「SKI NOW 20XX」カテゴリーアーカイブ

月日のたつのも夢のうち



雪国は竜宮城だ。浦島太郎の気分がわかる。
昨夜帰ってきたのだが、この3日間、時を忘れ、日常も忘れ、
雪に乗り風を切る楽しさ、広大な景色の中にいる爽快感、
そして生活圏から遠く離れた温泉街で過ごす開放感などなど、
完全に日常から切り離されて夢のような時を過ごした。
一応、日常に戻るための「リハビリ期間」として
今日一日あったのだが、あまりリハビリにならなかったかな。
未だ明日から日常に戻る「心構え」ができてないようで(^^;)

年末の旅のまとめすらできていないが、
今回も含めて、1シーズン2回の野沢の旅を整理して
早い所アップできたら・・・って、来週ぐらいかな(・_・;)


あこがれのスカイラインコース。
またいつか、ここを滑ることができる日は来るのだろうか。

ワインと偶然と野沢の夜

2日間とも昼間はガスってる中で滑って船酔い状態になるなど
いろいろ大変ではあったけれど、夜が楽しいのが野沢温泉。
夕食付きの宿を取っていたため、まずは美味しくいただき、
その後は散歩を兼ねて、野沢初体験の後輩たちを連れて
まずは源泉である麻釜見学。


その後は街ブラと外湯めぐり。


今回は温泉街近くの大湯で一風呂いただいたのだが
ここでビックリしたのは、大湯の入り口を開け、
振り向きざまに同行の後輩に話しかけようとしたところ、
そこにいたのは、2年前まで今の職場にいた別の後輩!?
何でも大学時代の友人と一緒に来たのだとか。
あまりにもすごすぎる偶然にあっけにとられてしまいながら
一緒に熱湯風呂(!?)に浸かった。
その後彼と別れ、大湯の出口を開けると今度はその外に、
以前、近隣や大学の附属機関で同じ仕事をしていたが
こちらでの仕事を辞めて姫路市にUターンしていった
これまた別の後輩と合流。
こちらは、今回全く同じスケジュールで野沢に来ているのは
事前に知っていて、風呂に入る前に連絡を取っていたので
先ほどのような全くの偶然というのとは事情がちがうのだが、
それでもこんな再開は珍しく、会うのも約1年ぶり。
どこかでのみながら話そう、ということになり、
通りかかって気になっていた大湯前のこちらへin。


「狸」っていう店で1階はレストラン、地下はバーのよう。
今回は、通りから見えていて「安心」なレストランの方へ。
私の同行の後輩とも早速打ち解けて近況や昔話トーク。
申し訳なく既に夕食を宿で食べてきたので、
料理はつまみ程度のものしか頼まなかったが、
ボトルのワインを開けてステキな時間を過ごした。
お客さんは3/4が外国人かなぁ。
どこか外国にいるみたいで、温泉街の雰囲気ともちがうが
浜松や豊橋にはないこの空気感はある意味非日常的で、
別の意味で「野沢温泉の夜だ」と感じられるように思った。
機会があれば(っていつだよ!?(^^;))
地下のバーも試してみたくなった。

いつかまた「スカイライン」へ。



ステキでしょう?
黄昏時、リフトが止まるまでの残り少ない時間、
今日あと何本行けるかわからないけれど、
リフトを降りてスタート地点で準備を整える若者たち。
そこかしこから聞こえる英語の会話。
実は、彼らの多くが外国人だ。
ここはウィスラーか、マウントハットか!?
(って、どっちも行ったことないけれど(^^;))
自分もその中に混じって準備を整え、
おそらく最後の一本になるかも、と気合いを入れる。
野沢温泉日影ゲレンデの夕方の風景だ。
しかし・・・!?
こんな状態は、この日の中のごく一部。
あとはこんな状態になることも。


厳しかったぁ。
「ホワイトアウト」かい!?
昨日、朝一で上がった上の平がこんな感じ。
ぶつかる危険というものはなかったが、
あまりにも周りが白すぎて「酔う」ってわかる!?
あまりにも周りが白一色で見えない中で
自分が動いていると、船酔いみたいに酔うっていう!?
それで気分が悪くなってしまい、日影に降りてきて
下の方は上ほどガスってはいなかったんだけれど
それはそれで大変、って感じ。
こんな開けた中で滑れたのは数本だったかな。
でも、「野沢温泉に来た」という自分の中に湧く気持ちで
1日半、楽しんできた。
こんな状態ではスカイラインに行っても
それは「快感」ではなく「修行」かなということに
なりそうで、今回はパス。
いつかリベンジしたい!!

まずは無事に帰ってくること。



この後、北国に向かって旅立ちます。
ちょっと距離があるので、深夜着、今日は泊まるだけの
「前乗り」です。
新車用に新たにスタッドレスを買い(高めのブリザック)、
キャリアもちょっとへたってきていたので替えました。
3年ぶりに自分の中でも好きな「あそこ」に行くので、
ワクワクしています。
しかし・・・何でも「大寒波」が近づいているとか。
まさか、明日明後日、外にも出られないとか!?
まさか、明後日、長野道や中央道が閉鎖になるとか!?
心配です:-)

重くてユルい雪は、せつない季節の到来


今季はたった2回だけだった。
泊まりの栂池と、今回の日帰り開田高原マイア。
最近考えるのは、
「あと何年、こんな冬の過ごし方ができるのか」。
だからこそ体が動く時に行っておきたいというのが本音。
ただ、こればかりは一緒に行ってくれる人あってのもの。
ということで、周りと自分の都合を合わせていった結果が
今季は2回だけだったということ。
残念だが、もうすっかり桜が咲く季節。
今年もこの季節とお別れをしなければならない。
そんな思いで、もう1週間も前になるが、
マイアにて「雪とのお別れ」をしてきた。
雪もすっかり重く、そしてユルい状態だったが
9か月は戻ってこられないであろうこの世界を楽しみ尽し、
斜面を落ちていく感覚を楽しんだ。
ワールドカップが終わり、J1のシーズンが終わる頃、
また重力にこの身を任せて風になることができる季節が
戻ってくるのを楽しみに、今シーズンの幕引きとしたい。