「このくにの行方」カテゴリーアーカイブ

こんなもの「新し」くもなければ「日常」でもない。

2020明治安田生命J2リーグ 第4節
磐田 2-1 山口 @ヤマハスタジアム(磐田)(Live)


祝、再開後、初勝利(^^)/
ただね・・・、開始15分間、何度チャンスがあった!?
ああいうところをものに出来ないから、苦しくなるんだな。
実際、その後あわや、ってシーンも何度かあったし、
あれを決められてたら、前節、前々節みたいなことにも
なりかねなかったかな、と。
この2節「?」を感じつつあったルキアンに救われたが、
これでは上2つなんてとてもとても。課題は山積だ。
次はミッドウィークの水曜日のアウェー福岡戦。
その次の北九州戦も含めて連勝しないと
上位に置いてきぼりになるぞ!!

さてさて。
不安もあった生観戦だが、これじゃ。

3つも空けるのかい(◎_◎;)
その上で、立つな、手叩くな、声出すな、だし、
アルコールはもちろん、食事の販売もなし。
これまで生観戦って、店をのぞき、イベントを楽しみ、
スタジアムグルメをいただいて気分を盛り上げて、
手をたたき、名前を呼び、点が入れば雄叫びを上げて、
というのが「日常」だったのに・・・、
「サッカーを見るだけ」になっちゃった。
今は致し方ない、我慢するが、
これを「新たな日常」とか「新しい観戦スタイル」とか
呼ぶのはやめるべきだ。
こんなの「日常」じゃないし「日常」にしてはいけない。
「新し」くもない。
これはあくまでも「暫定的な」観戦スタイルで、
「一時的な」生活様式であるべきだ。
「新しい」なんて言ってる時点で、
コロナへの負けを認めているようなものだ。
(これは、私、m-takasuの個人的な見解です(*_*;)

「次はあるのか?」



とりあえず、再びサッカーを生観戦できる週末が戻ってくる。
そして、その権利をさしあたって手に入れた。
しかし・・・、
どうしてチケットが当選したことへの歓喜、
(年間シートは払戻しで一試合ごとに抽選で買い直し)
そして磐田の勝利への期待でわくわくするのではなく、
「自分の、そしてその周囲の人々の健康と仕事への影響」
を気にしながら重苦しい気分でこのチケットを手にして、
スタジアムに行くことにここまで不安にならなければ
いけないのだろうか。
県西部の感染状況、ほぼ完全とも思えるスタジアム側の対策、
そして、自らが自らに課す予防対策。
99.9%大丈夫なのだろうがそれでも不安になってしまうのは
首都圏から広がる不穏な情報のせいだろう。
「第5節は出来るのか!?」

「遠くない未来」に期待する土曜日

サザンオールスターズ 特別ライブ 2020
「Keep Smilin’ ~皆さん、ありがとうございます!!~」
@横浜アリーナ (streaming)


今週の「おうちビアガーデンMT」は1か月ぶりのとんとん。
夕方でも明るく、ちょっと雲多めの空の下で
おいしい回鍋肉と春巻とBeer(^^)/
深い味の味噌ベースのタレとシャキシャキ野菜、
皮パリパリ、中しっとりの春巻と共に、間違いない(^_^)v
そして・・・、
今週のBGMは25日(木)に行われ28日(日)まで配信の
横浜アリーナで行われたサザンの無観客ライブ。
開演前に映し出された横アリ、ガラガラの客席の空虚感。
しかし、開演前のアナウンスが、クスッとさせる。
「公演中、立ち上がったり・・・などの行為は、今回の
 ライブに限っては他のお客様の御迷惑になりません。」
「もちろん、ご飯を食べながら、お酒を飲みながら
 見ていただいてもかまいません。」
「おうちライブ」だからできることってこれだ(^^;)
「YOU」から「ミス・ブランニュー・デイ」、
「希望の轍」と立て続けにくり出される名曲の数々。
aikoのZepp無観客ライブの時も感じたのだけれど
ライブならではのサウンドのリアリティと臨場感は圧巻。
2時間少し、本当に心を「熱々に」させていただいた。
ただ、ライブって・・・、
ワクワクしながら会場に向かい、グッズ販売を眺め、
会場に入ってザワザワした中で期待を高めながら開演を待ち、
会場一体となって跳ねたり、手を上げたり、声を上げたりし、
前の背のデカい奴の間から、どうしたら見やすいか
ゴソゴソと動きながら一番いいポイントを探り・・・、
そして生で目にできた時の喜びってのが醍醐味なんだな。
この「文化」が廃れていく前に、「withコロナ」なんて
言ってないで、エラい人、早く何とかしてほしい・・・。
何はともあれ、サザンとサポートメンバー、スタッフさん
そしておいしい料理を用意してくれた「とんとん」さん、
みんなにありがとうの土曜日でした(^^;)

「あじさいのうた」(by 原由子)

今までも仕事で職場には通っていたし、
必要な買い物やテイクアウトの受け取りに出向いたり、
「免疫力向上のための」散歩を仕事の帰り道や家の周囲で
したりといったことはしてきた。
しかし、単なる外出というのは本当に久しぶりだ。
浜名湖ガーデンパーク。
これまでに見たことがないような人と車の数。
以前に来たのは梅の盛りは過ぎたけれど桜にはまだ早い、
そんな時期だったが、季節は確実に変わった。
今や、こういう季節だ。


園内のそこかしこに「アジサイ」。
(これは「ガクアジサイ」の一種とのこと。)
いろんな色、いろんな種類。あるものだ。
でも、6月ならではだな、と思って見て回った。


メインの花畑には芽を出し、成長し始めたヒマワリ。
これが成長し花をつける頃、このくには真夏を迎える。
そのころ、コロナを巡る状況はどうなっているのだろうか。

「ひとり決起集会」

プロ野球に続いて、来週はJ2リーグが再開される見込み。
第1節、前半はいい形を作れたし、
沼津とのトレーニングマッチも取るべき人が取って勝てた。
ぜひ流れを断ち切らず、更に高めて仕切り直しといきたいし、
フェルナンド・フベロ監督の采配、育成の力に期待したい、
と願って、今週のおうちビアガーデンはこうしてみた。


今回、初めて自宅周辺から離れ、職場に程近いお店に。
バルセロナ出身のフベロ監督にエールを送る意味から
中区佐鳴台にあるスペイン料理店エルカミーノより
セルフピンチョスセットとにんじんサラダをテイクアウト。
一般的なスペイン料理の中でバルサ料理の特徴と言われても
私自身には知識も経験もないので(^^;)
「それバルサじゃねーだろ!?」って言わるかもしれないが、
さしあたってバイパスを飛ばして自宅まで持ち帰っても
冷めて味が落ちない、そんなメニューをチョイスした。
セルフのピンチョスなので、もちろん何種類かを選んで
バケットに乗せていただくのが本来だしおいしいのだが、
単独で前菜っぽくいただいても〇。
マンチェゴチーズは濃厚かつなめらか、生ハムも美味。
アンチョビポテサラは程よい塩味に独特のコクが!(^^)!。

さてさて、磐田はどうだろう。
FC岐阜との練習試合でも小川航基は得点をあげたようだし、
中野も復活、松本昌也も調子を上げている様子。
守備も沼津戦を見る限り昨季のような状態ではなさそうだ。
再開第一戦はアウェーの京都サンガ戦。
サンガスタジアム、行きたかったのに・・・(+_+)
ほかにも福岡、愛媛、琉球と行きたいアウェーは全滅。
「一応」予約していたANA那覇便、予約取り消し・・・。
短い夏季休暇中のゲームも首都圏が多くて、尻込み。
行けそうなアウェーとなると金沢(ここも不安)と松本が
スケジュール確定してどうなるかってところだろうか。
今年は遠征がほぼ不可状態になりそうだし(*_*;、
ホームもチケット争奪に参戦しなければならなくなって、
一体何試合生観戦できるのかすら不透明(◎_◎;)。
でも、優勝での自動昇格目指し、がんばってほしい!(^^)!

(スケジュールはジュビロ磐田公式より)