互いに「厳しい引き分け」。

gakkuri.jpg
だいぶガンバ大阪の後ろ姿は霞んでしまったなぁ。
鹿島にとっても、タイトルを狙うという意味では苦しくなったし、
今日は互いに厳しい結果となってしまった。
結局千葉も引き分けて、
結果的には得失点差でまだうちの方が上にいる。
とはいえ・・・、
今後その千葉や川崎F、
さらに浦和という「上位陣」との対戦も残しているし、
必死で来るであろう降格争い中の
清水、新潟、神戸との対戦も残っている。
これら相手に「数敗」もするようなことがあれば、
結局今シーズン、「優勝争い」なんてレベルではなく、
「Aクラス」入りできるかどうかも微妙。
Hey, ボス!
言いたいことはいろいろあるけれど、
とりあえずシーズン終わりまで、見させていただきます・・・。

「心はまだこんなにも」

(BGMにはDreams come trueの「Still」をどうぞ)

2003年11月29日の横浜国際よりも深く、
2001年12月8日のカシマよりも重い、
後を引きずったあの「ダメージ」。
この手のダメージには「特効薬」はないようで
「時間が癒してくれる」のを待つしかない。
そういうわけでこの2週間、
「ジュビロ磐田」を想起させるものをなるべく自分から遠ざけ、
「街へ出てみたり、忙しくしたり」。
でも2週間という時間を重ねる中で
少しずつ心の整理もつき、
ようやく前向きな気持ちになれてきたように思う。

ということで、明日は宿敵鹿島戦。
優勝は現実的に考えるとかなり厳しい。
でも・・・
「Still I ・・・」

これもサッカー・・・なのか?

例えば、あのPKを前回同様ど真ん中にけり込んで
GK高木にキャッチされていたら・・・?
例えば、あのPKを枠外へ外していたら・・・?
例えば、柏原があのファウルを流していたら・・・?
例えば、あのPKが・・・・・・・・・・・?

でもその前に、最初の60分は何だったんだ?

(とはいえ、やはり中山にとってはヘビーなゲームになったことは
 間違いないわけで。
 彼が今どういう心境なのかは全く見当もつかないわけで。
 まさか・・・。)

C9H13NO3

300games_gon.jpg
磐田から帰ってきた後、BSでG大阪vs鹿島を見た。
「面白かった!!」
当然であるがどちらも応援なんかしておらず、
「引き分けで終わるといいな。」と思いながら見ていたが、
テレビなのに、自分の応援しているチームではないのに、
このドキドキ感は何だ!? このアドレナリンの高まりは何だ?
昼間は「現場」で磐田vs柏を「生観戦」してたはずなのに、
あの時はここまでドキドキしたか?
確かに「逃げ切れるかな?」っていう心配はしたが、
ここまではドキドキしなかった。
(中山がPKを蹴る時ぐらいかな?(^_^;))
そんな磐田が次回のホームでこの鹿島と対戦。
勝てるか!?
当然勝たねばならないが、
G大阪vs鹿島戦で見た両チームの気迫。
あれを磐田も持たなければ、難しいと思う。
99年、イタリア移籍前の名波が芸術的なFKを見せた
国立での鹿島戦。
延長Vゴールで勝利し、1stステージ優勝に近づいたあのゲーム。
私の中で今でも磐田の「ベストゲーム」との印象があるあの試合。
あの試合ぐらいの気迫をもう一度取り戻してほしい。
間にもう1試合ある。相手は降格がかかった東京V。
受けて立つのではなく、
「粉砕」するぐらいのつもりで行ってほしい。
そしてエコパでの鹿島戦に向かってほしい。
(心配なのはその間に代表の欧州遠征があるのだが・・・。
 指揮官に「言い訳」を作ってしまうような気が・・・?)

「地球の未来に会いに行く」2 (Final)

Global_Common_6.jpg
閉幕が迫り、連日大混雑が報道される中であったが、
改めてもう一度「愛・地球博」を訪れた。
企業パビリオンは事前予約も取れなかったし、当日も無理。
でも1度目の訪問で外国パビリオンの半分近くを回り残していて
「長久手日本館」も入ることができなかった。
「もう一度」という思いと、手元に残っていたもう1枚の入場券。
これは行くしかないということで混雑する週末を避けて出かけた。
予想以上の混雑に、前回のように外国館をハシゴして、
「世界のビールと味めぐり」を十分堪能、
というわけにはいかなかったが
アゼルバイジャンなど、
名前しか聞いたことのなかったような国を知ったり、
イタリア館で古代ギリシャのブロンズ像
「踊るサテュロス」を鑑賞したり、
気になっていたけれど、前回食せなかったものを食べたりでき、
満足できた。
長久手日本館では約2時間の待ち時間に耐えることとなったが、
私たちの生活が豊かになってくる一方で
自然とのつながりがどれだけ失われてきたかを
考えることができたし、
(展示物中に93年のJリーグ開幕の映像も含まれていた。
懐かし!)
「全天球型映像システム」ってやつは時間こそ短かったが
360度ならぬ、上下・左右も含めた素晴らしい映像に
陸・海・空を本当に飛び回っている感じにさせてくれて、
地球の素晴らしさを実感することができた。
行ってよかったし、「心のこり」はクリアできたように思う。

さて、22時の閉園が迫る中、今回もオーストラリア館へ。
前回と同じくバーが出ていて、
今回はバンドの生演奏で盛り上がっていた。
演奏終了後もバーは営業を続けていて、
私も残ってビールを楽しんでいると
やっぱりみんな考えることは同じなのか、
名残を惜しむような人が集まってきて、
クラウンラガーなどの好みの飲み物を注文していた。
入場者以外にも、仕事を終えた近くのパビリオンの
職員も集まってきて、いろんな国籍の人が語り合っていて、
国際博覧会ならではの雰囲気だ。
名駅に向かう地下鉄東山線の車内でも、
イスラム風の服を着た女性とパビリオン職員風の日本人とか、
白人男性と万博関係の職員風の人が
談笑する様子が見られたが、こんな風景もあと1週間かとか、
終わったらみんなそれぞれの国や企業、
派遣会社へ帰っていくのかな、とか考えてしまった。
W杯でも花博でもそうだったが、
おしまいというのはさびしいものである。

「愛・地球博」紀行 その2、何とか公開!!こちらへ。
一応、バックナンバーとして「その1」も。

m-takasuのつれづれなる想いをWordPress4.9.6で