「この星の行方」カテゴリーアーカイブ

いざ始まればいろんな意味で「戦時」になるのだろう。


72回目。
アニバーサリーとしては特別キリがいい数字ではない。
しかし、追悼、慰霊の思いと共に半旗を掲げながら、
今年は特別な思いを感じずにはいられなかった。
「一年後、73回目のこの日を穏やかに迎えることが
 果たしてできるのだろうか・・・。」
隣ではイカれた「三代目」が分別のないガキの如く強がり、
それに対して、ツイッターマニアの「45代目」が
それと同レベルの強がりで言い返し。
この「ガキ同士」の言い合いが「けんか」になれば、
私たちの国も無関係ではいられまい。
既に「45代目の国」に売られたけんかは私たちのけんかだ、
とばかりに私たちの防衛大臣もおっしゃってるし。
当初私は、
「あんな三代目の国なんか、45代目が一気に吹っかけて、
 三代目もろとも吹っ飛ばしてしまえばいい。
 そうしなければこのことは永遠に片付かない。」
ぐらいのことを思った時期もあった。
しかしそれは当然、わが国もそれに関わることになり、
作戦に関わって「参戦」することになる自衛隊員を
「戦闘状態」に巻き込み、命を危険にさらすこと、
そして本当に核を搭載したミサイルが日本に襲来すれば
標的近くの「私たち日本国民」の命と平穏な生活が奪われ、
それは何よりも「戦後が戦後でなくなる」こと、
そしてそれは「史上三度目の被爆地」が
この国に生まれてしまうことになることと考えれば、
そうなっていいわけがない、と思い直すこととなった。
改めて思う。
来年のこの日も今日と同じく穏やかに迎えたい。
強がりで駄々っ子みたいな2人の「お子ちゃま」が、
そして「得意気な顔したこの国のリーダー」が、
実は叡智あるリーダーであることを信じたい。

それで「大成功」だと思ってるのなら、大間違いだ。

今週もまたハードな毎日で、ずっとアップできなかったので
今日改めて。



残念でならない。
特に前夜、自分自身がライブに参加し、同じ時間と空間を
アーティストや他のオーディエンスと共有する喜びを
身をもって実感してきた直後の出来事だっただけに
何ともやりきれず、怒りの思いがこみ上げてきた。
亡くなった子どもや若者は、こんなことになるなんて
微塵も思わず、アリアナと「繋がる」ことだけを考え
楽しみにしていったはずだ。
幸福感、充実感に包まれた中で、訳がわからないまま
自分の人生を断たれるというのは何とも・・・。
前から私がこちらで言っていることだが、
「神の威を借り」てヒーロー気取ってるだけの連中は
神の教えを正しく読み取ることすらできず、言葉をもって
他の人々に教えの素晴らしさを伝えることができない
傲慢な愚か者だし、
そんな連中が語っているものは宗教でも何でもない。
亡くなられた方の御冥福とけがを負った方の早い回復、
そしてアリアナが強い気持ちをもって立ち上がってくれる
ことを祈りたい。

建国の精神を忘れた「裸の王様」

残念ながら、
私が学生の頃憧れていた、アメリカという偉大な国は
あなたがこれからつくろうとしているアメリカではない。

合衆国を偉大な国にしたいと思うのならば、
あなたがやろうとしている「政策」ってやつを
一から、いや、ゼロから見直してみるべきだろう。

「建国の精神」を忘れた合衆国は、もはや合衆国ではない。
でも、信じたい。
合衆国に再び自由と民主主義と法の支配が戻る日を。

「花束を今年頑張った君に」

結局のところ、新垣結衣は踊らなかったのか(*_*;
「夜桜お七」もカッコよかったけれど、あとは
宇多田ヒカルとトリの「天城越え」が期待どころかな。
さてさて。

あまりにもいろいろなことがあり過ぎて、
それでいてだからこそあっという間で、
もうあと1時間あまりで今年は終わってしまうのか、
というのが実感です。

私自身について言えば職場が変わってあたふたする中で
完全に「押し流されてしまった」一年でした。
押し寄せる課題に後手後手に対応せざるを得ず、
正直、かなり「磨り減った」というのが本音です。
自分自身がいかに勉強不足で、今まで周囲に支えられて
何とかやれていたのだ、ということが身にしみました。
とは言え今の職場でも多くの人に助けていただいているし
新人の頃、この職業人としてのあり方の手本でもあった
先輩をボスとして、その下で仕事をさせていただく中で、
多くを学ぶことができた一年でもありました。
来る年はこの経験と、これまでに得た知恵を生かして、
少しは能動的に振るまえる年にしていかねばと思っています。
そして、何よりも健康。
健診こそクリアできたものの、いろいろな場面で
「経年劣化」を感じざるを得ない実状です。
自分をもう少しいたわらないと、とこの時ばかりは思います。
(意識が長続きしないで「押し流される」のが課題です。)

サッカーについては、磐田については
今日の別の投稿でふれていますので、
日本代表について、少しだけ。
W杯予選について、私はまだ悲観していませんが
厳しい状況にあることは変わっていません。
幸い、大迫など新顔が結果を出し始めました。
今後、リオ組、ロンドン組などの成長もあれば、
期待できるようにも思いますし、
春に向けて準備をしていってほしいと思います。
期待しています。

