「おいしいランチが食べたい!」

lunch.jpg
別に「ぐるぐるマップ」の見出しではない。
やっぱりこの楽しみが仕事にもたらす影響は大きいし、
その日の「気持ちの充実度」も全然変わってくる。
しかし残念ながら職場のそばには外食できる店があまりない。
当然ながら「出前」が多くなる。
いろいろ頼んでみたが
「気持ちの充実度」に影響を与えられるのは
週に2~3回は注文する「まるき」の弁当かなぁと思う。
500円という値段ながら、届くたびにその充実度に感心する。
揚げ物ばかり、でもなく、肉ばかり、でもなく、
洋ばかり、でもなく、和ばかり、でもなく。多種多彩である。
また、弁当でここまで凝るか?という
手の込んだ工夫がなされている。
この日は中華に軸足を置いたのか
程よく酸味の利いたあんが絡みつつ、
シャキッとした歯ごたえが残った酢豚。
それから食感が楽しい肉団子。
揚げ物だって「イケテル」。特にこの日のコロッケは「楽しめた」。
ただのクリームコロッケではなく、ツナやシメジ(だったかな)など、
風味や食感が楽しめるものが混ぜ込んであって
噛むたびに楽しい。
以前にも、これ、何のフライだろう、と思って噛んでみると
豚肉の旨みが広がったかな、と思った次の瞬間、
シャキッという食感と口の中に広がる粘り気に
ビックリしたことが。
何と山芋が薄い豚肉でくるんであったのだ!
凝ってる! 考えてる!
この職場にいる間はこれからもひいきにしていきたいと思う。
(写真を見て、もっと野菜を、とご心配いただいたみなさん、
ありがとうございます。これに「ヤクルトの野菜ジュース」を
毎日つけ、帰宅後の夕食も意識して野菜を取っていることを
申し添えておきます。)

階段上がって鉄の扉にビックリ。

urakawa.jpg
私の所属課は3月末をもってグループ本社に統合される。
ということで、少し早いが所属課の内輪の「お別れ会」を行った。
東田町のビルの2階。階段を上がると重そうな大きな鉄の扉。
鴨江から移転・リニューアルしたという「うら川」というお店だ。
開くとテーブル席とカウンター、奥に座敷と
和の雰囲気ながらモダンな空間。
料理も同様、お刺身もおいしかったし、
しらすをごま油の豊かな香りで味付けたものやロースト風のお肉、
思わず飲み干したくなるほどつゆがおいしかった牡蠣鍋、
白子をカラッとした衣で包みながら
中はふんわりと揚げたものなどなど、
和を基本にしながらも凝ったアレンジがなされていて
おいしくいただけた。
今日集まった上司も先輩たちも、
まだ次の配属先は決まっていないが
いろいろなところに分かれていくことだろう。
このメンバーで仕事ができるのもあとわずかかと思うと残念。
自分の仕事もどうなっていくのか不安はあるが、それを忘れて、
しばし楽しくひとときを過ごすことができた。

賤機山のふもとに湧く湯

bijinyu.jpg
県道井川湖御幸線、
静岡駅から県庁前を抜け北へ向かう道。
中部地区の人ならご存じ運転免許センターへ行く道。
(運転免許試験場と呼ぶ人は既にオジサン?)
私も若かりしころバイクでこのあたりを流して
走り回っていたこともあり、景色はよく覚えている。
でも、そのころは「温泉」なんて、なかったよなぁ・・・。
静岡浅間神社のちょっと北、静岡温泉「美肌湯」。
(「びじんゆ」と読むらしい。)
日帰り温泉施設ができていた。
駐車場は満車。にぎわっているようだ。
浴室に入った瞬間、あっ、と思った。硫黄の匂いである。
奥の黒い浴槽から漂ってくる。
ここの特徴は2つの異なる泉質の温泉の浴槽があることとのこと。
それぞれ入ってみる。
無色の方のナトリウム・塩化物温泉の方は大きな特徴はないが
「カブラヲ温泉」なる浴槽は黒っぽい色が付いていて
硫化鉄?の浮遊物もただよっていて、雰囲気たっぷり。
肌がヌルヌルしてくるようで、ゆっくりつかり、満喫できた。
静岡までわざわざ出かけていくのには「思い切り」が必要だが、
市街地から近く、バスも何路線も通っているので
「本社」へ出張した時に帰りにちょっとというのもいいかも。

あの頃の私がいた・・・。

tsubohachi-ryogaecho.jpg
静岡市葵区両替町、日映森岡ビル2F。
赤い看板の「その店」は十何年前と同じく、
階段を昇った先にあった。
店に入る。まだ早いからか、客はまばらだ。
入ると中央にある厨房を取り囲むようにカウンター席があり、
店の奥に座敷。このつくりは変わっていない。当時のままだ。
かつては赤いカーペット敷きだった。
カウンターの一席に座る。
何度も来た店なのにここに座るのは初めてだ。
入って左の奥の座敷が我々の「居場所」だったところ。
仕切られているから大騒ぎしても
ほかの客に迷惑がかからないのだ。
中央から右にかけての座敷は、
当時は仕切られておらず他の客と一緒。
ちょっと強面系のオッサンにビールを引っかけて
肝を冷やしたこともあった。
今は落ち着いた板敷きとなり、
中くらいの広さの部屋に仕切られている。
しばし目を閉じ、あの頃の友の顔を思い出しながら
ビールを楽しむ。
今でこそ「生」だが、当時は黒ラベルのビンビールだったっけ・・・。

全国どこにでもあるチェーンの居酒屋「つぼ八」。
チェーンの居酒屋を「すてきな飲み屋さん」なるカテゴリーに
書くのが適切かどうか、ご意見もあることだろうが、
この店は「俺たちの原点」といってもよい店。
ということで、お許しを。

続いてるなぁ、「飯田産○ショック」

あれから2日・・・目が慣れてきた・・・わけないなぁ。
公式を含め、あちこちのBBSはすごいことになってますね。
こんなところでも話題になってるなんて!!↓
ぜひみなさんも1日1回クリックしてみては?↓

ttp://cgi2.nhk.or.jp/human/kizasi/index.cgi
(直リンは張りません。ご自分で「h」をつけて入力して
開いてみてください。笑いますよ。
目指せ「ホリエモン」越え(!?)ってところでしょうか?)

いつも職場で磐田のコンフィットシャツを着て仕事されている
Mさんという方と今日お話ししたのですが、やはり
「今年は買わない」とのことでした。
重ねて言うけれど、スポンサー様には感謝しています。
ただ、「センス」が・・・。
それとおそらく向こう3年の間には行われる可能性が高い
磐田の誇りのあのカリスマの引退試合のユニがあれ、
というのは・・・。

m-takasuのつれづれなる想いをWordPress5.4.1で