそれで完成を楽しみに待ちたいと思った。
ただ、国家的大プロジェクトのあおりの再開発で
消えつつあるものもあるわけで。
「ポスト・グリプラ」を探すために、
今回も、居心地のいいカプセルホテル開拓。
数年前にも一度使ったことがある、東部方面の
総武線沿線の某カプセルを久しぶりに試してみた。
しかし・・・。
ううむ、不可ではない。不可ではないのだ。
ただ、これ以上書くのはやめておこう・・・。
なかなか「どストライク」ってのはないものだ。

そこに「愛」はない。

おそらく大韓民国という国、
そしてそのトップである文在寅という大統領の職にある人は、
チームスポーツというものを全く理解していないし、
本気でサポートしたこともないし、そもそも愛していないし、
国威発揚の道具としか考えていないのだろう。
だから、あんな安易な策を何も考えることなく持ち出し、
相手が乗ってくれれば、ラッキーとばかりにほいほいと
現場に対して何のコンセンサスもないまま
話をつけてしまうことができるのだろう。
そして代表選手たちを前にしてしたり顔で
「マイナー種目の悲しみを洗い流す良いきっかけになる」
なんてことを堂々とぬかすことができるのだろう。
まさに「どの面下げて」である。
個人種目での参加は百歩譲るとしても
「南北統一チーム」とやらについては
お互いが南北統一に向けて話を進めてきていて、
その道筋が見えているのならまだしも、
この状態の中ですり寄るのは全くナンセンス。
「アスリートファースト」どころか「アスリートラスト」だ。
選び上げた選手を最大限に活かすべく戦術を組み立て、
その連携を高めるために直前合宿に入っている
現場のアスリート、コーチ陣を気の毒に思うしかない。
IOCが良識ある判断をすることを信じている。

期待を裏切らない「やさしい味」

未だスキーに行けないやるせなさはやけ食いで解消、
とばかり、遠鉄百貨店で開催中の大北海道展に行ってきた。
いただいたのはこちら、
函館麺厨房あじさいの「味彩塩拉麺」。



ほかにもしょう油味やイカスミ味(!?)もあったし
背脂を浮かせた「極」もあったが、函館と言えば「塩」、
それもあっさり系でしょ、とばかりこちらをいただいた。
結論は、「期待を裏切りませんでした」!!
「角が立ってない」っていうのはこういうことなのだろう。
本当に、「やさしい味」。
ほぼ透明でいながら若干黄金色がかったスープは
雑味のないあっさり味の中に昆布と鶏、そしてほのかに豚
や生姜かな?、香味野菜が香る、文字通りやさしい味。
そして麺はそのやさしい味のスープによく合った
細めのストレート。
いつか北海道遠征で函館に立ち寄ることがあるならば、
お店で食してみたい、あっさり好きなら食べるべし。
そう思えた逸品だった。

まっすぐで濃厚。

実はもう1週間前になってしまうけれどおいしかったので。



二川のカーマホームセンター南にある「麺の亭 ささき屋」。
職場から結構近いにも関わらず、訪れたのは1年ぶり。
そしていただいたのは、冬季限定みそラーメン。
中太麺のもちもち感と香りが心地よい。
スープを口に含むと・・・.
「!!!!」
口の中いっぱいに広がる魚介の香り。
ざらっとした「削り粉感」が濃厚なみその香りに包まれて
口の中にふわっと広がる、
つけ麺ダレがマイルドになった感じの濃いめのスープだ。
先ほどの麺に程よく絡んで本当に美味。
同じみそラーメンでも、札幌ラーメンによくある感じの
生姜が香り、表面にラードを散らしたようなスープとは
(体をあたため、冷まさない仕掛け。)
確実に違う、まっすぐでいて濃厚なスープだった。
チャーシューも少しあぶった感じのバラ肉で、
程よく脂がのったやわらかさが噛んでいて美味しい。
職場からこれだけ近いなら、もっと頻度を増やしても、
と思う、そんな年の初めだった。

事前の御予約が確実です(^_^)v




今年も始まりました。旬真っ盛りの牡蠣小屋です。
私も昨日、今季の「スタメン初出場」を果たしました。
4個で1,080円と、若干の値上げはありますが、
(おつり計算が大変になった!?
 今季初導入の「レジ」の使い方にも慣れない!?)
ぱっと見、去年よりもふっくらした牡蠣が多いようです。
ぜひ新居関所見学と合わせてお越しください(^^;)



前日までの予約が確実です。
(ネットで検索。「新居関所 牡蠣小屋」)
お待ちしております(^_^)v

m-takasuのつれづれなる想いをWordPress4.8.3で