「おいしいものを食べることは幸せ」カテゴリーアーカイブ

まさにビアガーデンシーズンなのに



緊急事態宣言解除でも外食・外飲みOKって空気じゃないが故
(これについてのボヤキはまたいつか改めて。)
もうしばらく「おうちビアガーデンMT」は継続。
先週雨だったので久しぶりの開店。今日は駅前のとんとん。
レバニラ、麻婆豆腐に焼売をテイクアウト(^^)/
レバニラは柔らかなレバーにたくさんの野菜。
下味の付け方が絶妙なのか、臭みは気にならず
ほんのりピリ辛で美味。
そして麻婆豆腐。
辛みはもちろんあるのだが、しつこくなく爽やか。
そしてどこかまろやかな風味が舌の上に残る。
またいただきたくなるおいしさだ。
焼売はお肉ぎっしりで旨味の感じられるあんが美味。
大ぶりで食べ応えも有り。また頼んでみたい。
外を吹く風も爽やかになってビアガーデンにはいい季節。
遠鉄百貨店やアクト、パルシェの屋上、名古屋のマイアミ、
今年は行われるのだろうか・・・。

家へ急げと、香りが言う(^^;)


週末恒例の「おうちビアガーデン」も第6弾。
今回は、かに伝さんから「鶏の照り焼き」と「手作りメンチ」
をテイクアウトさせていただきました。
鶏の照り焼きは、何とも言えない食欲を誘うタレの香りが
お持ち帰りの時から私の鼻をくすぐり、足を急かす感じ。
ビールと共に口へと運べば、それは最上級の幸福感。
お肉もとても柔らかい(^^;)
これはオンザライスしても最高だと思いました。
手作りメンチもサクサクで、これまたビールが進む
しっかりした味付け。素敵なひとときとなりました。
こちらのお店は、この近くで仕事をしていた頃は
何度かスタッフとうかがわせていただいていたのですが、
職場が変わって離れてからは機会が減ってしまい、
いつぞや、ツーリング(ドライブ?)後の反省会に
友人と訪ねて以来。
情勢が落ち着いたら、ぜひまた訪ねてみたいです。
ごちそうさまでした(^_^)v

今度は焼酎を用意して。

連休もいよいよ終盤。
昨日の自室に続き、今日は家の他室のエアコン掃除も行い
その「慰労会」として、「おうちビアガーデンMT」を
特別開催(^^)/
今回は、のみたべ屋 十割そば 丸浅さんからテイクアウト、
「だれやめセット」をいただきました。

「だれやめ」というのは南九州の方言で晩酌のことだそうで
だれ=疲れ、やめ=止める、1日の疲れを癒やすとのこと。
なるほどと思いいただいてみましたが、まさにそのとおり。
まず、さつま揚げが絶妙(^_^)v 柔らかく中の具材も美味。
揚げ物なども大変おいしく、お酒が進みました(^^)/
今回は電話で注文しましたがSNSでのオーダーもできるそう。
ありがとうございました(#^.^#)

それはまだ「自炊」に挑戦していた頃の記憶。

先日テレビで、このコロナショックが大学生の生活に
どんな影響を与えているかを取材したニュース番組の中で、
私の母校の構内で学生に取材した様子が放送されていた。
バイトがなくなって困っているとか、学費に困っているとか、
本当に大変なんだろうな、と思う。
また、新入生がまだ仲間と十分つながりをもてていないと
いったことも話していた。
思い出してみて、私が入学したばかりのこの時期と言えば
初めての一人暮らしで毎日が新しいことの連続だったし
その後長く続く友人たちとの出会いの連続でもあった。
そんな中で思い出される料理は、「回鍋肉(ホイコーロー)。
まだ同じ高校から進学した友人ぐらいしか仲間がいないころ
彼の家で作ってみた料理の一つ。
キャベツとピーマンと豚肉を買ってきて、切って炒め、
Cook Doを絡ませたぐらいなのだが、強く印象に残っている。
連休初日、「おうちビアガーデンMT」のメニューは
そんな思い出深い料理と春巻を「とんとん」テイクアウトで。


野菜のシャキシャキ感、肉の旨味、
しつこすぎない甘辛感のある深い味のタレ。
パリパリの皮の中にしっとり濃いめの味付けの具材の春巻。
ビールによく合う二品と共に、さわやかな5月の夕方を
楽しむことができた。

そんなおうちビアガーデンの今日のBGVはこちら。

結局、学生時代は一度も食べたことはないのだが。



大学時代、仲良くしていた友人が住んでいた部屋の近くに
「板屋商店」という深夜営業の店があった。
当時24時間営業のコンビニの参入を拒んでいた静岡市では
珍しく深夜2時までビールやおつまみを販売していた店で
よくその店でビールやおでん、つまみ菓子などを購入して
友人の部屋で夜が更けるのも忘れて飲み明かしたものだ。
その店にはいくつか私が「食」について驚くものが
置かれていたのだが、その一つは黒はんぺんのおでん。
まだ「しぞーかおでん」などというものが
ご当地グルメとして有名にになる前のことだったが、
冷たいままわさび醤油で食べるか煮物に入れるかしか
知らなかった私には、おでんの具材として黒はんぺんを
使うということが、ある意味衝撃だった。
(ちなみに、我が家は母親が尾張の出身のためか、
 以前から黒はんぺんはあまり食卓になじみがなく、
 おでんで鰯ものと言えば、「いわし玉」だった。)
その店に何気なく置かれているもので、もう一つ
黒はんぺん料理で気になっていた存在が「フライ」だった。
「黒はんぺんを揚げる」というのも私の常識外だったのだ。
ただ、その店ではいつもつまみにおでんを買ってしまい、
私の記憶が確かなら、そこでフライを買ったことはない。
しかし心の中でどこか引っかかっているものだった。
その後大学を卒業して地元に戻ってからは、これに
お目にかかることはないままこの歳まで過ごしてきたが、
数年前、地元の惣菜チェーン店、知久屋で見かけた時に
「!!!」と思った。
「板屋で見た、黒はんぺんフライだ。」
1枚80円というお値段もお手頃で、それ以来私にとって
定番のおつまみとなった。
今日は土曜ではないが、「大型連休イブ」ということで
特別に仕事の後「おうちビアガーデンMT」、開店(^^)/
肉厚で風味よく、ビールと共においしくいただいた。
こうして空を見上げながら一人で飲んでると、
なーんもなく、穏やかなトワイライトタイムなんだけれどね、
どうして世の中こんなことになっちゃってて、
どうしてまた「延長」なんてことになりそうなんだか。
「総理、専門家のみなさん、ぼくたちが悪いんですね、
 ぼくたち日本国民が家でおとなしくしてなかったから
 お仕置きが伸びたんですね。」
ってか!?
ねぇ、上から目線の8割オジサンよ゚~ヽ( ̄Д ̄*)