「原点開起」はできたのか?(2012磐田総括)

last_game2012
雨に打たれたカシマでの終戦から2週間、
昨日、年末の家事をしながらつけてあったテレビに
エコパでの準決勝が映し出されているのを見ると、
どこか空虚な気分になってしまう。「いつもの年末」だ。
でも、リーグ戦の順位から考えても、あの結果は妥当だろう。
真剣にタイトルを、世界を目指すなら、変わらねばなるまい。
まず第一に、守備力を向上せねばなるまい。
簡単に裏を取られるは、ふと気づけばマークを外してるは。
チョはケガをして戻ってきてからは本当にぱっとせず、
終盤の大失速の一因と言えるだろう。
ここは補強などで手を入れて、来季はがっちり固めてほしい。
また、バックラインだけでなく、ボランチのポジションが
固定されずに不安定だったのも痛かった。
ソウトを出すというのであれば、ここも手を入れるべきだ。
小林の成長に期待するだけでいいのか、よく考えたい。
そして何よりGK八田。不安定だった。
能活のケガさえなければ、もう少し上位に行けたはずだろう。
第二に、前田、山田頼みに終わった攻撃陣も見直し対象だ。
開幕直後こそ、連動した動きでパスをつなぎわくわくしたが、
相手にとってはそれを封じるのは簡単だったようで、
山田が封じられると、あっという間に機能不全に陥った。
特に背番号9を背負いながら、決めきれない山崎。
さらには無駄な買い物、ペクソンドンに、ハンサンウン。
特にハンについては、何がよくて獲ったのか、わからない。
広い視野と確かな足元の技術、そして強いハートをもった
選手を求めたい。
第三。何よりもケガ。今年の失速の最大の原因だろう。
なぜ獲った選手獲った選手、ケガで離脱していくのだろう。
フィジカルトレーニングの仕方に問題があったはずだし、
メディカルスタッフも十分機能してなかったのではないか。
ハードトレーニングを課してるから、あれぐらいは仕方ない、
そう思っているのだとすれば、それは大きな誤りだと思う。

監督は続投とのこと。
信念をもってやってきたのはいいが、まだまだ蒼い。
指揮官としての成長をぜひ期待したい。
来季こそ、スタジアムに通うことが生きがいになり、
勇気をもらえるゲームを見せてもらえることを期待したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください