「MY SUPER CUB」カテゴリーアーカイブ

私にリベンジのチャンスを。

ここにもアップしたが、1か月ほど前、地元の同級生たちと
湖西市鷲津の久留米ラーメン屋で一緒に夕食を食べた折に、
久しぶりにカブ・モンキー・ベンリィでツーリングに行こう、
という話が出て、先週末の23日(日)に決行の運びとなった。
しかし・・・。



何だろな・・・6年前の悪夢、再び。
あの時も同じ場所を目指していて、出発して同じぐらいの
時間を走ったところで、同じような状況に・・・。
右カーブでお尻が左に流れる「微妙な違和感」。
悪い予感は的中で、その後数百メートルで「停止」。
結局、カブはショップへ強制送還し、
ツーリングは取りやめて、車で出かけることになった。
行き先は、今の大河ドラマゆかりの地めぐり。



龍潭寺。
何度も前を通りながら、実は私入ったことがなかったのだ。
小堀遠州のお庭っていうのも初めて見たが・・・。
「人大杉!!」
できれば、ブームが去った頃に静かにのんびりと
庭を満喫したい、と思った次第。
ほかにもロケ地めぐりやドラマ館などいろいろ回ったが、
やはり楽しみはこちら。



ドラマでは横浜以上の大都会のように見える気賀の町。
その高台、強烈な坂を登った上にある「ボンベイ庵」。
そう、あの肴町の伝説の「カリー屋」の御主人が
復活させたという懐かしい味を楽しめる店だ。
いただいたのは、予約で味わえるランチのコース。
タンドリーチキンやスペアリブの煮込みやナン、
そして3人で行ったのでチキン、キーマ、ビーフの
3種をシェアしての、あの懐かしいカリーライス。
タンドリーチキンやスペアリブは本当に柔らかく、
スパイシーなソースがよく浸みていて、美味。
そしてカレーはまさに「懐かし」の味。
おそらく、今各地に見られる「インド風」の店の
カレーとはまた異なる、どこか欧風テイストも感じつつ
(だからか、私はこの味はナンでいただくよりも
 ライスにかけていただく方が好きなんだなぁ・・・。)
絶妙のスパイス加減で異国情緒を感じさせる味。
懐かしうまい味を堪能した。

いつになるかわからないが、今度こそリベンジしたい。
私のカブでもこの店には行けるのだ、ということを
実証してみたい・・・。

山あいは摂氏18度、夏の終わり。

(BGMには山下達郎の「さよなら夏の日」をどうぞ。)
20150825shirahone

残念だ。
毎年恒例の「原2」(「原付」ではないよ!!)ツーリング、
本日決行の予定だったのだが、天候不良により断念。
行き先は2年越しの「伊勢神宮」だったのだが、
今日の三重県の天候を聞けば、中止は妥当な判断。
その代わり、と言えるかは何とも言えないが、
同じ仲間で「四輪での日帰り温泉ツアー」に切り替え、
車中にて話し合い、長野の白骨温泉に行くことになった。
今回は、川沿いの崖っぷちにある野天風呂ではなく、
乗鞍に続く道沿いにある泡の湯旅館を日帰り利用した。
白骨は私にとっては3度目の訪問ということになるが、
硫黄臭香る白濁湯を、源泉掛け流しという贅沢な環境で
ぬる湯でじっくり時間をかけて満喫することができた。
(生まれて初めて「混浴」というものも体験。
白濁湯だからか、皆さん特に抵抗感なく入っていた。)
休憩時間も含めて片道4時間以上という遠路ではあったが
アルプスを越えた(抜けた)甲斐があったというものだ。
帰りには旧奈川村の野麦峠スキー場入り口のそば屋で
今年できたての新そばのざるそばをいただき、
心地よい香りと喉越しを楽しんできた。
20150825new_soba

明後日からいよいよ秋の繁忙期が始まる。
それを控えて明日も出勤するが、繁忙期を前に、
リフレッシュしてスタートすることができそうだ。
ただ残念なのは、やはりツーリングができなかったこと。
台風め、来るならどうしてもう1日早めるか、遅らすか
できなかったのだ。
年に一度のロングなんだぞ。
いろんな意味でこの日に合わせて準備をしてきたのに、
何ともやりきれない。

仏法僧には会えず。

夏の終わりに毎年恒例の「原2ツーリング」がある。
普段あまり「ロング」に慣れていないということで
昨日、それに向けての「足慣らし」でも、ということで
鳳来寺山までカブを走らせてみた。
20150812horaijisan

151号までは普段奥三河の日帰り温泉通い等で慣れた道。
三遠南信道が名号まで通じたこともあって
車の量もさほどではなく、安心して走らせることができた。
そして山登りになる鳳来寺山パークウェイ、
元有料道路だけあって危険を感じる急カーブなどはなく、
快適に、体を傾けつつアクセルを開いて、
地面が斜めに流れていくのを楽しみながら
いくつものカーブをクリアし、駐車場にたどり着いた。
東照宮や本堂などを参詣して回ったが、
実はここまで昇ったのは初めて。
今回はここまでバイクで登ったが、雰囲気を楽しむなら
表参道から仁王門をくぐり、1,425段の石段を登って
山全体の空気感を感じるのがいいかな、とも思った。
とは言え、この暑い時期にはとても無理(^_^;)
登るならもう少し涼しい時期だろうな。

さてさて、少し勘も戻ったような気が。
ということで、下旬の伊勢参詣が楽しみになってきた。
何はともあれ、天気が心配。雨だけは避けてほしい。

(近日中に改めて、ツーリングの様子をサイト内の
「MY SUPER CUB」のコーナーにアップします。)

夏の終り(「終わり」じゃないのか!?)

(BGMにはオフコースの「夏の終り」をどうぞ。)

すっかり涼しくなった。
長崎からの帰路、車窓をぼんやり眺めていて気づいたのは、
往路には見られなかった彼岸花の群生だった。
たった3日の間に、季節は移り変わっていったのだ。
2014年の夏は終わったと言えるだろう。
本来ならもっと早くこちらに掲載するべきだったが、
夏なのに忙しく、放ったままにしていた夏の記憶を
少し振り返りながら載せてみたい。
20140802kakunodate

まずこちら。
8月初旬に出張で出かけた秋田の帰りに
立ち寄ってみた角館の武家屋敷だ。
確かに京都などと比べてみれば見劣りは否めないが
それでもこの寒さ厳しい北国での武士の暮らしを
うかがい知る、貴重な建造物群だと思うし、
街を挙げてこの街並みを大切にしようとする取り組みも
自分たちの住むまちづくりの参考になりそうな気がした。
続いてはこちら。
20140823chikubujima1

私の大学の同級生でこれを見て懐かしい、と思った人は、
かなり記憶力のよい人かも。
こちらを見れば思い出すだろうか。
20140823chikubujima2

そう。皿を投げて鳥居の間をくぐらせれば、
願いが叶うという、琵琶湖の竹生島だ。
大学3年の夏にここを訪れて以来の訪問となった。
琵琶湖は横を通過するばかりで、そこを訪ねるということは
あまりなかったが、久しぶりにこの空気感の中に身を置き、
20歳の頃、身の回りを包んでいた空気感を少し思い出し、
懐かしさをしみじみと感じると同時に、
時の経過を現実のものとして受け止めざるを得ない、
そんな覚悟を新たにした。
ちなみにその翌日にはこんなところも。
20140824hieizan

比叡山延暦寺。
健康・安全と平穏な日々がこれからも続くこと、
シンプルにそれらを願った。
最後はこちら。
20140825yusanji

夏休み最終日、カブで袋井の油山寺へ。
一応目の霊山として有名なお寺で、
まさかの衰えなのか!? とこのごろ気に掛けている
そんな自分の目の健康を願いつつ、そのほかにも
この夏に体調を崩した友人の回復も併せて祈願した。

もう、何だか神仏にすがってばっかじゃん(-_-)
でも、歳を重ねながら、どこか自分に不安を感じる、
そんなジェネレーションに入ってきたのかな、などと
思うと、また老け込んでしまいそうで・・・。

風を感じて美濃へ

「今年はどこ行く? 」がこの春からの合い言葉だった。
毎年恒例の、地元同級生との原2ツーリング。
その時期が今年もやってきて、昨年あたりから言っていた
美濃国、恵那市の岩倉城址に目標を定め、朝6時に出発した。
三ヶ日から愛知県へ、そしてR257経由で設楽を抜けていく。
ふだんスキーで通り慣れている道ではあるが、単車は別世界。
4つ輪で箱に入って何気なく通っている道でも、
二輪の場合はいろんな事に気を遣わなければならない。
路面の凹凸、倒し込みで曲がれるRかどうかの見極め、
予想外の低温に対応しての服の重ね着、
また原2ならではの悩みとして、パワーのある車と
流れに乗って共に走るか、追い越しをいかにさせるかetc・・・。
それでもその土地の、その道の空気感を感じながら、
単車では初めて走る道を楽しみながら、
単車では足を(タイヤを?)踏み入れたことのない美濃国へ・・・。
20130826mino_touring
20130826mino_touring2
いやぁ、このわくわく感は、夏、そして二輪ならでは。
確かにしんどいんだけれどね。
今日だって帰りは少し雨に降られたし。
でも、この「走り遂げた感」はこいつでないと
感じられないんだなぁ・・・。

で、来年は遷宮記念に、もう一度神宮ですよね・・・。