自分の体調はいいのに、家で中継を見たのって何年ぶりか?

2020明治安田生命J2リーグ 第7節
磐田 0-2 徳島 @ヤマハスタジアム(磐田)(streaming)

「こんな日もある」と言いたいところだが、そうもいかない。
1節おきにこんなことをやってたら上位に食い込めるわけない。
「完敗」だ。いいところなし。トップに「3ゲーム差」だ(*_*;
19本シュートを打とうが、航基のヘッドがもう少しとか
そんなことはどうでもいい。
3本シュートを決めればよかっただけのことだ。
「サイド攻撃」という名の「遅攻」ばかりやっていて
固められた後、それをこじ開ける工夫もなければ、技もない。
それから、あんなにあっさりと、そして間抜けな形での失点。
健太郎がいないとこうなっちゃうのか、いても・・・なのか!?

ところで・・・このゲームでもう一つやりきれなかったこと。
既にチケットを購入しておきながら、このホームゲームを
「リモート」で見ざるを得なくなってしまったこと。
きっかけは、ヤマハスタジアムへの出発の直前に入ってきた
「浜松で30人が感染」情報だ。
地方都市にしては尋常ではない数に、大いに戸惑った。
午前中の情報番組で浜松での市中感染の可能性が伝えられ、
脅威に感じていたところにこんな数を知らされてしまえば、
いくらヤマハスタジアムが適切に対策しているとはいえ
もしそれをかいくぐった人がいたらという不安が高まった。
また、仕事への影響も気がかりとなり、自宅待機することに。
結局今夜は仕事に関する連絡はなく、まずホッとしたのだが、
クラスター潰しが進めば今後も感染者が増えていくだろうし、
浜松の市中感染の可能性がなくなったわけでもなく、
自分自身の感染や仕事への影響など、不安は残ったままだ。
2週間後の松本山雅戦のチケットは、来週発売される。
その時までに、不安はどれだけ抑えられているだろうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください