ゲームをぶち壊したのは誰だ!?

2019明治安田生命J1リーグ 第20節
磐田 1-3 浦和 @エコパスタジアム(Live)


何とも言えないやりきれなさが残る帰り道だった。
だって、こういう結果になることは何となく見えてたから。
私は先週大久保グラウンドに通っていたわけではないので
練習中にロドと指揮官の間に何があったかは知らない。
あくまでも「噂」の域を出ないネット上の情報では
練習でロドとやり合って懲罰采配でベンチ外とか。
ロドの言動に指揮官やチームメートの人格を否定するような
発言があったのなら話は別だが、サッカー観のちがいとか
単なる態度でというのなら、膝を突き合わせて話し合うなど
まだまだ手はあったはずだ。
現状、彼なしで本気で複数得点が取れると思ったのだろうか。
だとするのなら、現有戦力の「強み」を最大限に生かすという
マネジメントの見地からいっても大失敗だったと思う。
コミュニケーションも図る努力もしないでおきながら、
「俺にはお前をベンチ外にする力があるんだ。」
などと強権発動して、結果を出せず大失敗なんて、
どこかの芸能事務所の社長とまるで同じではないか。
アダのスタメン外しも疑問。
0-0で堪えて後半勝負なんて、そんなことできるような
チームじゃないって。
大貴も前に攻め上がれないし、中盤と前が分断され、
前への推進力を失った結果があれだよ。
2週間、間を置いて次も同じこと考えてきたら、
もう社長や強化部長含めて「倒閣運動」しかない。


ゲームをぶち壊した指揮官は猛省すべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください