また行きたいな、またいつか行けるかな(by木村カエラ)

昨年末に野沢を訪ねて以来、スキーに行けていなかった。
でも、冬ど真ん中の2月に行かないわけにはいかないでしょ、
と宿を取って、若手と共に木曽へと向かった。


一日目はやぶはら高原スキー場。
20代の頃、私を育ててくれたスキー場だ。
これは国設第1ゲレンデ。雪質良好。
出だしは少し急だが、あとは割合緩斜面で、
ストレスなく気持ちよく飛ばしながら楽しめる。
あまりに熱中していたので、休憩するのを忘れるぐらい
リフトに乗っては滑り、リフトに乗っては滑り、
を繰り返す、まるで部活のようなスキーだった(◎_◎;)


今回はゲレンデサイドの宿ではなく、木曽福島市街に泊。
かつて先輩に連れられて何度か利用し、
仕事でも使ったことがある「三河家」さんに宿泊。
夜は木曽の冬の風物詩でもある「雪灯りの散歩道」という
住民の皆さんによるキャンドルナイトイベントが開催中。
一度見てみたいと思いながらなかなかタイミングが合わず
見られなかったものを初めて見ることができた。
手作り感満載のキャンドルは素朴でいながら幻想的。
旧中山道界隈がほのかな灯りに染まって美しかった。


2日目は雰囲気を変えて開田高原マイアへ。
ボーダーと行くことが多いので最近は木曽と言えばここ。
標高が高いだけあって雪質は最高。
(ただ、入口が凍ってて横滑りして肝を冷やしたが。)
風が冷たくキツかったが、林の中を抜けながら
ロングコースを思い切り飛ばし麓を目指すのは楽しく
時間を忘れるほどだった。
これで滑り納め・・・というのは少し寂しいかな。
もう一度ぐらい・・・どこかで行けるだろうか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください