「最高に素晴らしい時間」

佐野元春 & THE COYOTE BAND
CLUB CIRCUIT TOUR 「ソウルボーイへの伝言 2019」
@Live House 浜松 窓枠

終演後、板屋町の交差点。
充実した気持ちで夜風に吹かれながら浜松駅方面に向かう。
だって、本当に「いい時間を過ごせた」という実感が
自分を包んでいたから。
ライブの冒頭で彼が言った
「今日は最高で素晴らしい時間にしよう!」
という言葉どおり、素敵な演奏、最高のパフォーマンス。
それも新しい曲から(でも最新アルバムからはなかったな)
十代の頃に自分の心を揺さぶったスタンダードナンバーまで、
ライブハウスならではの生々しいバンドサウンドで、
しかし小編成バンドにありがちな「薄さ」がない「厚い」音で。
そしてまた、彼の音楽は時空を超えるのだ。
THE COYOTE BANDになってからの新しい曲も、
10代の頃から聴いてきた「ガラスのジェネレーション」や
「インディビジュアリスト」「彼女はデリケート」も
新しい感やオールディーズ感がなく、同じ良質の音楽として
耳に、体に、心に、届いてくるのだ。
パフォーマンスやうるささでごまかすのでなく、
本当に心地よい。そんな音楽に囲まれての2時間弱だった。

そのライブが最高の時間になったのは、そのライブ前の時間も
いい過ごし方ができ、今日一日がいい時間だったからだと思う。

2019明治安田生命J1リーグ 第30節
磐田 2-1 清水 @IAIスタジアム日本平(Live)

これが勝利という形でなく、敗北、引き分けという
望んでいない形で戦いを終えていたら、私の心持ちも変わり、
その後、あんなに充実した気持ちで浜松へ戻っている場合では
なかったと思う。
藤川虎太朗のこぼれ球に走り込んでのJ初ゴール、
そしてルキアンのポストプレーからそこに走り込んでの
アダイウトンのゴール右すみへの狙いすましたゴール、
いずれも素晴らしかった。ただ・・・、
もちろん結果がすべてだ。
その結果が今まで出せなかったから今こんなに苦しいのだが
またまた今節もオウンゴールに苦しめられたし、
かなりきわどいシュートを食らうことが何度もあった。
しかもこれが、「相手が一人少ない状況」にも関わらず、
最後まで安心できない状況になってしまったのはなぜか。
あの腰が引けたような横パスしか出せない状況は何なのか、
そこを猛省し、打開できないと次の東京戦は苦しいと思う。
今節も前節に続いてライバルは総崩れだった。
しかし、まだ状況は変わっていない。かなり厳しい。
今節は悪あがきが成功しただけなのだ。
相も変わらず、勝ち続けて信じて待つしかない。

“TO BE CONTINUED”



これで今日のお題が何かわかる方は、相当なマニアだ。
ワールドカップin静岡・・・?
エコパはもう終わったし、3決は東京スタジアムのはずだし、
って、それはワールドカップちがい。
こちらは今日開幕。大道芸ワールドカップin静岡。
明日、あさってとお泊まりで行ければよかったのだが、
明日、清水区とはいえ同じ静岡市内でダービーとなれば
そちらに「行かないといけない」(!?)かな、と考え、
お泊まりは日・月に切り替えた。
その分、ナイトパフォーマンスは今日見ておこうか、と
仕事が終わった後、静岡に向かった。
いやぁ、加納真実、楽しかったぁ!
って、上の画像だけではどうかわからないって!?
では。


もう定番。終盤の「ダンシングクイーン」!!
観客にお面を着けさせ、次々と引っ張り込んで
ABBAサウンドに乗せて大盛り上がり!! 圧巻だった。
彼女はダメじゃん小出の冒頭にも乱入(^^;)

これまた盛り上がるのなんの(^^)/
ダメじゃん小出はあさってあたりにもう一度見たいなと
思っているので、その時にでも詳しく(^^;)
楽しいひとときが終わり、ちょっと名残惜しく駅方向へ。
すると両替町の一角から賑やかなサウンドが!!


ジャズバンドが街角ライブ!!
結構本格的で、あちこちでナイトパフォを終えて来た
観客であっという間に黒山の人だかり。
30分近くそこに留まり、素敵な演奏を楽しんだ。
さぁ、続きはあさって。
明日は、日本平じゃなくて大道芸W杯に行けばよかった、
なんて思うことが絶対にないように、磐田の選手たちは
残留に向けて「悪あがき」をしてほしい、

携帯、替えました。

どちらかというと私は「スマホよりパソコン」の人で、
別にiphoneが新しくなろうが全然関心はないし、
前のスマホを使い始めてもう4年とか、気にしてなかった。
しかし、やたら「重く」なって、1日に何度も再起動かけて、
バッテリーの持ちも短くなったように感じ始めたところに
dポイントの有効期限がいつまでとか言われてしまったので、

買い換えてみた(^^)/
フロンターレめ、こないだはよくも(@_@)とも思ったが
それ以上にサムスンとかLGとかファーウェイはパスなので
数少ない国産ケータイ、F-02Lに替えてみた。
(中の部品は〇〇製じゃんとか、それはまぁいい(+_+))
そんなにハイスペック機種ではないのに、サクサク!!
facebookを使っても固まらないし!?
バッテリーの持ちも全然ちがう(^_^)v
まだアプリも入れきれてないし使いこなせてないが、いい!
こうしてみると、携帯って別にハイスペックでなくていいから
短い周期で機種変していく方がいいのかも、と思った。

名駅でもう一度汗だく(^^;)

ライブが始まった時、aikoは言った。
終わった時、おいしいビールが飲めるように、と。
2時間ちょいのスタンディングライブでたっぷり汗をかき、
aikoの言ったとおりになるのと、遅い夕食をいただくために
名駅に戻り、ビールがいただける店を探す。
マック!? ビールおいてないし。
チャオ? 今はあんかけスパな気分ではないんだな(+_+)
エビスバー!? うん、エビスはいいよね。ただやっぱり。
ということで、一番奥まで進む。


やっぱりねぇ。なぜか足は味仙に向いてしまう(^^;)
席に座るなり、まずは生ビール。
そしてすぐに出てくる青菜炒めも注文。
ニンニクを効かせた香りのよい青菜という、
ヘルシーなつまみで生ビールを喉に流し込む。うまい!
うむ。これでaikoの公約は達成(^^;)
生をおかわりし、次に頼む主食をどうするか考えた挙げ句、


「!!」
いつも台湾ラーメンだから、今度味仙に行く時には
ご飯の上に辛味ミンチをのせた台湾丼にしよう、
と考えていたのに・・・
やっぱり台湾ラーメンを頼んでしまった(^^;)
この後、電車に乗るのに、どうしてニンニクが効いたものを?
あの食べてすぐでなく、じわじわ来る辛み、わかっててなぜ?
あれだけ汗をかいてきたのに、どうしてまた汗をかくものを?
避けるべきだとわかってるのに、ついつい手を出してしまう
中毒性のある辛さ・・・わかってるのについつい、なのだ。
もう一度汗をかき、充実した気持ちで帰路へ。
来月また名古屋に来る予定はあるが、その時こそ今度は
「台湾丼」にしてみたい(^^;)

ささしまライブ、ビルの谷間で感じる幸福

aiko Live Tour “LOVE LIKE ROCK Vol.9”
@ Zepp Nagoya (Live)

このチケットの抽選申し込みが始まった時、少し迷った。
「本当に行くのか? 」と。
同じaikoのライブでもLOVE LIKE「POP」と「ROCK」は
全くちがう空気感だ。
「POP」はアリーナやホールを使って、全席指定。
自分のシートが確保されていて、いつ会場入りしてもOK。
ライブ前には離席してトイレや物販にも行けるし、
シートで前後は区切られ、隣席の人とも少し間がある。
一方、「ROCK」はオールスタンディング。
Zeppなどのライブハウスを使い、当然座席なし。
入場は開場と共に整理番号順。
中に入ったら、みな思い思いの場所に立つ。
場所を決めたら、基本そこは動けない。トイレも無理。
そしてライブが始まれば、前後左右はラッシュ時の電車だ。
ある意味「ワイルド」なのだ。少々キツい。
「POP」はいいけれど、「ROCK」はそろそろ卒業か、
とも思うようになっていた。
そんな思いを抱えながら昨日夕方、名古屋・笹島のZepp前。
行列に並ぶ人に整理番号を訪ねながら、自分の番号のところへ。
そして、開場時刻に。行列が動き始める。

中に入ると取り急ぎ自分の居場所を探す。
狙い目は視界を遮るものがないところ。
(背があまり高くない女性だけのグループの後ろなど。)
見つけた。バッチリだ。そこを動かない。
そして始まる。夢のような2時間が過ぎていく。
今回はどちらかというとマイナーな曲が多かった。
オープニングの「ゴーゴー・マシン」もアルバム未収録で
シングルのカップリングとのこと。
ほかにもアルバム未収録の曲や配信限定とかが数曲。
ちょっと戸惑ったけれど、生で彼女の新しい世界に触れられ、
それはそれでよかったかも。今度ダウンロードしてみようか。
それでもライブはすごい盛り上がり、みんなよく知ってるな。
花道を通ってセンターのステージでもよく歌ってくれたのだが、
このセンターのステージ、私からほんの数メートル。
まつげの一本一本も見えて肉声で普通に会話できる距離で、
マイクの「aiko」の文字がはっきり読み取れる。
こんな距離で全力で熱唱する彼女を見られる「成功体験」を
してしまうと、冒頭の「そろそろ卒業」は「撤回」か(^^;)
2度のアンコールを経て「be master of life」で終演。
明かりがついて、退出する頃には汗だくのフラフラ。
Zeppの外には、まだ心をaikoに持って行かれたままの
ジャンキーが気持ちの持ってきどころを探してgdgd。

私も笹島のビルの谷間で夜風に吹かれながらクールダウン。
心地よい。
年明けのLLR9後半での名古屋公演も抽選申し込みが
始まっているのだが、申し込んでみようかなと考えながら
名古屋駅へと向かった。

m-takasuのつれづれなる想いをWordPress5.2.4で