「おいしいものを食べることは幸せ」カテゴリーアーカイブ

ワインと偶然と野沢の夜

2日間とも昼間はガスってる中で滑って船酔い状態になるなど
いろいろ大変ではあったけれど、夜が楽しいのが野沢温泉。
夕食付きの宿を取っていたため、まずは美味しくいただき、
その後は散歩を兼ねて、野沢初体験の後輩たちを連れて
まずは源泉である麻釜見学。


その後は街ブラと外湯めぐり。


今回は温泉街近くの大湯で一風呂いただいたのだが
ここでビックリしたのは、大湯の入り口を開け、
振り向きざまに同行の後輩に話しかけようとしたところ、
そこにいたのは、2年前まで今の職場にいた別の後輩!?
何でも大学時代の友人と一緒に来たのだとか。
あまりにもすごすぎる偶然にあっけにとられてしまいながら
一緒に熱湯風呂(!?)に浸かった。
その後彼と別れ、大湯の出口を開けると今度はその外に、
以前、近隣や大学の附属機関で同じ仕事をしていたが
こちらでの仕事を辞めて姫路市にUターンしていった
これまた別の後輩と合流。
こちらは、今回全く同じスケジュールで野沢に来ているのは
事前に知っていて、風呂に入る前に連絡を取っていたので
先ほどのような全くの偶然というのとは事情がちがうのだが、
それでもこんな再開は珍しく、会うのも約1年ぶり。
どこかでのみながら話そう、ということになり、
通りかかって気になっていた大湯前のこちらへin。


「狸」っていう店で1階はレストラン、地下はバーのよう。
今回は、通りから見えていて「安心」なレストランの方へ。
私の同行の後輩とも早速打ち解けて近況や昔話トーク。
申し訳なく既に夕食を宿で食べてきたので、
料理はつまみ程度のものしか頼まなかったが、
ボトルのワインを開けてステキな時間を過ごした。
お客さんは3/4が外国人かなぁ。
どこか外国にいるみたいで、温泉街の雰囲気ともちがうが
浜松や豊橋にはないこの空気感はある意味非日常的で、
別の意味で「野沢温泉の夜だ」と感じられるように思った。
機会があれば(っていつだよ!?(^^;))
地下のバーも試してみたくなった。

やさしさとインパクトと。

年末に入り、大きな仕事が一区切りついたので、
ここらで最近いただいたラーメンをいくつかアップ。


まずは遠鉄百貨店の全国らーめんリレー。
先週まで出店していた、大阪の「JUNK STORY」、
「煌めきの塩そば。」
副題に「地鶏とハマグリの極上出汁」とあるとおり、
なるほど、鶏ベースの塩味に貝の香りがガツンと来る
透き通った美味しいスープだった。
中細でもちもちの麺、そして柔らかなチャーシューと、
大変美味しくいただいた。
こちら、しばらく塩ラーメンの出店が続いていたのが
これで途切れるのが少し残念でもあるが、
次の店をまた楽しみに、足を運びたいと思う。
続いて。


豊橋・向山の上立合橋北の交差点から少し西に入った所。
岡崎に本店をもつ「らーめん 日本晴れ」の豊橋店。
初めて入る店では、大体その店の定番メニューにするのが
常だが、今回はメニューの表紙あたりの写真がインパクト大
ということで、12月から始まったという季節限定メニュー、
「八丁味噌バター コーンポタージュ仕立て白」をいただいた。
これは・・・、スープの一口目は全くの「洋食」。
ポタージュの味に溶け出したバターの風味が完全に欧州だ。
麺は確実にラーメンだが、どこかパスタをいただいている感じ。
しかし、食べ進めるうちに味噌の香りが漂い始め、
一通り食べ終わる時には豚骨ベースのみそ味をいただいた、
という感じで〆られるという印象だった。
一緒に行った後輩は赤を注文。スープを少しいただいたが、
こちらは少しピリ辛感があり。味にアクセントを感じた。
カクキューの八丁味噌を使っているそうだが、
コテコテ感もなく結構マイルドなのはブレンドが絶妙なのか。
いやはや、驚きの一品だった。
今度訪れる時は、ぜひ定番メニューもいただいてみたい。
最後は。


豊橋・二川の「麺屋 陣」の鶏ガラ塩ラーメン。
休暇中、職場に一度顔を出した後、立ち寄ってみた。
あっさり、おだやかな味の安心していただける塩ラーメン。
程よく香る鶏の味がとても優しく、麺もクセがなく美味。
周囲にはそのおだやかさ故に、パンチを求める声もあるが、
私はここはこれでよく、長くつきあえるいい味だと思う。

