変わりゆく「アキバ」

kyushu-jyangara-akihabara.jpg
半日、休みをもらって出かけたアンゴラ戦の日。
ちょっと早めに東京に着いたので、
国立に行く前に秋葉原に寄ってみた。
別にパソコンやその部品を買う予定もないし、
妙な趣味があってコスプレの衣装を買う気もない。
ちまたで評判の「九州じゃんがらラーメン」の
秋葉原本店を目指した。
中央通りからはちょっと入ったところにあるが、すぐにわかった。
噂されていた行列はなし。
中途半端な時間だったことが幸いしたようだ。
とはいえ、狭い店内に客は一杯。
その名の通り「アキバ系」の人と相席に。
どれを頼んだらいいのかわからなかったので
店の名前と同じ「九州じゃんがらラーメン」の「全部入り」を注文。
手際よく短時間でできあがってきた。
なるほど、「全部入り」だけあって、角煮にチャーシュー、
煮卵にキクラゲ、メンマ、そして何と明太子までトッピング。
スープは豚骨をベースにしながら、鶏ガラなども使い、
意外とあっさり系。
なるほどメニューを見るともっとこってり系の
「ぼんしゃん」なるものもあるようだが、
この本店では遅い時間でないと食べられないとのこと。
次に来る時の楽しみとした。
とはいえ、十分コクもあり、こってり度をおさえているからこそ、
感じられる風味もあり、私としては楽しめたと思う。
麺は細めのストレート。まずまず堅めで食感が心地よい。
スタジアムでビールを飲むつもりでいたので今回は控えたが、
替え玉もOKとのこと。空腹な時はこれもいいかも。

外へ出て電気街を歩き、駅に戻る。
私の記憶の中にあるかつての秋葉原に比べると女性も増えたし、
看板の「ギラギラ度」も大人しくなったような気が。
「米軍払い下げジャンク品市」を思わせるような店も減った
そういえば駅も1階あたりはきれいになったし。
よくこのサイトにいらしてくださる、H氏のいるつくば市に直行する
つくばエクスプレスも開業。
いよいよここも「ターミナル」になるのだろうか。
この街の雰囲気も急速に変わりつつあるように感じた。

「気がつけばそばに、松井がいた」 by あやや!?

matsui1st.jpg

何はともあれ22時00分のひかりに乗らなければならない。
下を向き、帰り支度を始めたその時だった。
周囲がざわつき、ふと顔を上げると、
中村俊輔が逆サイドへ長いパスを出していた。
柳沢が折り返したところに松井大輔。
ボールは内側からネットを揺らした。一斉に皆が立ち上がる。
気持ちが帰り支度の方にいってしまっていた私は、
シュートの瞬間こそ目撃できたものの、
喜ぶタイミングは一瞬周囲より遅れてしまった。
そしてゲームセット。
拍手で選手を迎える間もなく、取り急ぎ信濃町駅へ走った。
電車を乗り継ぎ、東京駅へ。発車15分前、結構余裕だ。
ひかりのシートに収まり、流れる東京タワーを横目に缶ビール。
やっと落ち着き、今日のゲームを振り返る気分になれた。
確かに勝った。でも、7ヶ月後のことを思ったら、
これじゃ、まずいんじゃない?
欧州の、南米の、そしてアフリカの強豪と本気で戦う中で
点を取って勝っていく、相手の攻撃を封じていく、
そんなイメージは今日の代表のパフォーマンスからは
どうしてもできなかった。
3バックだったためか?14番のポカはあまり目立たなかったが
(4バックにしてからは何度かあったが)
あのヒデや俊輔までがパスの出し手と受け手の考え方の
ズレなどからすぐにボールを失うようなミスを連発。
9番と13番については問題外。特に13番は何をしていたんだ?
最後アシストした? これが本大会なら結果オーライだが、
内容が大事な今回、89分間一体どこで何をしていたんだ?
「シュートを撃つばかりがFWじゃない」なんて
逃げ口上はもう結構。
あんたにドログバのような一瞬の強さが数分の一でもあれば・・・。

「ロンドンのパブも渋いけど、有楽町のガード下も捨てがたい」by東京メトロ

tonton.jpg
ひょっとして、「登運(とん)とん」をお探しですか?
よかったら、御案内しましょうか? 
いえ、ね、ちょうど私もそのお店に行くところなんですよ。
東京は有楽町、日比谷口から新橋方面へ向かうこのあたりは
古くからの「ガード下」。
最近は新しいレストランや、ギネスが飲める
洒落た店も出ていますが、
昭和の香りをとどめる昔ながらの「酒場」も残っていて
赤提灯と立ちこめる煙が、私たちの心を誘(いざな)うようです。
晴海通りを越えて新橋方向に数十メートル、
鉄道の下に入る、ほら、あそこ。
あそこがお探しの「登運とん」。
土曜日夕方の常連客(!?)が織りなす東京一の日常会話(!?)、
聞き逃したくないばかりについ足が向いてしまうんです。
さぁ、着きましたよ
私が「どこか相席でもいいから座らせてもらえるように、」
頼んでみましょう。

「やぁ、おばさん、いつもの、じゃなくて、まず、生。
それから煮込みと、つくねと「とり」、タレで。」

というのはかなりフィクションですが、
表面はカリッとしつつ中身は肉汁たっぷり、やや粗挽きの肉の
食感が何とも言えないつくねや、これまたジューシーな「とり」、
そのほか煮込みや、もつやきなど、メニューも充実。
アヴァンティのごとく、グラスを傾けながら、
聞こえてくる近くの会話に耳を傾けるという楽しみもでき、
なかなかよかったです。
「ロンドンのパブ」は、ちょっと敷居が高くて入れなかったけれど、
「有楽町のガード下」は堪能できたんじゃないかなぁ。

「I津君、一度あなたと行ってみたい、そんな店です。」

「じゃ、最初の60分は何だったんだ!?」

nantomoiigatai.jpg
ゲームセット。
アウェー側ゴール裏は、選手たちを拍手で迎えた。
私も「一応」立ち上がって拍手を送った。
確かに、2点差を追いついたことは評価できる。
しかし、結局は勝てなかったわけだし、
じゃ、最初の60分は何だったんだ!?
機能しない前線。ぽっかりと空いてしまうゴール前。
そして試合中に修正できないベンチ・・・。
ハーフタイムで修正したことを評価する人もいるかもしれないが
ただ虚しく過ぎていった60分を目の前で観ていた者としては
「ちょっとちがうんじゃない?」と言わざるを得ない。
また、オフィシャルサイトの指揮官のコメントを読むかぎりでは
とても危機感をもっているようには思えない。
コルテアズーのパーティー(私は出ていないが)では、
またしても「改革の途中」なる発言をしたようで、
「途中だから、まぁこんなもんでしょう。」ってところか?
どこかの国の総理大臣が唱える「改革」ってやつも
どうかとは思うところもあるが、「それなりに」成果も上げている。
その一方でボス、あんたはどうよ?
言っとくけれど、今季は「2シーズン目」だから・・・。
まさか、今季も無冠で終わるんじゃないでしょうね・・・。

何か変わった?

vs_tosu.jpg
4点取れた?
だって相手はJ2だし。
相変わらずゴール前では危ないシーンをいっぱい作られてるし。
開始10分で2失点してたら、こういう結果になったかどうか。

それからボス、後半は今日も「ラボ」か何かですか?
名波が下がると全く機能しなくなるチームって一体・・・。
で、その名波だけオフィシャルサイトに試合後のコメントがないって
どういうこと?
ボス、また嫌われちゃいました?

m-takasuのつれづれなる想いをWordPress4.9.6で