「この「地域」の行方」カテゴリーアーカイブ

「共通一次って何!?」って言われそう(^^;)

仕事がらみで職場に出かけた後、早い時間で終わったので、
午前中、浜松城公園から旧・奥山線廃線跡ウォーク。


ここは歩きやすくていいねぇ。道が平らだし。
(ホワイトストリートとかガーデンパークとか、
 佐鳴湖公園も結構でこぼこ(^^;))
浜松北高あたりまで歩いてくると、ガードマンとか
スーツ姿の目が鋭い人が。
その後、和地山あたりで姫街道沿いに引き返してみたが、
なるほどこちらも。
そうそう、今日はそういうことなんだな。


はいはい、邪魔するつもりはありません。
静かに通り過ぎますって。(写真は撮ったけれど)
とは言え、受験生の皆さんはホントに今日まで大変でした。
コロナでいろんな制約もあっただろうし、
そもそもこの試験の仕組み、1年前までドタバタ続き(-_-;)
現役生にとっては春先、急に休校になってしまって
授業が終わるかどうかも含め、不安だったことだろう。
とにかく力を出し切れ、と心の中でエールを送った。
そして浜松城公園に戻ってこちらをいただいた。


ナイトロコールドブリュー バニラスイートクリーム。
先週に引き続き、ナイトロコールドブリューシリーズ(^^;)
これで3種、全て制覇(^^)/
うむうむ、マイルド。「スイート」とあるが、甘さは控えめ。
池の鴨を見ながら、外で時間をかけてじっくりいただいた。
口当たりはいいが、水出しの深い味を楽しむのなら、
やっぱりプレーンがいいかな、と思った。

まだ先は長そうなのに(ーー;)

「何をして過ごせばいいのかわからない3連休」も最終日。
土・日共に、家に籠もり午後に散歩という生活だったため、
今日はちがう過ごし方をしたいと考え、密を避けつつ初詣へ。
まずはこちら。


中区利町の五社神社・諏訪神社。参拝するのは初めて。
混雑を避けて年始から初詣をずらした方が多いようで、
「密」でない程度に賑わっていた。
そしてその足でもう一つ。


中区鴨江四丁目の甲江山鴨江寺。こちらも参拝は初めて。
いずれも、現在浜松で仕事をしていることも何かの御縁と考え、
「クライアント」の皆さんが健やかで実り多き年となることと、
仕事が順調であるようにと願わせていただいた。
「免疫力向上のためのウォーキング」も兼ねていたため、
その後は市街地を避けて「裏道探訪」を楽しみながら
「いつもの」こちらへ。


ナイトロコールドブリュー
ムースフォームダークキャラメル(長っ!!(^^;))
以前にプレーンのナイトロコールドブリューは試したが
こちらは初めて。
もう少し甘みを感じるのかと思ったが、一切なし。
深くまろやかな味を、今回は店内ではなく外で。
それにしても・・・この厳しい状況が収まる気配は
ワクチンが行き渡るまで無理っぽい雰囲気。
「どうにかならないのかねぇ、大門く~ん(◎_◎;)」

どっちもこれからどうなることやら。



さあさあ、始まりましたよ。
「我慢」でも「勝負」でもない、
「何をして過ごせばいいのかわからない3連休」が。
外に出かけないと楽しめないような趣味しかない自分なので
今日も一日何をすればいいかわからず、ぼんやりと。
こりゃホント、歳とってリタイアしたら大変だ。
一方で世間は、国内外共にますます厳しい状況に。
アメリカは、80年代に私が憧れたようなアメリカではなく
「自由と民主主義の国」などととても言えない、
暴力が支配する専制政治の国に成り下がってしまった。
「make America stupid」だな。
そして今週はもう一つ大変なことがあった。
「1都3県に緊急事態宣言再発令」。
現状を考えれば致し方ないことだと思うが、
こうなる前に何かできなかったか、と
ドンの顔色うかがうだけの総理「みたいな人」には思うし、
果たしてみんな、どれぐらい言うことを聞いて我慢して
どれぐらい効果があるのか・・・。
でも、もし効果がでないとこの先・・・。

この1年を頑張ってきた自分たちを褒めて、そして前を向いていきましょう(^^)/

大変だよ(◎_◎;)
紅白とサザンのライブを交互に見ながら、
さらにこっちをアップするって(^^;)
ってことはさておき・・・、


本当に大変な1年でした。
仕事も、プライベートも、様々なダメージを受けました。
仕事はホント、しんどかった。何が正解かわからないから。
そこですり減ったのを救い、注油してくれるのが
エンタメやスポーツの感動であり、人とのつながりなのに
それが許されないというのはホントにキツかったです。
ここまで過去形で書いてきたけれど、実はまだ現在進行形。
うつむき、打ちのめされそうになりますが
それでも紅白で演奏される曲の数々を聴いていると
何とか顔を上げて前を見たくなってきました。
(スタジオライブ形式だからか、今年はクオリティ高いな。
 曲もすり減った国民向けの前向きなのを選んだのかな。)
しんどいけれど、もう少し頑張ってみようかな、と思います。
まずは体を大切に、そしてこころもゆったりと。
どうぞ、よいお年をお迎えください。

「国民のために働く内閣」だったよね?

こんなものがわが家に届いた。


例年、この時期に申し込みが始まるシーズンシート販売、
来季は行わない、ということなのだそうだ。
新型コロナの感染再拡大の中で、大規模イベントに対し
器の大きさにかかわらず5,000人の制限が再び設けられる中、
春の開幕までには状況の改善を見込むことができない、
ということなのだろう。
下手すれば、変異種の流行が始まって「無観客」という
「振り出し」からやり直さねばならない状況もあり得る。
ただ、第3波が来てしまったのは致し方ないとして、
じゃ、それを抑えるために自ら「勝負」といっておきながら
一体「お上」はこの1か月、何をしてきたってんだい!?
こっちは既に10か月近く「我慢と勝負」を繰り返してるよ。
今日だって、あんな静かな有馬記念なんて「あり」か?
紀平梨花だって、全日本であれだけ圧巻の滑りを見せたのに
ビッグハットでは今ひとつの拍手だった。
まだ「打てる手」はあるはずだ。