「お出かけ」カテゴリーアーカイブ

「やだ~、ビールとつまみしかないのぉ?」

2日間の大道芸W杯、楽しみは「見る」のほかにも、
毎年のことながら「食べる」「飲む」!!!!
ということで、今年も2日間にいただいたモノの中から
いくつかを御紹介。



静岡に着いて最初に見に行ったポイント、常磐公園。
そのすぐ目の前に出ていた出店でいただいた
生ビールと牛すじ煮込み。
ハッシュドビーフっぽいルーの中で煮込まれて
柔らかく、そして味が十分に浸みた牛すじの美味なこと。
付け合わせのマッシュポテトと共にビールで流し込む。
「うまい!!!!」
(ちなみに大会公式店ではないため、プレモル。)
続いては!?



翌4日(土)の朝一。
朝食、駿府(城)公園の中のキリンビアガーデン駿府。
「海坊主」が出していた「男餃子」!?
何が「男」なのかよくわからないが、
昇り途中のまぶしい陽光を受けながら、
ニンニク強めの餃子でビールをいただく(^^;)
日常、朝からこれをやっていれば依存症なのかもしれないが、
正月、お泊まりスキー、お祭り、そして「大道芸」の日
ぐらいはいいんじゃないかなぁ(^^;)



そしてキリンビアガーデン駿府、東海軒の「静岡おでん」。
実は初日の夜もこれをいただいており、すっかり「主食」。
この手の店ではなかなか野菜や食物繊維をとれない中で
貴重だ。
静岡おでんならではの黒はんぺん、そして牛すじ。
よく浸みた味と青のり入りのだし粉との相性が抜群。



〆は気仙沼ホルモンの煮込み。2日目夜にいただいた。
本来は焼いていただく気仙沼ホルモンだが、
ニンニクとみそを絶妙に合わせたタレの中で煮込まれ
味がよく浸みて、ビールが進む味わいになっていた。
ホルモンもコリコリのいかにも腸、という部位だけでなく
レバーっぽい柔らかい部分もバランスよく入っていて
食べるたびにいろいろな食感を楽しめる出来。
満島ひかりでなくても「あー、幸せ!!」ってなること
間違いなし(^^;)

ってことで、ご飯モノ抜きでつまみとビールばっかじゃん、
と言われそうだけれど、実際2日間米飯は食べなかったし、
それも大道芸の楽しみということで。
ただ、昔に比べると、
「食べられなくなったなぁ・・・。」
ちょっと寂しい・・・。

またここに帰ってこよう・・・。

さすがに2日間見っぱなしだと、贅沢な悩みだが、疲れた。
でも、今日これだけ天気がよくて最終日だというのに
自宅にいるのもどこかさびしい。
(仕方ない。明日から始まる怒濤の一週間に備えて養生。)
ってことで、昨日を振り返ってみる。



メレシンブラザーズ、ロシア。
筒の上に板を乗せ、バランスを取る技に息をのむ。
また、ただのアクロバットではなく、笑いの要素もあり、
楽しいひとときだった。



望月ゆうさく、地元静岡市出身。
子どものころこの大道芸W杯を見てこの世界に入った
まさにこの大会が生んだアーティスト。
ジャグリングの歴史をたどりながら未来につなぐ作品を
市民文化会館前の会場に大勢の観衆を集めながら演じ、
まさに「凱旋公演」となった。
キレのある動きが素晴らしかった。



コミックトリオ エクイヴォキー、ウクライナ。
ちょっと昔のドリフのようなコメディやアクロバット、
様々な要素が混じった「ショー」は笑いであふれていた。



桔梗ブラザーズ、日本。
彼らを見るのは何度目だろうか。
しかしその都度実感するのは、進化だ。
ディアボロやクラブを扱う動きは、見るたびにキレが
増していて、圧倒される。
また、2人のシンクロした動きもさすが兄弟、
息の合い具合がばっちりだ。美しい。



前年チャンピオン、リウェイ、中国。
一本のワイヤーロープの上を自由に躍動するすごさ。
どうしてこの上で逆立ちや一輪車ができるのだろうか。
昨年は見逃していたが、ナイトパフォで満喫した。

米屋遊、日本。
ナイトパフォの〆、つまり今年の〆にするにあたり、
札の辻で行うKANA∞と青葉公園で行うこの米屋遊、
どちらを見てお開きにしようか、と悩んだ末、
前夜KANA∞を見て、十分元気もいただけたということで
今夜は米屋遊の方を見て、今年を締めくくることにした。
結果・・・、「楽しかった!!!!」
炎を使ったパフォーマンスがホント大迫力!!!!
また、合間合間に挟むMCが絶妙におもしろい!!
驚き、圧倒され、腹から笑い、あっという間の30分だった。

まだ「祭り」は続いているのに静岡を背にする寂しさと
冒頭にも書いた「楽しみ疲れ」に包まれ、帰路に。
また来週から、がんばろう。
そして来年もこの場所、空間に戻ってこられるように、
心身共に健康でいよう、心の底から切にそう思った。

俺達は流れ星 これからどこへ・・・?

キリンチャレンジカップ2017
日本代表 2-1 ニュージーランド代表
@豊田スタジアム(TV)

オセアニアのレベルって最近急上昇したとか?
ってことはないよなぁ。
さすがに大陸間プレーオフに臨むとかかもしれないけれど
それにしてもあれだけ攻めあぐねるってのは
いかがなものかと。
こないだの磐田以上に形ができてないって。
まぁ、よかったのは小林祐希が一応、あの体制に
フィットして結構いい動きだったことぐらいかな。

ってことで、あまりいい話題もないので
先週すみだ水族館で見てきたお魚で癒やされてください。



これってもしかして、ナポレオンフィッシュ?
それからもう一つ、ほい。



すみません。名前がわかりません(^^;)
でも、癒やされるでしょう。(癒やしを求めてるなぁ。)

遠征のないお盆。

本来なら、吹田に行く準備を整えていたはずだった。
しかし、この13日のガンバ戦は、ガンバ大阪側が来場者に
特別ユニ(我々で言うところの「真夏のナントカ」かな?)
をバラまくということが関係しているからなのか、
1か月以上前からチケットは完売という状態で、お手上げ。
発売日を、そしてそういう事情を知っていれば、と
悔やまれる。
その後、チケットぴあの「モアチャンス」なる、
残券の抽選販売に申し込んでみたり、
ヤフオクやチケットキャンプなども覗いてみたりしたが、
ハズレだったり、冗談みたいな値がついていたり。
ワールドカップなど、ここぞというゲームだったら
考えたかもしれないが、Jリーグの1節にそれだけの金を
掛けて、「プロのチケット屋」に儲けさせるのも
いかがかと考え、確保していた大阪の宿はキャンセルして
今節は自宅観戦にした。
こうなると、急にやることなくなっちゃうんだよな。
自宅のお盆準備を手伝うとか、そりゃ確かにあるのだが
やっぱり仕事で休みが取りやすい時期に出かけられないと
いうのはどこか虚しい。
ということで、早寝早起きして世界陸上を見たり、
(織田裕二、テンション今ひとつ低くない!?)
制作途中でストップしていた過去の観戦記を仕上げてみたり。
1年前の福岡遠征記を仕上げながら、
去年の楽しいお出かけを懐かしんでみたり、
今年の5月の連休の甲府遠征記を仕上げながら、
やっぱりお泊まり遠征って楽しいよな、と思ってみたり。
まぁまとめてみましたので、よろしければ
楽しかった記憶を見ていただければと思います(^^;)



※「Trip to the stadium」はこちら。(上のメニューからも入れます。)



それにしても「行きたかったぁ」(^^;)

思った以上のグリプラ・ロス(SEASON 2)

先週末、川崎への遠征の後は都内に宿を取った。
お得意のカプセルだ。
しかし先日ここにもアップしたとおり、私の定宿だった
「グリーンプラザ新宿」は昨年末をもって閉鎖。
そこで、いろいろ探して他のカプセルを確保した。
都内のどこにも動きやすいような地の利を考えて、
これまで同様新宿に宿泊。しかし、ガッカリした。
あえて今回どこのカプセルを使ったかは挙げないが、
私のカプセルに求める条件、
・清潔でくつろぐことができる大浴場と共用スペース
・風呂上がりに生ビールが飲める深夜営業のレストラン
・静かにぐっすり休め、携帯の充電ができるカプセル
この一つ以上が「ダメ」だったということだ。
ただ、こうして失望すると、今さらながらではあるが
「グリプラ」の存在の大きさを思わずにはいられなかった。
翌朝、チェックアウト後に西武新宿駅近くの
「グリプラ跡地」を訪ねてみた。



もう建物は見えなかったが、解体工事はまだ完了して
いない様子で、仮囲いに囲まれたまま。
残っていれば、こんなに虚しい朝を迎えなかっただろうに
と、やりきれない気持ちがさらに高まってしまった。



こんな気分をaikoのライブに持ち込むわけにもいかないし、
いずれにしてもまだ半日近く時間がある。
ということで、その後をリニューアルしたばかりの
サンシャインシティ水族館を訪ねて過ごした。



「天空のペンギン」ということで、空を飛ぶかのように
ペンギンが泳ぐ姿を見られるのが人気だということで
訪ねてみたが、ものすごい人・・・。
確かにビルを背景に、頭上を泳ぐペンギンは、
自分が水中から見上げてるかのようで、見応えはあったが
こういうところは平日に休みを取ってくるものかなと(^^;)
ただ、少し気持ちをアゲて、夜のライブにつなぐことが
できた。

さてさて、次に東京で宿泊する時は、どこを使ってみようか。
新宿など西寄りターミナルを離れてでも、レストランなど
ホスピタリティがしっかりしてそうな宿にするべきか、
それとも、館内にレストランがないことを承知の上で
イマドキのおしゃれなカプセルにするべきか・・・、
「ポスト・グリプラ」探しは始まったばかりである。