「私たちの行方」カテゴリーアーカイブ

「今年も一年、お疲れっしたー。」 by イチロー


今年を表す漢字は「新」だったとのこと。
新内閣、オバマ新大統領、新型インフルエンザなどなど、
世相的にもいろいろあったが、私にとっても
「新車」をはじめ、一生に一度の買い物である「新築」と、
生活そのものが変わることが多くあった。
春先までは前年を引きずりながら、空回りするなかで
厳しいことも多くあり、「内」に向かうこともあったが、
この「新」ラッシュのおかげで私の気持ちも「外」に向かい
明日へ向かおう、という気持ちになったように思う。
いろいろな人たちにも支えられた。感謝したい。
磐田はイ・グノの加入で昨年の「どん底」からは上向いたが
これがそのまま「右肩上がり」を続ける保証はなく、
中山ら「精神的支柱」だったベテランがチームを去って
「二番底」の心配もある中で、補強組がどれだけフィットし、
「底力」のアップにつながるか、指揮官の采配は確かか、に
注目し、引き続きサポートしていきたい。
何はともあれ、今年一番がんばったイチローの言葉を借りて
「今年も一年、お疲れっしたー!!!!!」
(ホント、こっちからあんたに「乾杯」をしてあげたいぐらいだよ。
 WBC、200本と、ホントよく頑張ったな。)

「きっと僕らは・・・」

忙しくて買ったまま聴いていなかった
ファンキーモンキーベイビーズのCD、
「ヒーロー/明日へ」をやっと聴くことができた。
ホーム最終戦の時、オーロラビジョンで流されたあの曲だ。
初回限定版B(中山の顔写真がジャケットに入ったもの)には
中山が出演しているPVが入ったDVDがついている。
フィクションであることは重々わかっていながらも、
おや? という人が出演しているとか、卒業年がちがうのではとか、
岡部町(藤枝?)ならバスは遠鉄じゃなくて静鉄では、とか、
高校時代のユニフォームは藤色の方がいいんじゃないとか、
ある意味つっこみどころ満載で、笑っちゃう部分もあるのだが、
「中山雅史」へのリスペクトと、丁寧に作った感が伝わってきて、
彼が磐田を去るこの時期に聴くと(見ると)ちょっとウルっと来た。
中山の「磐田卒業に向けての送る歌」・・・かな。

(所属レコード会社から投稿された動画なので、著作権的には
 OKだと思いますが。)

それは当たり前ではなく、素晴らしく幸運ですごいことだった


いつか必ず「その日」がやってくることをわかっていながら、
でもその日は「近い将来」というぐらいで考えていた日が
突然ハッキリと日を切られて心の整理に苦しむ、ということが
この歳になると結構増えてくる。
今回のことも、シーズン開始前から何となく見えていたはずだ。
しかし磐田に彼がいることはごく当たり前のことだと思っていて、
そんな状態にすっかり慣れてしまっていた。
でも、それって決して当たり前のことではなく、
実はものすごく素晴らしく幸運で、すごいことだったのだ。
今回の件は単に彼が磐田を去っていくということだけではない。
自分の中で「中山が現役でいるうちは」みたいに思って
生活に喝を入れてきた部分もあったし、
単なるサッカー観戦という「趣味」を超えた
大きな節目になりそうだ。
カウントダウンが始まった。
「その日」に向けて、心の準備を始めねばなるまい。

いずれまた、そちらで一杯。

お久しぶりです。そちらで元気にしていますか。
この1年は本当にいろいろありました。
仕事でもいろいろ悩み、今年の初めは
本当に「あなただったらどうしてるかな」と考えもしました。
今でも、あなたがそのままこちらにいたら、
「こんなときどうする?」って相談したいこと、
いっぱいあります。
でも、それはかなわぬこと。
もう少し、わたしはこっちで自分なりに考えながら
がんばってみようと思います。
お嬢さん、大きくなりましたね。
心配でしょうが、立派にすくすくと成長してる様子。
安心して、そちらから見守ってあげてください。
では、また、いずれ。

今年も、あなたの好きだったこの歌を。
(お嬢さんも好きだとか。)
“He lives in you.”

「18のままさ」

(BGMには浜田省吾の「19のままさ」をどうぞ。)

仕事で必要な資格の更新試験に行ってきた。
大学を訪れ、学内の雰囲気を感じることは以前にもあったし、
今日も試験前に大学のキャンパスを歩きながら掲示板など見て
「こんな掲示物、あったな。」と懐かしさも感じたが、
久しぶりに講義室に座り、自分が受験生となって
試験官の監督の下、マークシートの試験紙を前にすると
(ホント久しぶりだな。まさか「共通一次」以来?)
十代の頃のあの甘酸っぱさがよみがえってくるような気が。
日が傾く頃、試験は終わり。
事前の勉強も含め、休日を1日費やした。
いい結果が出るといいのだが・・・。