「SKI NOW 20XX」カテゴリーアーカイブ

また行きたいな、またいつか行けるかな

(BGMには木村カエラの「Snow dome」をどうぞ


あの楽しかった乗鞍でのひとときからもう1週間、
あっという間だった。
もっとも、スキーの疲れが抜けないところに
仕事で忙殺されて、気が付けば1週間という感じだ、
気分を変えようと、昨日の牡蠣小屋当番が終わった後、
乗鞍の思い出を固定ページにまとめてみた。
これが今シーズン最後のお泊りスキー。
(もしかしたら、日帰りも含めて最後!?)
また行きたいな、またいつか行けたらいいな、という
木村カエラの歌の歌詞のような気持ちでまとめてみたので
ぜひ、こちらへ。
2018-2019シーズン最後のお泊りスキー、Mt.乗鞍。


ちなみに現在の私は、木村カエラではなく、aikoに会うため
新幹線で東へと向かっている・・・。
磐田から駆け付けたフェスティバルホール、あの夜から
もう2か月、こちらもあっという間・・・。

明日晴れるかな



乗鞍高原に潜伏している(^-^;
今季、既になんと3度目、
そしておそらく最後の「お泊りスキー」になると思われる。
「お泊りスキー」というのはある意味「奇跡」で、
まずスキーを楽しみたい仲間がいて、
「泊り」でいきたい、と皆が思い、
皆のスケジュールが合わなければ実現しないのだ。
そういう意味では、今季はとても恵まれたシーズンだった。
(って、まだ終わっていないのだが((+_+)))
先週一度寒波があったこともあって雪質は良好。
しかし残念ながら、朝のうちは快晴だった天候も
昼になると雲が湧き、雪が降り始め、顔をたたくほどに。
昨年末の野沢ほどのバッドコンディションではないが、
結構「鍛錬」のようなスキーになった。
でも、せっかくだから楽しまなければもったいない、
とばかり、顔に痛みを感じながらも
体を重力に預けて斜面を駆け下りるのを楽しんだ。



明日は晴れるといいのだが・・・。

日常を置き去りにして、野沢温泉。



あれから2週間ちょっと、ここはやっぱりすごいです。
訪れる人みんなに時空を越える魔法をかけてくれる
異空間なのです。
上信越道に入り、長野を越えてトンネルを抜けると
日常はすっかり置き去りにされて、
白い別世界に浸ることができるユートピアなのです。
そんなステキな世界で過ごした年末と年明け、
2度にわたる夢のような2日間×2(!?)の遠征記を
まとめてみました。
普通ならシーズンに一度訪ねることができるだけでも、
ステキなことなのに、
中2週間でシーズンに2度も行けてしまうなんて!?
そんな幸せなひとときの記録を固定ページにまとめました。
ぜひご覧ください。

  • 3年ぶり、やっぱり好きな野沢温泉2018
  •  2018年12月28~29日

  • そして中2週間!? 野沢温泉2019
  •  2019年1月12日~13日

    ※通常は上部メニューの「MY FAVORITE」→「TRIP OF SKING」
     から入ることができます。

    月日のたつのも夢のうち



    雪国は竜宮城だ。浦島太郎の気分がわかる。
    昨夜帰ってきたのだが、この3日間、時を忘れ、日常も忘れ、
    雪に乗り風を切る楽しさ、広大な景色の中にいる爽快感、
    そして生活圏から遠く離れた温泉街で過ごす開放感などなど、
    完全に日常から切り離されて夢のような時を過ごした。
    一応、日常に戻るための「リハビリ期間」として
    今日一日あったのだが、あまりリハビリにならなかったかな。
    未だ明日から日常に戻る「心構え」ができてないようで(^^;)

    年末の旅のまとめすらできていないが、
    今回も含めて、1シーズン2回の野沢の旅を整理して
    早い所アップできたら・・・って、来週ぐらいかな(・_・;)


    あこがれのスカイラインコース。
    またいつか、ここを滑ることができる日は来るのだろうか。

    中2週間のぜいたく。


    私にとって、野沢温泉は「あこがれの場所」なのである。
    一時は、行きたいと思いながら20年近く行けずに
    ブランクを空けたこともある場所なのである。
    しかし・・・、、中2週間足らずでの再訪。
    信じられないほどうれしいことなのである。
    しかも、今回は先々週と打って変わっての晴天!!!
    これはテンションが上がらないはずがない。
    今回も、初心者中心のツアーということで、
    上ノ平からパラダイス中心の活動エリアとなったが、
    それでも今週前半に降った雪が上質のサクサクで、
    思うままにエッジを立て、ラインをとることができる、
    そんな喜びを楽しみながら滑ることができた。
    そして、年末はかなわなかったスカイラインへ3年ぶりに。
    180度を超える視界のパノラマと、尾根を駆け下りる快感を
    心行くまで堪能しながら下ることができた。
    夜は食事の後、今回も大湯を楽の湯を楽しみ、
    前回は1階のレストランだった「狸」の地下のBarも訪ねて、
    同行者の皆さんと楽しいひとときを過ごすことができた。
    明日は昼にはこちらを出るので残りわずかだが、
    次いつ来られるかわからないし、たっぷり堪能して育てたい。