今日は黄砂で遠くの山々は見えずじまい。でもこの風景が好きでした。



2年間に及ぶ「非日常」が終わろうとしている。
普通ならそこでお仕事をさせていただくことはないはずの
「同業他社」への「研修交流」という名目での「出向」。
知らない人たちの中に放り込まれ、やり方も違う中で、
こちらのやり方を教わり、スタッフやクライアントと
人間関係を築きながら歩んできた日々。
特にこの1年はコロナに翻弄され、手探りで道を探る毎日だった。
何とかやってこられたのは、周囲の皆さんの支えのおかげ。
「感謝」でしかない。
いつの間にか、こちらの世界に「のめり込んで」いたけれど、
「魔法」は解け、「非日常」から「日常」へ、
「本来いるべき場所」に戻る時が来た。
そうなんだよな。「13年前」と同じ心境
ここは「居心地はいい」けれど、
「自分が求めてたどり着いた場所」ではないんだよな。
「本来自分がいるべき場所」に戻って
この2年間の経験をそこで生かしてこそ、ここでの日々が
「自分を成長させてくれた日々」だったということに
なっていくはずだ。
明日からは「新たな日常」が始まる。飛び込んでいきたい。
職場で私を見送ってくれた桜たち。ありがとう。



PS.
もう通勤時にアクトや富士山に向かって車を走らせる、
ということはないんだな・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください