「私たちの行方」カテゴリーアーカイブ

いよいよ来週。

サッカーの試合もないのに、休日に早起き。
近所で仲間を乗せて豊橋に向かった。
買いに行った物はコレ!!!!


何これ? という声が聞こえそうだが、
これらはよく駄菓子屋にある子ども向けくじと景品。
来週のお祭りの時に子ども向けの余興として行うために
菓子・玩具問屋で男の子向け、女の子向けに分けて
イマドキ流行ってそうな物を聞いて、購入した。
なるほど、ミニオンズってそんなに流行ったかねぇ、
店内ミニオンズだらけ。
(でも確かに新幹線の中でUSJ帰りの人は皆持ってるな。)
あとはスクイーズってのも結構流行りらしく、それも購入。
それを皮切りに、お菓子問屋、杏林堂、100均と回り、
最後がコストコ。


大家族でもないわが家はいつもこのどでかいカートを押しながら
買い物かごで十分なぐらいの買い物しかしていないのだが、
初めてコストコで「コストコらしく」買い物をした(^^;)
(もう、こんなこと、当分ないだろうな・・・。)
さ、これで事前に購入する物は大体終了かな。
明日からは太鼓などの練習も始まるし、忙しくなる。

ここまで来ると「災害」



昨夜、この時点では、まだ自分もどこかで甘く見ていた。
台風24号。
「50年に一度」とか「伊勢湾台風以来」とか聞いていたが、
晩酌の後、テレビで台風情報を見ながらうとうと、という
「いつもの台風感覚」で夜を更かしていた。しかし・・・。


うなる風の中、信号と通りの反対側の電気が一斉に消えた。
そして程なく、私の部屋の灯りも。
漆黒の闇の中、それでもなお窓を押し破らんとばかりに
吹き付けるものすごい雨と風。
生まれて初めて、台風で生命の危険を感じたし、
「この家は耐えきれないかも」という不安を感じた。
携帯の雨雲レーダーに「あと1時間耐えてくれ」と願った。


何とか乗り切った。
台風一過のクリアな空の下、嘘のように朝焼けが広がる。
しかしその爪痕は大きく、近隣でも建物の外壁が破壊され、
わが家の駐車場では、隣の柵が押し倒され家族の車に。


早めに家を出たが、信号はわが家の横から職場まで、
一部を除いて消えている状態。
でもすごいなと思うのは、結局交通は何とかなっているところ。
(一部では事故などもあったかもしれないが。)
結局、この信号復旧の遅れの影響が大きくて、
我が職場は今日の営業を取りやめた。
日中わが家は電気が復旧したが、通りの向かいは
未だ真っ暗なまま、2晩目の停電に突入。
こんな経験は生涯初めてだ。
これはもはや「災害」と言っていいと思う。

「残念」だけでなく「複雑」

今日は違うことでアップするつもりだったんだけれどな。


何で静鉄電車の画像なのかって?
若かりしころの休日。
妹の「りぼん」のコミックスを何気なく読んでいると、
あるマンガがおもしろかったのだが、その設定場面として
ある私鉄沿線の街を舞台に描かれていたのだが、
どう見てもこれは静鉄で、草薙から桜橋あたりの風景に
よく似ていて、そうではないだろうかと思って読んでいた。
そのとおり、その「ちびまる子ちゃん」という作品は、
清水市を舞台とした作者の自伝的なマンガで、
作者は私と同年生まれで、私が学生として静岡に住み、
清水市も行動半径としていたころに清水市に住んでいた
「さくらももこ」というマンガ家であることを知り、
その後、いろんなシンパシーを感じながら応援してきた。
その後そのマンガはアニメ化され、国民的マンガとなり、
もはや説明の必要がないぐらいとなっていたのだが・・・、
「さくらももこさん 8月15日に乳がんにて逝去」
訃報にふれて、言葉を失った。
まるちゃんのお姉ちゃんの声優、水谷優子さんが逝き、
西城秀樹さんが逝き、
そして、まさか、まるちゃんそのものである
さくらももこさんまで逝ってしまうなんて・・・。
残念で、そして複雑でならない。
だって、第一線で活躍する同年の、
同じころを同じ街、同じ空気の中で過ごした方が
こうして逝ってしまうって、一体!?
そう、残念だけではない、「複雑」な思いだ・・・。

友引・一粒万倍日

あれから2日も経ってしまった。
いろんなことがあって、落ち着くのに時間がかかってしまい、
やっと今日、こうしてアップ。それぐらいハードだった。
金曜午前は職場に顔を出して台風被害の確認など少し仕事。
その後はレガシィを納め、レヴォーグを受け取ることに。


なるほど、この部屋、何のための部屋だろうと
前から思っていたけれど、そう言うことかとわかった。
納車引き渡し用の部屋だったわけだ。
一応、最後の保険などの手続きや説明などを受けて、
いよいよ引き渡し。
レガシィのカギを渡して、レヴォーグのカギを受け取った。


こうして並ぶと感慨深い。
最後にレガシィにお礼の言葉を心の中でかけて
新車のにおいがただようレヴォーグの運転席へ。
エンジンをかけ、シート位置やミラーなどを調整し、
おそるおそる出発。超・安全運転で帰ってきた。
帰宅後、いろいろナビやアイサイトをいじってみる。
しかし「????」。
驚いたのは(ごめんなさい、驚いてるのは私だけ?)
イマドキの車ってのはスペアタイヤがない!?
それにイマドキの車ってのは、CDを録音しておく
HDDがなくて、基本携帯やi-podから音楽を飛ばすもの?
ほかにもいろいろわからなくて驚くばかり。
これだけで、かなり精神的にも疲れたところだが、
夕方から職場若手の結婚式で、電車で浜松へ。


いい仲間に恵まれ、いい学生時代を過ごし、
素敵な形で奥さんと出会い、ここまで日々を重ねてきたことが
よくわかる式だった。お幸せに(^^;)
帰ったら鹿島戦を見る余力もなく、バッタリ。
それはその次の日も引きずる始末・・・。
でも、「いい疲れ」なのかもしれません。

当たり年

結論から言ってしまうと、
9年間乗ってきたレガシィツーリングワゴンは、
まだ、わが家の駐車場にいる。


今朝、新レヴォーグと引き換えるつもりで家を出て、
ちょっと仕事を片付けるつもりで職場に寄ったのだが、
そのあたりから天候が急変、ものすごい土砂降りに。
台風も近づいていて、納車どころではない、
ということで、明日に延期してもらった。
(明日は午後から職場若手の結婚式で、スケジュール的に
 かなり慌ただしい一日になってしまったのだが。)
ただ、新しいレヴォーグとの出会いも楽しみだが
もう一日、このレガシィといられることへの安堵も。
不満があって手放すわけでもないし、
いろいろ自分にとって(磐田にとっても)大変な時を
一緒に乗り切ってきた「相棒」でもあり、
また、野沢や栂池、乗鞍でのいい思い出を共にしてきて
ちょっと別れが惜しくもあるのかな(^^;)
それにしても、今年は台風にいろいろ振り回されている。