春なのに

「新しいシステムでチャレンジしたところでは、
 まずまず評価できる所も・・・。」

「新しいシステムが4日間で機能して、
 失点するまでの時間というのが
 非常にいいリズムだったので、
 あそこで点をとりきれなかったのが 残念でした。」

「ポジティブ・シンキング」ってやつですか?( ̄□ ̄;)

「得点力の向上はもう少し時間がかかると思いますが、
 一つ一つやるしかないと思っています。」

もう1年半ぐらい待ってますけれど・・・。( ̄□ ̄;)

まだ「J2落ち」までは覚悟する必要はないにせよ、
今日の試合を観ていて、優勝はアリエナイ、と感じました。
(その「アリエナイ」「アル」のが、今年のJなのか!?
 そうか? そうなのか?)

「友達の一人は遠く・・・。」

(BGMは佐野元春の「Rock&Roll Night」をどうぞ)
shochan4up.jpg
古い友人から郵便が届いた。
中身はCD-R。
忙しい3月にも関わらず、彼がこの2月に行って来た
ブンデスリーガ観戦のレポートを送ってくれたのだ。
ということで、早速紹介。
まだ本人にも「こんな感じで載せたけどいいかねぇ?」と
承諾すら取っていないが、
このブログ上で承諾をいただこうかと。

「こんな感じで載せたけど、いいかねぇ、省ちゃん。」

それにしても・・・「いいなぁ。」

アリエナイ瞬間、ガ「クル」(!?)

damedakorya.jpg
愛野駅に向かう電車から、水を入れた田んぼが見えた。
開幕戦のためにエコパに向かう私もコートはなし。
いよいよ春到来。シーズンインだ。
しかし、このオフに期待を抱かせるようなニュースはなかった。
首脳陣も変わらず、補強もファブリシオ1人のみ。
それでも「昨シーズンと変わった」という手応えがあれば、という
期待を抱いて、愛野駅からエコパへの坂を上った。
しかし・・・。
始まる前から嫌な予感はした。選手紹介のオーロラビジョンに
「王座奪還」などという文字が。
王座奪還? そんなこと言ってる場合ではないでしょう?
もう王でも何でもなく、「いち挑戦者」なはずなのに。
こんなビデオを作り、恥ずかしげもなく上映するということは
YFC自体が何の危機感ももっていないということだ。
そしてキックオフ・・・やはり・・・。
走れない、パスを出せない、決められない、止められない・・・、
こんなひどい試合、今までに見たことあっただろうか?
それなのに指揮官のコメントは、

「ゲームというのはこんなもの」
「次につながる試合にしたいなと思う。」
「まだまだ代表組が戻って3日で、これからだと思うので」
「これを次につなげたい。」

( ̄□ ̄;)

ということで、このままでは来年は本当に、アウェー遠征で
草津と道後の温泉めぐり、という「アリエナイ」ことになるかもしれません。

生イチロー、生ミキティ、そして生しーちゃん

ichiro.jpg
昨日金曜日、「なぜか」東京にいた。
日中、用事を済ませ、夜のお楽しみのために移動。
でも行き先は四季劇場でもなければ、新橋ガード下でもなく、
大江戸温泉物語でもなければ、麻布十番温泉でもない。
りんかい線から新宿・四谷と経由して水道橋へ。
行き先は東京ドーム。WBCアジアラウンドの初戦、
日本代表対中国代表の野球を当日券で観戦することにした。
野球はそんなに関心が深いわけではない。
ひいきの球団もなく過去に1度しか生観戦したことがない。
でもアイスホッケーの時と同じく「ちがう文化」に触れるのもいいし
優れたアスリート「イチロー」を
生で観られる数少ない機会でもある。
ということで、「サッカーとの違和感」を楽しみながら観戦した。
上原がテンポよく投げたためか
前に感じた「間の長さ」は今回は気にならず、
また「鳴り物」がないためかちょっと「メジャーっぽさ」も楽しめた。
お目当てイチローは今ひとつの出来だったが、
その分西岡をはじめとする「国内組」ががんばって、
連打で大攻勢。見事に8回コールド。
日本代表のナインも、松中の試合後のコメントからもわかるとおり
「日の丸を背負う」ことの意味をかみしめながら戦えているようで
心強い。
コンディション的には厳しいかもしれないが、
ぜひいい形で次に駒を進めて、世界に日の丸を掲げてほしい。
ariake.jpg
翌日土曜日、「そのまま」東京にいた。
午前中に用事を済ませ、午後のお楽しみのために移動。
行き先は用事を済ませたところから目と鼻の先、
江東区の有明コロシアム。
ここで行われた「シアター・オン・アイス」という
アイスショーを観にいった。
これまた「ちがう文化」に触れるのもいいし、
なによりつい先日、トリノから感動を与えてくれた彼女らを
「迎えたい」ということで、前売りでチケットを買ってしまった。
スケートを観るのは初めて。
若い女性や小じゃれた「オバサン」が多く
会場の雰囲気に慣れるのにしばらく時間がかかったが、
始まってしまえば気にすることなく楽しめた。
「にわか」の私でも、あぁ、この人知ってる、という人が続々。
もちろん「競技」ではないので「チャレンジ」する部分は少ないが、
男子金メダリストのプルシェンコの滑りや
ジャンプには迫力を感じたし、
生「ミキティ」は大技こそなかったが、
美しさとかわいらしさの両面が随所に観られて、
これから4年間、いい時間を過ごしてほしいと思えた。
そして何と言っても荒川静香。まさに「凱旋」となる舞台で、
あの五輪でも着た青い衣装で「貫禄」の滑りを魅せた。
動き一つ一つがしなやかであり、強さがあり、大きさがあり。
ビールマンスピン、ドーナツスピン、Y字スパイラル、
そして今や彼女の代名詞ともなったイナバウアー、圧倒された。
間違いなく、他とちがうオーラがあったように思った。
また機会があれば、ぜひ足を運んでみたい。

「SAMURAIの精神が生み出した同点ゴール」?

こんなコメントが出るんじゃないかと、思っていた。
本大会でなら、それでもいい。
でも、本大会に向けてチームを仕上げていく
「親善試合」でそれはないだろう。
ロスタイムに同点にできたのは、日本の強さによるのではなく、
ロスタイムに失点するような、相手の弱さによるもの。
(そこが欧州からW杯に出られる国か出られないか国の違いか)
これで今の日本代表の未熟さ、課題を
うやむやにしてはならない。
厳しいプレスの中では何もできないという現実、
4バックで「14番」に「左サイドバック」なんて役割を与えると
ボロボロで、何でもありになってしまう、という現実、
ラインがズルズルと下がって
ゴール前に敵がうじゃうじゃという現実、
前線が孤立してしまうという現実・・・。
だめでしょう? このままじゃ。
何か、始まる前からこれじゃ、わくわく感なんてなし。
まるで開幕前のどこかのJチームみたい・・・。
(根拠のない強気な発言をする指揮官も似てる?)

m-takasuのつれづれなる想いをWordPress4.9.6で