自粛は続くよどこまでも



第1節には間に合わなかったけれど、その直後に届いた。
しかしその後、これを着る機会はないまま今日に至る。

「次にこれを着て磐田に行けるのはいつだろう。」

総理は記者会見で「長期戦」と明言した。
また、あの山中伸弥さんはこのコロナとの戦いを
「1年は続く可能性のある長いマラソン」
って言ってる。
1年・・・、磐田のゲームがどうなるかもさることながら、
1年間、職場と自宅の往復以外はどこにも出られないのか。
スタジアムへ行くことも、日帰り温泉も、飲み会も、ライブも、
そう、人と会うことさえも・・・。
私の仕事は、人と顔を合わせ、集ってこそのもの。
人が集まることで、本当はパワーが生まれるはずで、
人類ってそうやって今の世の中を築いてきたはず。
個々の狩猟から集団での農耕生活へ、
そして戦う集団を構成して、くにづくりへ。
その後は歴史上致し方なくも争いのための集団づくりが続き、
75年前の反省を経て、支え合うための集団を目指し、
今は人が集うことで力が生み出されているはずなのに
この2月からは全く逆、集わないことが求められている。
1年もこんな生活に耐えられるだろうか。
とはいえ耐えなければならないのだが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください