「この「地域」の行方」カテゴリーアーカイブ

ただ、まったりし過ぎ。

14日土曜日。
もちろんほかに何もなければ日本平に向かっただろう。
だけど、仕事のイベント、そして地元のお祭りと
3つ重なってしまっては「残念」。
ということで、仕事上のイベントに立ち会い、
その終了後は地元の公民館でお祭りに。
ただ、これまた降り出した雨で屋外での行事は中止。
ということで炭に火をおこし、ゆるりとまったりと(^^;)



一方、その頃日本平では・・・。

2017明治安田生命J1リーグ 第29節
磐田 3-0 清水 @IAIスタジアム日本平(streaming)

公民館でまったりと、見逃し配信をDAZNで見た。
出だしこそ押し込めず、チャンスを作れずにいたのだが
アダイウトンが左で相手をうまく交わし、
そして高速ドリブルからそのままゴールへ、
まさに突き刺すといわんばかりの先制点。
その後は、祥平に肘を入れた相手が一発退場を食らうと
(当たった場所と押さえていた顔とちがうのは?)
こちらへの圧も少し緩めとなり、
その後は俊輔のCKからの見事な直接ゴール、
そして山田の見事な復帰ゴールと、終わってみれば快勝。
お酒も入っていい気分だった。
久しぶりにスッキリ勝つ磐田を生で見たいなぁ。
週末が楽しみだ。天気、大丈夫かな?

50,000アクセスに感謝




すごいねぇ。
この人のパワーと「お楽しみ抽選会」は
これだけの人々を集め、惹きつけてしまう。
さすが、静岡の夕方の顔。
そして「あらいじゃん」で育まれてきた、
「もらえるものはもらっとこう」という町民気質。
本当に大勢の人たちが会の最後まで残ってくれた。
何はともあれ、にぎやかなのはいいことだ。
あとは、これが一過性でなく続いていけるといい。
また来たい、と思ってもらえるぐらいに
この町の魅力を発信できたかな?

さてさて、イベント後に自分のサイトを開いたら・・・、



何と、自分で「踏んじゃった」(^^;)
でも、自分も含めてこのサイトがいろんな人から
アクセスを受けて、ついに50,000ヒット。
訪れていただいた人には感謝。
これからもGoogleなど検索エンジンには
ヒットしないように、本当に細々とではあるが、
続けていきたいと思っているので、
これからもよろしくお願いいたします。

今日はにおいだけでなく(^^;)

冬になると手伝っている某特別史跡横の牡蠣小屋に
磐田でいつも一緒に観戦させていただいているみなさんが
食べに来るというので、私も今年初めて「お客」として
「来店」した。
いつもにおいだけをかいで、想像でお腹に納めていた
アツアツの牡蠣が目の前に、そして口の中に(^^;)

至福のひととき(^_^)v
いやはや、毎度思うのだが、ホントにふっくら。
焼くと若干身が縮むのだが、その分旨味が凝縮。
これは飲んじゃうね(^^;)
ということで、ビールと一緒に牡蠣の天ぷら、

そして牡蠣フライも(^^;)

車で行くのなら浜名湖今切口そばの海湖館でもいいけれど
駅から歩いて来られるということもあるので、
飲んべいさんにはこちらの方がお薦めかな、
というのは私の論理!?
「牡蠣ってどこがおいしいの!?」
「いや、うまいのはわかるんだけれど、生はちょっと。」
という方々にはぜひ食べていただきたい。
自分で食べてみて、改めてそう実感した。

合併後も続く「友好」に感謝

雪がたっぷりっていいなぁ。
先週末あれだけ降り、その後もいい感じで冷えていたので
今週末に行かない手はない、と「きそふく」へ。
昨シーズン来た時は草だらけだったが、今季はたっぷり。
やはりこの1週間の冷え込みは「恵み」だ。
一部急斜面は凍っているところもあったが、大方良好。
ここ数年、いつ行ってもクローズドだった
最上部のスカイコースもオープンして、久々にあの
コブなし、アイスバーンなしの適度な斜度のバーンで
「落ちていく」感覚を味わえた。
私が3月までいた職場が来週ここでイベントを行うが
この様子なら十分やれると思われる。
さてさて、次はいつ、何処に行けるかな(^^;)
2月の第一週は予定を入れてみたけれど、
それ以外は予定はなし。
それに、来週は仕事なんだよなぁ:-)

PS.
今朝リフト券売り場で「年齢割引」で買おうと
免許証を見せたら私の住所を見てさらに1,000円引きに。
私の地域の住民割引って、合併でなくなったと思ってたら
今でも続いてるんだ、とびっくり。
いや、ますます「きそふく」に思い入れが深まってしまう。

皆さん、お気をつけて。

こんな雪、いつ以来だろう。
確かに最近も雪が積もることはあったが、
道路が白くなって、凍結もして、
ノーマルタイヤでは危険な状態、というのは20代の頃
消防本部の向こうの跨線橋が凍ってパニックになって
以来だろうか。
これを見ていると、ここは信濃か奥美濃か、というような
感じさえして。

近所の特別史跡も次のような感じで、雪化粧。

昨日牡蠣小屋をやりながら、
「雪にはしゃいでるうちは子ども」
みたいな話が出ていたけれど、じゃ、朝から早起きして
寒い中こんな写真を撮りに出歩いている私は子どもかも。
昼が近づき、陽が高くなるにつれて、日なたの雪は
だいぶ消えたが、日陰にはまだまだ白いものがどっさり。
スキー場に行きがたくさん積もっていることを願い、
そして、ドライバーの皆さんが
スリップ事故に遭わないことを願いつつ、
私はなぜか、今からさらに雪が厳しいところに向かいます(^^;)