松永直子には会えなかったけれど・・・。

J1最終節の日。
静岡に出かけたため、磐田には行けなかった。
試合内容は今日VTRで観たけれど・・・
来季にも、天皇杯にもつながる試合には見えなかったなぁ。
ものすごい閉塞感をもったまま、リーグ戦は終了。
いつもなら「天皇杯こそ」と意気込むところだが、
今年についてはそこまで熱くなりきれないのが虚しい。

本日の「素敵!」
sizuki-tan.jpg
意外と小柄でした。素敵でした・・・(*^_^*)。
それにしても伊藤圭介アナ、13時少し前までは
私と同じ場所にいたはずなのですが、
14時には磐田から実況とは・・・恐れ入りました。

「3日間、待つのだぞ・・・。」

(いい天気だけれど、
 BGMには今回も松任谷由実の 「冷たい雨」をどうぞ。)

2試合続けて試合を生、もしくは生中継で見られなかった。
うちもそうだが、
対戦相手も優勝戦線に絡んでいないようなゲームには
世間の風は本当に厳しい。
特にフロンターレ戦については、3日遅れの録画。(何なんだ!?)
先入観なしで画像で試合を見たいため、録画放送までの間、
ネット・新聞・テレビ、そしてラジオ中継などの情報を一切絶ち、
LIVEと同じ感覚で試合を見る、というのが
私の基本的なスタンスだが、
さすがに3日間、「知らんぷり」を通すと精神上本当によくない。
そこまで待って観た試合が、
「・・・。」という内容だったり、結果だったりするとねぇ・・・。
ということで、
「そしていつか忘れたい・・・。」

「菊地の恩返し」

come_back.jpg
背番号36が元気にやっていること、
チームの主軸になっていることに安心した。
それが今日の収穫かな。
しかし・・・あまりに主軸に「なりすぎていて」、
まさかこのまま帰ってこないなんてことになったら、
なんて心配もした。
(もしそんなことになったら、監督だけじゃなくて、
 社長はじめフロントにも不信任案提出だ!!)
とはいえ、終了間際の時間稼ぎ、
「さすが~。」なんて苦笑してしまった。
「敵チームサポ」の目の前でそこまでやって、
あんたらしいというか、大物だよ・・・。

ところで・・・わがチーム、
6戦連続勝ちなしというのは、何でもチームワーストタイとか。
それなのに「目指している方向は間違っていない。」なんて、
かなり前向きなボス。
失点した5分間が悪かった、みたいな言い訳をしているけれど、
本当にそうかな。
もちろんズルズル行ってしまった選手も
反省すべき点はあるけれど、
ベンチにも、とるべき手段があったんじゃないかな・・・。

変わりゆく「アキバ」

kyushu-jyangara-akihabara.jpg
半日、休みをもらって出かけたアンゴラ戦の日。
ちょっと早めに東京に着いたので、
国立に行く前に秋葉原に寄ってみた。
別にパソコンやその部品を買う予定もないし、
妙な趣味があってコスプレの衣装を買う気もない。
ちまたで評判の「九州じゃんがらラーメン」の
秋葉原本店を目指した。
中央通りからはちょっと入ったところにあるが、すぐにわかった。
噂されていた行列はなし。
中途半端な時間だったことが幸いしたようだ。
とはいえ、狭い店内に客は一杯。
その名の通り「アキバ系」の人と相席に。
どれを頼んだらいいのかわからなかったので
店の名前と同じ「九州じゃんがらラーメン」の「全部入り」を注文。
手際よく短時間でできあがってきた。
なるほど、「全部入り」だけあって、角煮にチャーシュー、
煮卵にキクラゲ、メンマ、そして何と明太子までトッピング。
スープは豚骨をベースにしながら、鶏ガラなども使い、
意外とあっさり系。
なるほどメニューを見るともっとこってり系の
「ぼんしゃん」なるものもあるようだが、
この本店では遅い時間でないと食べられないとのこと。
次に来る時の楽しみとした。
とはいえ、十分コクもあり、こってり度をおさえているからこそ、
感じられる風味もあり、私としては楽しめたと思う。
麺は細めのストレート。まずまず堅めで食感が心地よい。
スタジアムでビールを飲むつもりでいたので今回は控えたが、
替え玉もOKとのこと。空腹な時はこれもいいかも。

外へ出て電気街を歩き、駅に戻る。
私の記憶の中にあるかつての秋葉原に比べると女性も増えたし、
看板の「ギラギラ度」も大人しくなったような気が。
「米軍払い下げジャンク品市」を思わせるような店も減った
そういえば駅も1階あたりはきれいになったし。
よくこのサイトにいらしてくださる、H氏のいるつくば市に直行する
つくばエクスプレスも開業。
いよいよここも「ターミナル」になるのだろうか。
この街の雰囲気も急速に変わりつつあるように感じた。

「気がつけばそばに、松井がいた」 by あやや!?

matsui1st.jpg

何はともあれ22時00分のひかりに乗らなければならない。
下を向き、帰り支度を始めたその時だった。
周囲がざわつき、ふと顔を上げると、
中村俊輔が逆サイドへ長いパスを出していた。
柳沢が折り返したところに松井大輔。
ボールは内側からネットを揺らした。一斉に皆が立ち上がる。
気持ちが帰り支度の方にいってしまっていた私は、
シュートの瞬間こそ目撃できたものの、
喜ぶタイミングは一瞬周囲より遅れてしまった。
そしてゲームセット。
拍手で選手を迎える間もなく、取り急ぎ信濃町駅へ走った。
電車を乗り継ぎ、東京駅へ。発車15分前、結構余裕だ。
ひかりのシートに収まり、流れる東京タワーを横目に缶ビール。
やっと落ち着き、今日のゲームを振り返る気分になれた。
確かに勝った。でも、7ヶ月後のことを思ったら、
これじゃ、まずいんじゃない?
欧州の、南米の、そしてアフリカの強豪と本気で戦う中で
点を取って勝っていく、相手の攻撃を封じていく、
そんなイメージは今日の代表のパフォーマンスからは
どうしてもできなかった。
3バックだったためか?14番のポカはあまり目立たなかったが
(4バックにしてからは何度かあったが)
あのヒデや俊輔までがパスの出し手と受け手の考え方の
ズレなどからすぐにボールを失うようなミスを連発。
9番と13番については問題外。特に13番は何をしていたんだ?
最後アシストした? これが本大会なら結果オーライだが、
内容が大事な今回、89分間一体どこで何をしていたんだ?
「シュートを撃つばかりがFWじゃない」なんて
逃げ口上はもう結構。
あんたにドログバのような一瞬の強さが数分の一でもあれば・・・。

m-takasuのつれづれなる想いをWordPress5.2.2で