FIFAランクなんて関係ないとはいえ。

AFCアジアカップUAE 2019
日本代表 3-2 トルクメニスタン代表
@ アラブ首長国連邦 アブダビ Al Nahyan Stadium(TV)

勝ったことが全て。
でも、手放しで喜べる内容ではなかったな。
得点シーンはいずれも素晴らしいもので、
これまでの日本代表ができなかった形が作れている。
でも、失点シーンはいずれもいただけない。
中山の言葉を借りるなら
「これぐらいなら、いいだろう。」
という「上から」の姿勢が招いた苦戦だろう。
ここから何を学ぶか。
そこからこの先の代表の「のびしろ」が見えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください