「SPA」カテゴリーアーカイブ

グリプラ・ロス

明日から再開されるJ1。
(そもそも何のための中断だったんだ?)
その再開の大事な試合に「自分の人生乗っける」ために
川崎に足を運ぶ。
中断直前まで絶好調だった流れが途切れていないか、
相手にも磐田を分析する時間を与えてしまっていないか、
いずれにせよ、相手は優勝争いをするであろう強豪。
ここでどんなゲームができるかは、これからの後半に
とって、とても大事になると思う。
ということで、力を送ろうと思うのだが・・・。



実はこの遠征、もう一枚チケットをもって東に向かう。
翌日曜日にZepp Tokyoで行われるaikoのライブチケットが
一般販売で取れたのだ。
ということで、今のところこの夏に見込まれている
唯一のお泊まり遠征となった。
しかし・・・。
宿を確保しようと「定宿」の「グリーンプラザ新宿」を
楽天トラベルで検索をかけても出てこない。
他のサイトでも同様。
おかしいと思って調べてみると・・・、
何と昨年の暮れで閉鎖されたとのこと。
確かにつくりは古かったが、あそこまで行き届いている
カプセルは東京になかったというのに。
(有吉弘行やマツコなどもテレビで話題にしていたほど。)
新宿のビルを見上げながら入る露天風呂や快適なサウナ、
夜はどこか猥雑な、そして朝は街や人が動き始めている中で
のんびりと朝風呂を浴びる贅沢感、
浴槽の何処に陣取れば、テレビがよく見えるかも
体に染みついてわかっていたのに・・・。
そしてそんな風呂上がりにぴったりなメニューと
よく冷えた生ビールを備えたレストラン・・・。
もう、ないのか_| ̄|○
おそらく東京2020に向けての再開発で、同じ場所に
カプセルを作るなんてことはないだろう。
さしあたって、別のカプセルを予約したが、
しばらく私の中で「グリプラ・ロス」と、
それに変わる「ポスト・グリプラ」探しの放浪が
続くのでは、と思う。



PS.
プロパティで見ると2015年5月17日の撮影とある。
武道館でいきものがかりのライブを見た後に宿泊し、
次の日にNACK5で大宮と引き分けたあのゲーム。
あの時に泊まったのが、おそらく最後の宿泊だし
手元にある一番新しい画像だ。
重ね重ね、残念だ。

また来年、こうしてお出かけを。

aikoのライブの興奮から一夜明けた昨日、
地元の同級生2人と三重県に出かけてきた。
この8月お盆明け最初の月曜日は毎年、
3人で小型二輪を連ねて県外ツーリングに出るというのが
恒例になっていて、今年は伊勢神宮参拝の予定だった。
しかし急遽来襲した台風などの心配もあり、
雨にやられた昨年に引き続いて、車に切り替えて
四日市とんてきをいただくドライブに変更した。
23号が所々で混んだものの、高速の渋滞はなく
2時間ちょっとで四日市へ。
友人がリストアップしてくれていた「来来憲本店」へ。
「さくらポーク」という地物のとんてきを定食で。
20160822yokkaichi_rairaiken_tonteki
一言、「美味い!!」
醤油っぽいベースなのだがどこか酸味もあり、生姜か
漬け込んだにんにくなのかわからないが、
少しスパイシーな食をそそるソースに
千切りキャベツが浸り、その上に厚さ3cmはあろうかと
思われる、柔らかく程よく脂がのったとんてきだ。
口に含むたびにじゅっと汁があふれ、噛むたび幸せ。
ソースがしみこんだキャベツも美味く、ご飯がおいしい。
さらに、温かいにんにくが4~5片。
ほくほくしていて辛味がなく、においも感じない。
20分ほどの至福の時間を過ごすことができた。
その後はこちらへ。
20160822aqua_ignis
アクアイグニスという複合施設の中の片岡温泉。
アルカリ性の単純温泉を贅沢に無加水、無加温、無循環、
掛け流しで贅沢に楽しむことができる。
圧注浴やサウナなどはないが、ほのかに湯の香りが漂い
純粋にお湯を楽しむことができた。
距離もあり、高速を使わなければならないのでなかなか
リピーターにはなれないだろうが、よくリラックスでき、
とてもいいひとときを過ごすことができた。
先週から書類上、手続き上は夏季休暇だったのだが、
先週は何だかんだ言って結構職場に顔を出して
のんびりできていなかったので、くつろげてよかった。
今週木曜日までは、迫り来る仕事の足音は気になるが
切り替えて楽しみたい。
そしてまた来年、私も含め、みんな元気で
今度こそ二輪で伊勢を目指したら、と思う。

今後客層は変わっていくのかも。

20160812raku_spa

改装のため極楽湯浜松佐鳴台店が閉鎖されて約2か月、
新たに「RAKU SPA CAFE浜松」としてリニューアルし、
営業を始めたというので訪ねてみた。
建物の外観、そして内装など、雰囲気が今風に。
食事などすべての料金はキーと一体のICチップで
検知して、出る時に精算など、システムも今風に。
一通り利用してみて思ったことを言うならば、
中にいた少年がポツリとつぶやいたとおりかな。
「お風呂はあんまり変わってないね。」
確かに浴室内の傷んでいたところはきれいにされ、
蛇口なども取り替えられているが、
基本的なつくりは同じだった。
一つ言うなら、露天の桧風呂が石造りになり、
「高濃度炭酸泉」になっていたことか。
まるでスプライトに体を浸したかのように気泡が
身を包み、少し温めの湯に浸かっていると何となく
血管が拡張し、血行がよくなったような「気がする」。
ただ、もう少し大がかりな浴室部分のリニューアルも
期待していた私には、少し残念。
あと、料金体系が変わったことにも戸惑った。
60分480円、90分650円、フリータイム1,190円の
3つの時間制料金の中から選ぶ仕組みになったわけだが、
岩盤浴を使わない私には、この時間分けはちょっと。
90分コースを選んだとしても、湯に浸かって頭を空にして
リラックスするには時間は短く、かなり慌ただしい。
90分コースでちょっとオーバーした分、
追加料金を付け足す、というのがいいかな、と思った。

評価はもう一戦を見てからかな?

(BGMには、中森明菜の「ミ・アモーレ」をどうぞ。)

キリンカップサッカー2016 準決勝
日本代表 7-2 ブルガリア代表 @豊田スタジアム (TV)

前半は「出来過ぎ」でしょう!?
岡崎のキレ具合は言うまでもなく、
ここ最近のゲームでは珍しく香川が機能していたし、
柏木の出来がよかったこと、
そして長友がさすがという場面を「アモーレ」の前で
何度もつくったことなど、最終予選に希望を感じさせた。
ただ、守備は・・・。
何か、磐田戦を見ているかのように、いい時はいいのだが
ふっと集中を欠くと、一気に失点のリスクを負うというのは。
もう一戦あるし、最終予選までまだ時間もあるので
しっかり修正をしていきたい。

昨夜はこのゲームを見終わって、報道ステーションの
スポーツコーナーが終わったら、一気に疲れが・・・。
スポパラに山田が出ていたのがかすかに記憶にあるが、
気がついたら深夜。
それぐらい今週はいろいろあったし、
自分の力不足も感じた。
ということで、今日は気分転換で「華咲の湯」へ。
20160604hanasaki_no_yu

桧香の湯にサウナができ、6月は男湯になるとのことで
早速今日、試しに行ってみた。
露天の奥、黄金の湯の横にできていた。
こぢんまりしているが、落ち着ける空間。
高温でしっかり汗もかけ、建物入り口に水風呂も完備。
ダイダラボッチよりもしっかり水が循環しているが、
若干水温が高いかな。
もっと冷水を入れてくれるとうれしいんだけれど、
ただ、こちらにもサウナと水風呂ができただけでも
大きな前進だと思う。
偶数月は足を運ぶかも・・・。

気、抜いてたんだろ?

2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ第12節
磐田 1-2 G大阪 @市立吹田サッカースタジアム(TV)

ま、こんなものなんだよな。
広島に勝ち、鹿島に引き分け、そして下位に負ける。
もっとも今は下位とはいえ、元代表とか現役代表とか、
タレントは豊富。気を抜いていればやられる。
そう、「気を抜いていれば」。
アディショナルタイムの同点弾、
そして、あの最終ラインのクリアミスと
その背後へのマークの甘さからの逆転弾。
「気を抜いていた」といわれても仕方あるまい。
混戦のJ1、こんな試合を重ねていれば
あっという間に降格争いの真っ只中だ。
次節、何が何でもホームで小学生の前で勝って
その流れで等々力に乗り込まなければ。

あんなゲームを見てどんよりした気分になり、
さらに休日出勤でへろへろになった日には
やはりリフレッシュが一番。
ということで、土曜はこんなところへ。
20160514hanasaki_no_yu

ここのよさは、近いから、だけではない。
「効く。」
特に濁った方の「黄金の湯」についてはそう思う。
そして最近「桧香の湯」にサウナができたというので
楽しみにしていったのだが・・・、
奇数月は女湯の設定なんだと。
来月もう1回行こ。