もはや気分はだだ下がり


東京2020、五輪のマラソンと競歩は、札幌開催に変更だと。
これはいかがかと思う。
東京の暑さが危険だというのはまちがいではないし、
選手を守るためだと言われれば、ぐうの音も出ない。
ただ、その日の札幌がどれだけの気温と湿度かわからないし
確実に東京よりも安全であると言える保証は全くないから。

そもそもコース設定と距離計測は? 警備体制は?
選手とスタッフの宿泊は? 道内の他イベントとの調整は?
何かあった時の医療体制は? 輸送体制は? などなど、
本当に大丈夫なのか、という不安を抱かざるを得ない。
また、東京都民の血税を使ってここまで準備してきて、
だからこそ都民は自分たちの街で五輪を開くということに
都民としてのアイデンティティーと誇りを感じ、
その日に向けて心づくしで迎えようとしていたところに、
マラソンという花形種目を十分な説明がないまま問答無用で
取り上げられたら、それは納得がいかないだろう。
また、既に販売されたチケットはどうするつもりなのか。
払い戻せばそれでよし? な、わけないだろって!!
いいよな、森さん。あんたは見たい放題だもんね。
天文学的な倍率を乗り越えてチケットを求めてはい回る
我々の身にもなってみろってんだ。

そもそも、この決定は本当にアスリートファーストと
言えるものなのだろうか。
暑さの中の五輪を目指してトレーニングをして策を練り
それに備えてきた選手たちの気持ちを思うと気の毒だ。
スタート・ゴール地点の大通公園には仮設スタンドすら
造らないという。
走り切った選手をたたえるスタジアムからの歓声が
無い中でのゴールってどんななんだろう?

それでもまだ、IOCが最大限の誠意を見せた上で、
やむにやまれず変更を申し入れてきたというのであれば、
まだ理解できる余地もあったのだろうが、
どうだろう、IOCのあの「上から目線」。
コーツっていう「調整委員長」というよくわからない立場の
男は、都民への謝罪は「ない」と言い切りやがった。
その上でバッハ会長が今度はオリンピック後に
「セレブレーションマラソン」っていうのをやればいいだと。
そんなもの、まっぴらごめんだと跳ね返してやればいい。
こっちが見たいのは「4年に1度じゃない、一生に一度だ」の
メダルを争う真剣勝負なのであり、親善試合ならお断り。
市民ランナーも、って、東京マラソンがあるし、意味不明。
こうして見ていると、いろんな思惑が蠢いているようにしか
見えない。
じゃ、どんな思惑って?
例えば、森喜朗+橋本聖子(+官邸)vs 小池百合子の政争?
それとも、IOC内での次期会長選をにらんだ勢力争い?
頑なに開催時期を8月にしたいNBC等米国メディアのゴリ押し?
そして一番キナ臭いのは、今後の札幌五輪招致活動に向けての
IOCへの「貸し」づくりなのではないのか?
そもそも、こんなことが起こる前までは私自身、
自国開催五輪に日本人としての誇りと喜びを感じて、
東京2020を楽しみにしていたが、これで一気に急速冷却かな。
すべての競技においてどこか冷めた目で見てしまうことは
避けられそうにもないし、その程度のものと思い始めた。
一度決めたことだってIOCの鶴の一声でどんどん変えられるし
もはやオリンピックって「声の大きい者」勝ちなんだな。

だったらそんなところに媚び売ってまで、札幌冬季五輪招致の
ための下話にでもしたかったのだろうか
これまで札幌五輪も招致されるといいなと思ってきたけれど
もはやそこまでして、と思わなくなってしまった。
「東京・札幌オリンピック」まであと○日とか・・・、
その日が来た時、果たして心から熱くなれるだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください