「ごあいさつ」カテゴリーアーカイブ

Thanks, 15th Anniversary

それはワールドカップの翌年でもあり、
ジュビロ磐田が完全優勝した年の翌年でもある2003年、
ちょうど15年前の今日、このサイトは立ち上がりました。
最初はブログなどやっておらず、
試合ごとの一言感想や、2002年の思い出など、
そんなものを並べただけのサイトでした。
私が職場の公式サイトづくりの担当でもあったことから
そのための「ラボ」
(この言い方も懐かしい!! フィリップ・トルシエ!!)
として、いろんなことを試しながらの始まりでした。
そこから15年で51,774ヒット。
訪れていただいた皆さんには、
感謝の気持ちしかありません。
この間、ホントにいろいろなことがありました。
仕事を変えたり、復職したり、ドイツW杯を見たり、
親父がこの世を去ったり、家を建て替えたり、
磐田がJ2に落ちたり、また上がってきたり。
このごろはすっかり、
サイト作りも「守り」に入ってしまっていて、
「イノベーション」がなりを潜めてしまっているかも。
あの頃のように、
「こんなこともできるんじゃない?」
「こんな企画もおもしろいんじゃない?」
と、アグレッシブに攻めてみたいのですが・・・。
忙しさを言い訳にしているようじゃ、ダメかな。
来年夏あたりはまた一つ大きな「イノベーション」に
チャレンジできたらいいかな、なんて思っています。
まずは何はともあれ、15年間やってこられたのは、
見に来ていただく皆さんがいらっしゃることと、
自分が健康でいられることにつきます。
全てに感謝し、もう少し頑張ってみようと思います。
で、こんな日はめでたい話で進められるとよかったのですが。

第23回オリンピック冬季競技大会 ピョンチャン2018
カーリング 女子 準決勝
日本代表 7-8 韓国代表
@大韓民国 江陵 江陵カーリングセンター

残念。
ただ、ショットの正確性や肝心なところでの勝負強さなど
確実に向こうが一枚上手だったのは認めざるを得ないかな。
ある意味、延長戦まで持ち込んだのは見事だったと思います。
あえて言うなら、出だしの3失点は痛すぎました。
あれで8エンドぐらいまではゲームの主導権を支配されて
全てが後手後手に回ってしまっていたように思います。
開き直った第10エンドから流れをグッと引き戻したけれど
その時は遅かったかな・・・。
メダルに向けて、24時間で切り替えられるかな!?
特に鈴木夕湖選手。自分を責めなければいいけれど。
明日の夜は仕事絡みの飲み会だけれど、録画で見るつもり。
楽しみにしています。がんばれ。

あけましておめでとうございます。


あけましておめでとうございます。
夜更かししてしまうと、初日の出にはとても起きられず、
目が覚めた時にはすっかり太陽は出てしまっていました。
来年は大晦日も早く休んで、元旦は早起きしてみようかな。
で、一応私も新居人の端くれということで、
住吉様、御諏訪様、湊様と3社、初詣回りしてきました。
清々しい元日の朝でした。
で、午後はダラダラとテレビを見て過ごしました(^^;)

第97回天皇杯全日本サッカー選手権 決勝
C大阪 2(延長)1 横浜F・マリノス @埼玉スタジアム2002
   
セレッソ大阪、優勝おめでとう。
流れを引き戻し、横浜の固い守備をこじ開けていく様は
強いな、来季も手強いな、という印象をもちました。
来季の天皇杯は元日決勝ではないようですが
暮れの忙しい中でも出かけていくので、
この舞台に立つ磐田を見られるよう、応援していきます。

では皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

1年後もこうして穏やかに大晦日が過ごせますように。




今年も1年、お世話になりました。
私自身も、概ね健康で過ごすことができ、
日本代表もロシアW杯に駒を進め、
ジュビロ磐田も躍進を遂げるなど、まずまずの年でした。
ただ、いろいろ気にかかることはあります。
この国で、この星で、長いことかけて積み上げてきた
民主主義と法の支配が難しい局面に入っていることは
様々な形で現れてきました。
また、海の向こうでは世間知らずの「イカれた三代目」が
一人でイキがって、幼稚なことこの上ないし、
1年後のこの日が、これまで当たり前のように続いてきた
「戦後」のままでいられるかどうかも怪しい状態です。
何とか来年も、この星に平穏な日々が続き、
自分も、家族も、友人、知人が皆健康で、
星野源の歌のように
「幸せが一日でも多く側にある」年であればと思います。
(「小さな幸せ」でいいんです。)
どうぞ皆様、佳いお年をお迎えください。

50,000アクセスに感謝




すごいねぇ。
この人のパワーと「お楽しみ抽選会」は
これだけの人々を集め、惹きつけてしまう。
さすが、静岡の夕方の顔。
そして「あらいじゃん」で育まれてきた、
「もらえるものはもらっとこう」という町民気質。
本当に大勢の人たちが会の最後まで残ってくれた。
何はともあれ、にぎやかなのはいいことだ。
あとは、これが一過性でなく続いていけるといい。
また来たい、と思ってもらえるぐらいに
この町の魅力を発信できたかな?

さてさて、イベント後に自分のサイトを開いたら・・・、



何と、自分で「踏んじゃった」(^^;)
でも、自分も含めてこのサイトがいろんな人から
アクセスを受けて、ついに50,000ヒット。
訪れていただいた人には感謝。
これからもGoogleなど検索エンジンには
ヒットしないように、本当に細々とではあるが、
続けていきたいと思っているので、
これからもよろしくお願いいたします。

皆さん、お気をつけて。

こんな雪、いつ以来だろう。
確かに最近も雪が積もることはあったが、
道路が白くなって、凍結もして、
ノーマルタイヤでは危険な状態、というのは20代の頃
消防本部の向こうの跨線橋が凍ってパニックになって
以来だろうか。
これを見ていると、ここは信濃か奥美濃か、というような
感じさえして。

近所の特別史跡も次のような感じで、雪化粧。

昨日牡蠣小屋をやりながら、
「雪にはしゃいでるうちは子ども」
みたいな話が出ていたけれど、じゃ、朝から早起きして
寒い中こんな写真を撮りに出歩いている私は子どもかも。
昼が近づき、陽が高くなるにつれて、日なたの雪は
だいぶ消えたが、日陰にはまだまだ白いものがどっさり。
スキー場に行きがたくさん積もっていることを願い、
そして、ドライバーの皆さんが
スリップ事故に遭わないことを願いつつ、
私はなぜか、今からさらに雪が厳しいところに向かいます(^^;)