「いろんなスポーツ」カテゴリーアーカイブ

明日は明日でビッグニュースがありそうなのでぶっこんでみた。

先週末はホント、いろいろなことがあったねぇ。
よかった順に手短かに行ってみる(^^;) まずはこれから。

2020全米オープンテニス 女子シングルス 決勝
大坂なおみ 2-1(1-6,6-3,6-3) ビクトリア・アザレンカ
@アメリカ合衆国 ニューヨーク市
USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター
(TV)


朝起きて、寝ぼけたままリモコンでWOWOWを出す。
決していい流ればかりではなかったんだよね。
途中は見ていて磐田のゲームのようにじれったくなってきて
チャンネルを変えてみたりもした。
でも戻すとしっかり立て直してたりして、
こりゃ、しっかり見ないと、と気持ちを入れ直して。
そして2度目のチャンピオンシップポイント、
アザレンカから返されたボールがネットにかかった瞬間、
何というか、安堵。よくやった───ヽ(〃∀〃)ノ───!!

二つめ。
おうちビアガーデン。今回は遠鉄百貨店デパ地下いとはん。


最近、暗くなるのが早くなってきて、18時過ぎると
何か慌てて飲んだり食べたりしなきゃいけない感じで
ちょっと慌ただしいかな。
気候は一時期の「ど暑い」のがなくなってきたんだけど。

で、3つめ。
2020明治安田生命J2リーグ 第19節
磐田 0-0 長崎 @トランスコスモススタジアム長崎
(streaming)

「ゼロの男」継続中(◎_◎;)
決められない、勝ちきれない、かっぱえびせん(+_+)
今年は5年に1度、繁忙期に3連休が取れる歳で
ここも3連休取っての遠征先の候補だったんだけれどね(-.-)
(もちろん、1位は琉球だったんだけど(*_*;) )
コロナのおかげではるばる九州まで行ってメゲずに済んだって
ところかなヽ(゚Д゚)ノゴルァァア!!

あえて昨夜の話題には触れてない!?



しばらく、といっても数日でしたがこのサイトを離れていたら
その間にカウンターが100,000をカウント。
50,000が2017年2月なので、3年半で50,000を数えたことに。
17年半やってきましたが、訪ねていただいた方に感謝です。
何とかここまで「炎上」なくやってこられましたが、
今後も「炎上」「不祥事」に気をつけつつ、
それでも言いたいことをボヤいていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

そして夏休みは終わりましたが、今日は訳あって休みでした。
で、夏の間に試しておきたかった「これ」を試しました。


スケボー(^^)/
学生の頃に少しやっていたのは意外と知られてないようで
久しぶりにまたやってみたかったのに、当時の板を紛失。
ということで、昨年の増税前に衝動買い。
その後、物置を整理したら学生時代の愛用のものも出てきて
いきなり2つの板を持て余すことに。
ただ、なかなかやる時間と「場所」がなく、
(この場所がほんとにない。今では他人の駐車場や道路で
 やるわけにもいかず、近くに埠頭もないし(^^;))
浜松市内にスケートパークもあるけれど、いい歳して
また下手っぴいなのに、若者の中に入っていけるわけもなく。
ってことで、平日午前のガーデンパークサイクリングロードで
誰もいない中、一人で汗だくになってました(^_^)v
まちがっても休日人の多い中ではみっともなくてできないので、
次にできそうなのは休日出勤の代休の日か、
冬休み入ったばかりあたりの平日かな・・・。
ちなみにGoProもどきのApemanを持って行った結果が
こちら(^^;)

恥ずかしながら、アップしました(^^;)

これに続け、Jリーグ。



セントラルリーグ 開幕戦
読売 3-2 阪神 @東京ドーム

このくにに、まずプロ野球が戻ってきた。
ナイトゲームを見ながらビール、という
日本の春・夏の光景が戻ってきた。
「無観客」というのが寂しいところだが、まず第一歩。
来週末のJ2再開もまた楽しみになった。

別に私は「支持球団」はないのでどこが勝ってもいいのだが、
ただ心の片隅に「ナベツネ・アレルギー」が残っているので
「逆転かよ(◎_◎;)」という印象ではあったが・・・。

「見えない敵に負けた」のは誰だ!?

「ボールが転がっている限り、世界は平和だ」
以前にこの言葉をこのサイトで使ったのは、16年前。
2004年の2月。イラク復興支援試合として開催された
旧国立競技場での日本・イラク戦を感染した時の記事。
その時は、イラク国内がまだ落ち着きを見せない中
各国はもとより自衛隊も現地に派遣される中で、
それでもサッカーが普通にできているうちはまだ大丈夫。
そういう意味合いだったと思う。


昨日の新聞たち。
ボールが転がる「平和な日常」が、また遠ざかった。
そして今日は選抜高校野球の中止が決定。
3.11から9年。あの時と異なり、今回は見えざる、
そしていつまで、そしてどこまで続くか見えない相手。
震災と異なりエリアが限定されているわけでもなく
世界中あらゆる場所が先も読めず危機にさらされている。
ただ、見えない、わからない相手であることから
人々の間の不安ばかりが大きくなってきていて
この国の何かがおかしくなっているようにも感じる。
センバツ中止のニュースに、選手もおもんばかることなく
匿名をいいことにいかにも「正義」を振りかざして
「上から」コメントを書き込む者。
袋井で県内2番目の感染者が出たということについては
確かに症状が出ているのに神奈川からノコノコやってきた
その人には、私もいかがなものかとの思いは持っているが
それでも「よくもまぁ」という内容をつぶやく者。
ほかにも、あれだけ言われているにもかかわらず、
杏林堂のトイレットペーパーコーナーは空っぽだし。
創世館の監督が「見えない敵に負けた」って言ってたけれど
見えない敵に負けたのは選手たちでも監督さんでもなく、
・・・・じゃないかな。

新国立に言いたいことはあるが、まずここで試合ができる磐田に戻すことだ。

大学ラグビーに特別関心が深いわけでもない。
しかし、新国立競技場で決勝開催となれば話は別だ。
元日の天皇杯のチケットも取れなかったし、
だったら行こうと考え、発売初日にチケットをとった。
同じことを考えた人がどれぐらいいたのか、
それともラグビー人気がまだ続いているのか、
はたまた伝統の早明戦になることをみんな予想したのか、
チケットはあっという間に完売しプラチナチケットに。
そんなところに申し訳なく「にわか」の私がお邪魔した。


ホントに久しぶりに信濃町駅で下車する。
駅を出て歩道橋に向かう。この景色、変わっていない。
ここの階段を上がりながら、期待と緊張が高まっていく。
この思いも変わっていない。


外苑の絵画館前広場方向に曲がる。
向こうにスタジアムが見える。景色がちがう。
あの懐かしのバックスタンド、そして聖火台は見えない。


青山門前。ここは建設中に来たことがある。
しかし、あの時クレーンが動きダンプが出入りしていた
フェンスの中には今、完成した新しい競技場がある。
そう、確かに私は「コクリツ」にやってきたのだ。


小ぎれいになったがやや狭い「青山ゲート」を入り、
コンコースを歩く。きれいなコンコースだ。
しかしスタンドに出ようとすると・・・、
「狭っ」
コンコースからスタンドに出るゲートの通路幅も、
そこから座席までの通路も激狭。
スタンドへのゲートはたくさん設置されているので、
あらかじめ指定席を取っていて、入るゲートが指定され、
そこから迷わず席まで行くことができればいいのだが、
自由席で「この辺から入ろうか」とぶらっとゲートを入り
どこかにいい席ないかな、と探し歩くには絶対狭い。
歩いてすれ違うこともできず、ヤマハスタジアム以下だ。
おまけに座席のシートピッチはこんな具合。


ちなみに「欧州基準」ではこのシートピッチは普通だ。
かつてのアーセナルの本拠だった旧ハイバリーも、
ドイツW杯で訪れたカイザースラウテルンも、
その他DAZNで見る海外のスタジアムも大体こんな感じだ。
でも、20世紀に建てられたスタジアムならまだしも
21世紀から22世紀にかけて向こう100年使うことを
想定して建設された新スタジアムがこれでいいのか!?
もっとも旧国立も前回の東京五輪時は詰め詰めだったが
その後席数を減らしてゆとりをとったということもある。
シートピッチ等は五輪後どう改修するのかを見守りたい。


確かに満員になったスタジアムは壮観だ。
この中でプレーできる選手はこのこだまする歓声に
横から上から自分に注がれる視線に身震いすることだろう。
スタジアムとしては本当によくできている。
フランスW杯最終予選カザフスタン戦、中山のゴールを
旧国立のほぼ最後列から見た私からすると、一言。
「近い!!」
これは間違いない。声の響きも最高だ。
ただ、迫力はいいが、このぎゅうぎゅう詰めぶりは
ブラジルのマラカナンかというぐらいかも。


「森のスタジアム」!? 鉄骨を木でカバーしてるだけじゃん。
地震時に外れて落ちてこないか、逆に心配。
完全に作り手の自己満足。この経費を他に回したかった。


ネットでサポ分断と噂の「ゲート3」と不思議なひな壇。
ゲート3はマラソンゲートにしたかったんだろうね。
ここを鈴木亜由子ちゃんがトップでくぐってくるとか。
でも札幌移転でそれは妄想となり、もはや無用の長物。


幸いこのゲートのために見切り席が出ることはないし
ゲート反対側も見えるし「サポ分断」というほどではない。
ただ一体感に水を差されるのは確か。五輪後の改修希望だ。
不思議なひな壇は五輪陸上競技時のゴール撮影用だろう。
造りも仮設っぽくおそらく五輪後には撤去されると推察。
ただ、座った人が気の毒だな。


天皇杯でここに座った鹿島サポには同情するし、
開閉会式などでここの席が当たった人はかわいそうだな。


正直造りは安っぽくでエコパみたい。(通路はエコパ以下。)
トイレも場所がわかりづらく、言うほど増えてない印象。
鉄骨むき出し、仮設感丸出しで、どうみても安っぽくて
100年使うレガシーにはなれないかな。
あと、やたら木を使って「自然感」を出してるけれど、
防腐剤やら塗膜塗り直しやら、メンテが大変そうだし。
ただ至る所にモニターがあって、売店やらトイレに
並んでいる人がゲームを見られるのはいいし
Wifiについてはあれだけ満員でもサクサク快適で、
重くなるだけのどこかのスタジアムとは大ちがい。
これは評価できる。
使い重ねていく中で私たちも使い慣れてくるのかもしれない。
そのためには・・・早くここに立てるように、
磐田もJ1に戻るとともに、毎年元日にここを目指せるように
クラブが生まれ変わる必要がある。
代表戦もまたここでできるようになると行きやすくなるかな。
そうだ、一応、ゲームにもふれないと(^^;)

第56回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 決勝
早稲田大学 45-35 明治大学 @国立競技場(Live)


所詮「にわか」なのであまり大きなことは言えないが、
早稲田の守備が堅く、前半明治が前へ出られなかったこと、
早稲田の飛び出しが絶妙だったこと。
後半状況は一変したが、前半の貯金があまりに大きかった。