モヤモヤ感に、またスパークリングワインはお預けでハイボール

2018 FIFAワールドカップ ロシア 一次リーグH組 第3節
日本代表 2-2 ポーランド代表
@ロシア連邦 ヴォルゴグラード州 ヴォルゴグラード
Волгоград Арена (TV)



どこか複雑なんだけれど、どうしても西野監督を責める、
という気分には、私はなれないんだよなぁ。
組織の最大限の利益を考えた上での最善の策は? という
視点で考えてみれば、当然これは選択肢の一つで、
その筆頭になるだろうから。
ただ、「もしセネガルが再び同点にしたら?」という
懸念は、当然私も頭をよぎったし、いいのかとも思った。
ただ、このまま責め続けてゴールをゲットできる可能性、
攻めた後ポーランドに逆襲を食らって、失点をする可能性、
セネガルがコロンビアのゴールをこじ開ける可能性、
これらを冷静に比較、分析する中で、
批判への責任をかぶる覚悟でこの選択肢を選んだことは
評価できると思う。
ただ・・・、
手のひら返しで西野Jを持ち上げ始めていたにわか国内世論、
日本の真摯さを評価し、後押ししてくれるようになっていた
海外のサポーターや海外メディア論調を敵に回した今、
次のラウンド16に勝てなかった時の猛烈批判は必至で、
勝つことが絶対条件、
そのためのプレッシャーはかなりなものになるだろう。
代表の真価が問われるゲームになりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です