待ち遠しかった週末

先週末、aikoの大阪ライブの後は新幹線もないので、
2週連続のカプセルホテル泊に。(意外と好き(^^;))
翌日、朝風呂を浴びてからチェックアウトして、
「ブランチ」をいただきにうかがったのは、こちら。


大阪、梅田の「インデアンカレー」。
もう10年近く前からその評判を聞きながら、
なかなか訪れることができずにいた店だ。
先日、テレビ番組で見たのを機に、今回こそと来店。
テレビで見た時と同様に「たまご」を加えてみた。
第一印象、今ひとつ、旨味が・・・。
ちょっと甘口っぽいし・・・って!?
「!!!!」
それほど辛くもない、と思ったのもつかの間、
口の中で味変!!!! 辛口に転じたのだ。
ただ、ジャワカレーじゃないが、「さわやかな辛さ」だ。
ポッと来てさっと引く、しつこくない辛さ。いい。
このスパイシーさなら、食欲が刺激されて
大盛りでも行けるかも、などと思ってしまった。

ブランチ後は京都へ。
もしかして暖冬だからまだ紅葉が見られるかも、と
甘い期待をして南禅寺や永観堂へ向かってみたが・・・。


さすがに「終了」かな(^^;)
ところどころに「名残」は残るものの、寂しさを感じる紅葉。
次回は人が多くてもピーク時に来たいな、と思った。
最後に。


京都に来たからにはここに寄らねば、と清水寺へ。
改修中だったのは残念だが、
これはこれで修理の様子もうかがえて好機だったかなと。
いつか、このカバーが外される時を楽しみに待ちたい。

ホントにものすごい先週末だったな、と今さらながら思う。
実は、金曜日は仕事で高槻市にいた。
翌日にaikoのライブが大阪で、ということだったので
当初は金曜日は京都に宿泊し、日中少し京都を楽しんで
翌日夕方、フェスティバルホール入りできればと思っていた。
しかし、最終節の終了間際の逆転負けで、事情は変わった。
土曜日の磐田のゲームのために、金曜夜は自宅に戻り、
運命の一戦を観戦するという、関西と遠州の往復を強いられた。
その時は気持ちは高揚していたのでよかったが、
さすがに今週は身体に堪える。
やってきた週末、寝放題の週末、嬉しい(^^;)

お店に行きたきゃJ1残留!!

遠鉄百貨店全国らーめんリレーも、早くも第13区。
実は開始以来第11区まで、全区間完走の皆勤賞だったのだが、
前回の12区が諸事情で食べられず「棄権」してしまったため、
「繰り上げスタート」という感じだろうか。
今回は埼玉県川口市の「自家製麺 竜葵(ほおずき)」。
この店、今月14日から出店しているのだが、
実は既に2度来店。それぐらいお気に入りだ。
いただいたのは「名古屋コーチン極上塩らぁ麺」。


クリアな、それでいてしっかりした塩味。
名古屋コーチンの旨味をほのかに感じさせつつ、
背景に「節」の香りを漂わせる絶妙のバランスが何とも。
麺も雑味がなく、スープとよく絡むというよりは、
程よく吸い込み、それでいてふやけることなく、
いい食感を保ちながら、共に舌の上、そして喉へ。
最終の12月3日(月)までにもう1回、とも思うが、
今週末土・日はお泊まりで川崎遠征を考え中・・・、
無理かな。
来季、浦和遠征か、大宮がJ1に上がってくれば
NACK5に行く際に川口の店に寄れたら・・・って!?
「そもそも、うち、磐田は来季もJ1でやれるのか!?」
まず、そこからか。

ゴーヤチャンプルにオリオンの生は魅力(^^;)


職場の第6セクションが大きな事業を終えたので、
豊橋の駅近くにある「おきな和料理 島々」というところで
ご苦労さん会があり、声を掛けていただいて顔を出した。
私たちがいただいたのは、忘年会向けかな、コース料理。
絶妙にうまい、豚と野菜の味噌鍋を中心にして、
(おそらくこれは沖縄料理ってわけじゃないよね(^^;))
ゴーヤチャンプルやミミガーなど、琉球名物も堪能。
ビールはもちろん、オリオンビールの生。
泡盛も各種取りそろえ・・・なのに・・・、
仕事が長引き、車で行ったため飲めず、残念すぎる!!
訳あって、その日は代行を使うこともできず、
ぜひまたいつの日か改めて、この店をリベンジしたい、
と心に誓うのであった。