酷暑の中、半周歩いて挫折。デカい。

今回の関西遠征は、吹田でのナイトゲームだったので、
最終新幹線に間に合うことが厳しく、お泊まり遠征に。
ということで、空いている2日間の昼間はいろいろお出かけ。
1日目のゲーム前はこちら。

何だかわかります!? じゃ、もう一枚。

どこの神社だよって!? 神社かといわれると、ううむ。
確かに、祀られてる人は神格化されてるし。
でも神社かと言われると・・・。

上からの画像。でもやっぱりわからないかなぁ。
これは堺市役所の展望室からの画像というのがヒントかな。
イマドキの教科書的名称は「大山(大仙)古墳」。
堺市などが用いてる呼称は「仁徳天皇陵古墳」。
誰もが子どものころ、歴史の学びの入口で出会っているはず。
いずれにせよ世界最大級の墳墓で、周辺の古墳群と共に
この夏、世界文化遺産として認められた、あの前方後円墳だ。
周辺は開発が進んでいるが何とか保存、管理を期待したいし、
可能であれば調査研究、そして堀の水質浄化を進めてほしい、
ちなみにこんなものもいただいてきたよ。

JR百舌鳥駅近くの「花茶碗」。
引き戸を開けてビックリのこぢんまりしたお店。
おしゃべり好きなおばさんと、お手伝い好きのお孫さんで
やってる、アットホームな空間だった。
商標登録されてるというここならではの「古墳カレー」。
いただいてみると、程よい辛さに深いコク。
聞いてみるとリンゴ、バナナ、そしてこの季節はイチジク、
ほかいろいろ、すりおろして入れているとか。
いやはや、おいしくいただきました(^^;)
これから大勢の人が押し寄せるでしょうが、それと真逆の
このほのぼのとした空気感の中で頑張っていただきたいです!

安堵と、やりきれなさと。

2019明治安田生命J1リーグ 第23節
磐田 1-1 G大阪 @パナソニックスタジアム吹田(Live)


勝ち点1。
この結果を期待して、わざわざ駆けつけたわけではない。
しかし試合終了時、心を包んだのは「安堵」だった。
開始何分だ!? 「奴」がイエロー2枚で退場になったのは?
しかもそのいずれも、必要なファウルではなかったし、
特に2枚目は全く理解に苦しむ「ボールの蹴り出し」から。
ルキアンにはどういう思いであんな行為をしたのか
ここに呼び出して小一時間問いただしたいものだ。
その後、1人少ない状況下でどれだけ我慢を強いられたか。
ただ、この日はホント、ファビオが効いていて、
相手の厳しい攻めを次々とはね返してよく耐えていた。
だからこそ、あの前半終了間際のあの失点は
いつかはこうなるだろうと思いつつ、それでもかすかに
抱いていた勝ち点3への希望を打ち砕くものだったし、
追いついて勝ち点1を得ることさえイメージできない
「絶望」を意味するものだった。
ただ、スタンドは「何が起こるかわからない」という思いと
「おそらくきっと難しい」という思いが交錯する
苦しい時間だった。
でも、ここ数試合では見られなかった守備の踏ん張りと、
それでもチャレンジしようという前線の連動した動きが
ホントにラストワンプレーでの奇跡を巻き起こした。
それがこれ。


申し訳ない。何が何だか。(by 橋本環奈?)
それぐらい興奮してたから(^^;)
「10人+3人」、よく我慢した!!!!
勝ち点1だけしか積めなかったのは残念だけれど、
この1点がシーズン最後に効いてくる、
今はそう信じて、前を向いて進むしかない。
内容は改善している、攻守共にそう感じたし。
ホームで強豪相手に勝っていくしかないだろ。

エベちゃん、使えるかな!?

天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 第3回戦
磐田 6-0 八戸 @ヤマハスタジアム(磐田)(Live)

観衆は少なかったけれど、みんないい顔で帰って行った。
外国人さんの集団は、スタンドでもそうだったが、
1ゲート下で大騒ぎだったし。(欧州ってこうなんだろうな)
それは明日もお盆休みだからとか、それだけじゃなく、
たとえJ3相手でも、先制ゴールが生まれ、
得点を重ねて相手を突き放せた、なんてことが
ホントにここ最近なかったのに、間近で見られたし、
前半は今ひとつだったが、後半になって相手の薄いところを
ガンガン突いてボールを送り、好機を作ることができたのが
本当に久しぶりに思えたし、見ていて満足できたからだろう。
ただ、磐田が来季もJ1で戦うためには、
この勝利がなんの足しにもならないことをほぼみんな
知っていたはずなのに、それにも関わらず・・・。
やっぱりみんな、嬉しかったんだよね・・・。
「エベちゃん」のポテンシャルも少しうかがうことができたし、
週末のガンバ戦は、メンバーを大きく替えてくるはずだが、
流れだけはつないでいってほしい。
ところで・・・、
秀人監督。何があったのだ!?

