お泊まり遠出はできずとも。

今年は5年に1度、繁忙期に3連休暇を取ることができる年。
過去にはロンドンや城崎、前回の磐田J1昇格時の大分など
この休暇を有意義に使って出かけてきた。
しかし今回はコロナ(*_*; ということで・・・、
直前まで悩んだ挙句、最後の最後で宿の予約を断念。
休暇も先週金曜日の1日だけにした。
ってことで金曜日の朝、急遽考えた。
旅に出なくても、有意義な過ごし方はないものか、と。
で、密を避け「近場のお城巡り」(#^.^#)をしてみることにした。
一つ目は浜松城。


「毎週行ってるじゃん」と言われそう(^^;)
確かに、毎週のように歩きに行ってスタバにも行っていて、
夏休みに中に入ったばかりなのだが・・・(^^;)
ただ、1月に内部展示をリニューアルしたということなので
新しくなった中を見てみよう、と。
うむ。「昭和」だった展示が「令和」になった!?
次に向かったのは、こちら。


掛川城(^_^)v
天守が再建されてまもなく30年になるというのに、
実はまだ内部に入ったことがなかった。
だったらぜひ、ということで、今回初めて内部へ。
確かに、木造の再建天守もなかなかだったのだが、
私がこれは、と思ったのはこちら。


二の丸御殿。
どこか二条城に近いものを感じさせるその造り。
今まで知らなかったけれど、近場で新たな発見ができた。
そして、もう一つはこちら。


高天神城址(厳密に言うと「城」でなく「城跡」かな(^^;))
家康について語られる時に必ず出てくる場所なのだが
一度も行ったことがなかったので、足を運んでみた。
山を登りながら、こういうところだったのか、と実感。
てっぺんの本丸周辺は木が茂ってうっそうとしているが、
その間から富士山、南アルプスも臨め、南には遠州灘。
武士たちはどんな思いでここを守ったのだろう。
そしてここを得た家康。果たしてどんな思いだったのか。
最後はこちら。


コロナがなければこの休暇、温泉地を目指しただろう。
泊まりで行けなかったけれど、せめて日帰りででも
湯につかることができればと、大東温泉シートピアに。
ここは20年近く前、私が日帰り温泉マニアになっていく、
そのきっかけにもなった場所なのだが、残念なことに
来月で閉鎖されるとのこと。
そのまえにぜひ、ということで立ち寄ってみた。
ちょっとぬるぬる感のある赤茶色い湯、なつかしい。
密を避けほとんどを露天で過ごしたが、心身共に温まった。
確かに建物を見ていると、だいぶくたびれ感も感じられる。
でも、閉めちゃうのは・・・残念だ。
帰りは夕焼けに向かって150号。
こうして5年に一度の私の休暇は終わった。
遠出ができなかったのは残念だが、これはこれでよかったかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください