「おいしいものを食べることは幸せ」カテゴリーアーカイブ

名駅でもう一度汗だく(^^;)

ライブが始まった時、aikoは言った。
終わった時、おいしいビールが飲めるように、と。
2時間ちょいのスタンディングライブでたっぷり汗をかき、
aikoの言ったとおりになるのと、遅い夕食をいただくために
名駅に戻り、ビールがいただける店を探す。
マック!? ビールおいてないし。
チャオ? 今はあんかけスパな気分ではないんだな(+_+)
エビスバー!? うん、エビスはいいよね。ただやっぱり。
ということで、一番奥まで進む。


やっぱりねぇ。なぜか足は味仙に向いてしまう(^^;)
席に座るなり、まずは生ビール。
そしてすぐに出てくる青菜炒めも注文。
ニンニクを効かせた香りのよい青菜という、
ヘルシーなつまみで生ビールを喉に流し込む。うまい!
うむ。これでaikoの公約は達成(^^;)
生をおかわりし、次に頼む主食をどうするか考えた挙げ句、


「!!」
いつも台湾ラーメンだから、今度味仙に行く時には
ご飯の上に辛味ミンチをのせた台湾丼にしよう、
と考えていたのに・・・
やっぱり台湾ラーメンを頼んでしまった(^^;)
この後、電車に乗るのに、どうしてニンニクが効いたものを?
あの食べてすぐでなく、じわじわ来る辛み、わかっててなぜ?
あれだけ汗をかいてきたのに、どうしてまた汗をかくものを?
避けるべきだとわかってるのに、ついつい手を出してしまう
中毒性のある辛さ・・・わかってるのについつい、なのだ。
もう一度汗をかき、充実した気持ちで帰路へ。
来月また名古屋に来る予定はあるが、その時こそ今度は
「台湾丼」にしてみたい(^^;)

濃くて深くて苦~いジェラートのことも。

あれからもう1週間・・・早いものだ。
今日も暑かったが、あの日も暑かった。
カブで駿河国を目指してツーリングに出た日が、
もう遠い昔のようにも感じられる。
でも、今年の夏の終わりのいい思い出だ。
あの暑い日、駿河国に足を(タイヤを?)踏み入れたこと、


藤枝で、頭にガツンと来るぐらい濃~くて苦い
抹茶ジェラートをいただいたこと、


相良でお風呂に浸かったこと・・・などなど、
こちらのページにまとめてみた。
旧サイトではいくつかツーリング記をまとめてきたが
このWordpress版の現行サイトにおいてもこれから
いくつもツーリング記をアップしていきたいが
その1つめ。
MY FAVORITE」→「MY SUPER CUB
ぜひご覧ください。

「夏季限定」

夏が終わろうとしている。
個人的には夏休み最終日の昨日、既報のとおり、金谷や
島田をカブで訪ねてきたが、その中でいただいたお昼がコレ。

麺屋燕。最近は袋井にも支店を出しているようだが、
やはり島田市御仮屋町でいただくのがいいかと。
バイクはいいねぇ。駐車場はいっぱいだったけれど
二輪スペースはバッチリ。
限定のあさりと海苔がトッピングされた塩味。
うむ。アサリの風味がしっかりと舌に届く。
しかし程よい塩加減と美味く折り合って角が立つことなく
細めのしなやかな麺と絡んでとてもおいしかった。
もう一つ、限定ラーメンを。

以前にも紹介した新居町駅前の「とんとん」。
夏季限定の冷やし担々麺。
胡麻風味のスープにさわやかな辛さ。
一方でその中にピリッとアクセントを出している酸味。
細麺がそれを美味く吸い上げて一緒に口の中へ。
肉味噌も美味。夏だけなんてもったいない。
(でも、冷やしだから仕方ないか。)
はやくいただかないと終わっちゃうよ(^o^)

大人の時間を楽しむことができる場所

夏は私たちの業界では「閑散期」にあたるので
少し長めの休暇を取ることができたり、
(それでも自分の場合は、休みでも時々顔を出すのだが)
ここぞとばかり飲み会が行われたりする。
そんな何回か行われた今月の飲み会の中で、一番よかった
と思える会の様子をアップしてみようと思う。
よかったお店は浜松市中区板屋町、ホテルクラウンパレス北の
「Ocean Bistro とぅくとぅく」。
実はここ、私が今回の会のためにチョイスしたのだが
随分前にも訪ねていて、店構えも料理の傾向も変わった様子。
(前回は2008年。その時は刺身など、和もあったような。
 もしかして、場所も変わってる!?)
現在ではイタリアンをベースとする洋風料理を肩肘張らずに
気楽においしくいただける、ステキなお店になっていた。


まず、最初に出されたこのバーニャカウダの彩りのよさ。
そしてシャキシャキ感。
かけていただくのはこれまた美味なソースとトリュフ。
(田舎者は既にここでノックアウト(^^;))
この後も、サバの燻製をトッピングしたポテサラとか、
ジューシーなローストポーク等進んで、極めつけがこれ。


贅沢なブイヤベース(^^;)
白身にたっぷりとアサリや野菜の旨味もしみこんで、
かむたびに何とも言えない幸せ気分。
お店の空間もシックでありながら、堅苦しくなく、
程よく「着崩した」ようなおしゃれ感がとてもいい感じ。
地元の素材を大事に、手間暇かけてる感が伝わってきて、
ぜひまた行ってみたいお店となった。
今回のメンバーの中では私が最年少だったのだが、
気さくな先輩方と楽しく、和やかに話をしながら、
素敵なひとときを過ごすことができた。

酷暑の中、半周歩いて挫折。デカい。

今回の関西遠征は、吹田でのナイトゲームだったので、
最終新幹線に間に合うことが厳しく、お泊まり遠征に。
ということで、空いている2日間の昼間はいろいろお出かけ。
1日目のゲーム前はこちら。


何だかわかります!? じゃ、もう一枚。


どこの神社だよって!? 神社かといわれると、ううむ。
確かに、祀られてる人は神格化されてるし。
でも神社かと言われると・・・。


上からの画像。でもやっぱりわからないかなぁ。
これは堺市役所の展望室からの画像というのがヒントかな。
イマドキの教科書的名称は「大山(大仙)古墳」。
堺市などが用いてる呼称は「仁徳天皇陵古墳」。
誰もが子どものころ、歴史の学びの入口で出会っているはず。
いずれにせよ世界最大級の墳墓で、周辺の古墳群と共に
この夏、世界文化遺産として認められた、あの前方後円墳だ。
周辺は開発が進んでいるが何とか保存、管理を期待したいし、
可能であれば調査研究、そして堀の水質浄化を進めてほしい、
ちなみにこんなものもいただいてきたよ。


JR百舌鳥駅近くの「花茶碗」。
引き戸を開けてビックリのこぢんまりしたお店。
おしゃべり好きなおばさんと、お手伝い好きのお孫さんで
やってる、アットホームな空間だった。
商標登録されてるというここならではの「古墳カレー」。
いただいてみると、程よい辛さに深いコク。
聞いてみるとリンゴ、バナナ、そしてこの季節はイチジク、
ほかいろいろ、すりおろして入れているとか。
いやはや、おいしくいただきました(^^;)
これから大勢の人が押し寄せるでしょうが、それと真逆の
このほのぼのとした空気感の中で頑張っていただきたいです!