「夏の汗は裏切らない」ってウソだ。特に夜は。

お盆休みに入った。
いい休みにしたいと思っているし、
実際昨日はそんな悪い日ではなかった。途中までは・・・。
午前中は、しばらくいじってなかったカブをいじくった。

暑い中だったが、汗だくになりながらバッテリー交換。
実はあまり自分で内部に手を入れるタイプではないのだが
いよいよセルが回らなくなり、ウィンカーもカチカチが
異様に速くなったので、このままではダメだと、DIYで。
ネットで情報を調べ、アマゾンで新バッテリーを買い込み
ショートに気をつけながら交換に挑戦してみた。
結果、バッチリ(^o^)。これで夏はいろいろ出かけられる。
そしてついでにネットで購入したウィンカーレンズも交換。

純正の平坦型から、ちょっとクラシックな弾丸型に。
(わかるかなぁ。わかるよね!?)
もともとあまりレトロさのないJA07という中途半端に新しい
110CCタイプなのだが、少しレトロっぽくなったか?
(気をつけたつもりだが、雨水が漏れ入らないか、
 それだけが心配(・_・;))
その後、午後はクリエート浜松で行われた同じ職場の
スタッフが入っている楽団の演奏会を聴かせていただき
いい気分で磐田入りしたのだが・・・。

2019明治安田生命J1リーグ 第22節
磐田 2-3 湘南 @ヤマハスタジアム(磐田)(Live)

汗だくになって試合開始を待ったのに、逆転負け。
怒りを通り越して、あきらめ。
何で、アダがベンチスタートなのかって言ってんだ!?
山田と森谷は2列目として機能したかって言ってんだ!?
何故守りはあんなスカなんだって言ってんだ!?
策はあるのか? ないだろ?
指揮官はあれで前半が理想どおりって言ってるけれど
どんな理想を描いているのか理解できないし、
少なくとも私とは「同じ絵は描けてない」なと・・・。

「ひまわりの約束」

ホントに暑い。
だけど世の中、みんな家に籠もっているか、と思いきや、
サッカーの試合がなくても外に出てる人はいるんだなぁ。
浜名湖ガーデンパーク。


今日は「ひまわりフェスタ」だったらしい。
先週はまだこれから、って感じで一面緑色だったけれど、
今がいい感じ。
確かに暑いけれど、暑いからこそ美しいものがある、
って感じかな。
そして、強いなぁ。結構大勢見に来てる。
私はコンデジだけれど、一眼を構えた「カメラ女子」も
結構大勢いて、「インスタ映え」を狙ってるっぽい。
でも、モラルも守ってるし、「外に出よう」って
パワーがあるだけ、エラいな、って思う。
(私もこの後、そっちにもアップします(^^;))
何はともあれ、夏らしくてキレイでよかったです。

ところで。
2019明治安田生命J1リーグ 第21節
磐田 1-2 仙台 @ユアテックスタジアム仙台(streaming)

確かに、補強した3人を間に合わせて使ってきた。
でもねぇ。
アダをベンチスタートにした時点で「アウト」。
前節に続いて、キックオフ間もない時間に2失点。
この時点で、そのゲームプランは「不可」。
「先制されたら勝てない」ことがまだわからないのか。
もちろんこのチーム、守備強化は必須。
でも「残り30分で勝負」なんてできるチームなのか?
前半から敵ゴールを脅かしていかなきゃ。
それからルキアン。
動きは悪くなかったが、点を取るために取ったのでは?
現時点では「ロドリゲス>ルキアン」。
もっとも、その後ろが山田じゃな・・・。
攻め、特にシュートに絡めてないし、がっかり。
また最下位。
残り13試合で勝ち点23(目安を40とするとして)を
目指すのは、かなり厳しい。
基本勝率5割がほしいんだもの・・・。
(私の予想は15取れればいいところかな。)