最後に、このくには、そしてこの星は、
どの方向に向かおうとしているのか、気がかりです。
明るさが見えないシリア情勢、衰えないISに加え、
訳のわからない自己中心的な理屈を並べながら
わが国に浴びせている「帝国主義」という言葉を
そっくりそのまま返したいようなお隣の独裁国家や、
世間知らずの三代目が、国民の暮らしと生命を顧みず、
「戦争ごっこ」を始めたがってる半島の北の国、
他人の国から奪った島を返さずにお金だけ欲しがり
冷戦を復活させたがっているかのようなお隣さん
など、不安定要素が満載です。
そしてこれまで、歴史的にも私たちの国が民主主義の
「お手本」としてきた欧米の二つの国々もそれぞれ
民衆が「耳ざわりのいい言葉」に乗せられて
一方は、他とのつながりを切って「ぼっち」を選び、
一方は「ビフ・タネン」を「支配者」に選びました。
いずれも「自国第一主義」を前面に打ち出しています。
これらの国々がどんな動きを見せていくか注目し、
その影響に備えていく必要があると思います。
また、こうして「民主主義のお手本」を失った
わが国も、参院選での与党勝利で「信任を得た」と
している「得意気な顔したこの国のリーダー」が
(こちらもよく考えたら「三代目」か・・・。)
来年は新たな動きを始めることが見込まれます。
特に国家権力を縛るこの国の「最高法規」を
自分の都合のいいように書き換えようと
いよいよ動き出すのでは、と言われています。
選挙明けの頃でしたか、前にも触れましたが、
「そんなこと、前から言ってたでしょ」大作戦が
始まるのではと思っています。
元春の歌にも歌われていますが、
「美しく見える話には裏がある。気をつけろ。」
とも言われています。気をつけていきたいです。
なお、一応ふれておきます。
私は「反日」でなければ「売国奴」「左」でも
ありません。
自由と民主主義、基本的人権、法の支配などという
普遍的価値を大切にするこの日本を愛する
「愛国者」ですから(^^;)

では、皆様、よいお年をお迎えください(^^)/

忙しかった先週を振り返って一気に。

ホントにいろいろなことがあった先週1週間だが、
なかなかアップすることができなかったので
まとめて一気に。

9日水曜日。中学校のころの同級生3人で、平日の夜に
会おうと集まって、何はともあれ夕食に。
行った先はホントに久しぶりの
(このブログにも掲載があるが、2007年以来9年ぶり?)
豊橋市神野新田町字中道東の満点星DODAN。
相変わらずおしゃれな店内だ。
20161109dodan

塩そばをいただく。うまい。
9年前に来た時は、おいしいと思いながらも
「少し「節」が強すぎるのでは?」
という印象ももったが、久しぶりにいただいて
いい感じでまろやかになり、本当にやさしい味になった、
と今回は感じた。
鶏と節がきいたやさしい塩味に、いい食感の細麺。
ど真ん中ストライクでおいしくいただいた。
そして、いろいろお話をすることがメインなので、
その後はコメダ珈琲の湖西店へ。
たっぷりカフェオレに加えてシェアで頼んだのが
こちら。
20161109komeda

コメダお得意のシロノワールの季節限定版、
「キャラメルリンゴ」。
イマドキ流行りの「PPAP」ならぬ、
「キャラメル+アポーでキャラメル・アポー」
って感じ!?
キャラメルソースの香りにリンゴのぶつ切りが
これまた秋らしい香りでおいしくいただいた。
平日職場でくすぶってばかりでなく、こうして話をし、
そして普段出歩かない時間にいろんなところに
出歩いてみると、いろんな見えないことが見えてくるかな
と感じた水曜の夜だった。
先週は、大きな出来事がもう一つ。
20161110trump

自由と民主主義の国と言われたアメリカの国民も
ここまで「壊れる」ぐらいまでに、ゆとりも何も
なくなっちゃったんだな、という結果が出た。
周りも見られないし、先も読まない、
英国のEU離脱に続く「エモーション」まかせでの投票。
口当たりのいい言葉に踊らされるのは日本国民だけじゃなく
もう何処もそんな状況なのか、ということを実感した。
アメリカがどうなっていくかはアメリカ国民が考えれば
いいことなので、私は一向に構わないし、
そのツケは自分たちで払っていけばいい話だが、
これがわが国にどんな影響を与えるのか、
そしてこれに乗っかって、
得意気な顔したこの国のリーダーが何を始めるか、
注意深く見ていきたい。

最後に、こちらにもふれておこうか。
国際親善試合 キリンチャレンジカップ2016
日本代表 4-0 オマーン代表
@茨城県立カシマサッカースタジアム

親善試合ならではということで、いろいろメンバーに
手を入れて、「お試し」の色彩が強いゲームだったが
結果も出せたし、内容も悪くなかったのではないか。
特に清武と大迫がああいう形で連動できるという
手応えを得られたのは大きいし、
里帰りの小林祐希が、前回起用の時は今ひとつ
チームにフィットできているという実感がなかったが
今回はチームとうまくかみ合う中で、得点という
形も残せたことは、磐田サポとしても誇らしいし、
チームとしてのバリエーションを増やせた点でも
よかったのではないかと思う。
最終予選での出場はなかなか厳しいと思うが、
チャンスがあったら日本のためにも力を出してほしい。