「FORZA NIPPON」カテゴリーアーカイブ

立ちはだかる緑の壁と、駆け抜ける緑の風。

ラグビーワールドカップ2019 日本 決勝
イングランド代表 12-32 南アフリカ代表
@横浜国際総合競技場(VTR)

あれからもう2週間経ったのかと思う。
終わった直後の「ロス」はいったん落ち着き、日常が戻った。
しかし未だあちこちに「名残」が残っていて、
目にするたびにワクワクとときめきがよみがえってくる。
それだけ自分の、そしてみんなの記憶の中に静かに残っている。
この幸せな記憶はこれからも、ことあるごとに私たちの中に
ふとよみがえり、幸福感をもたらしてくれるのだろう。
さて、この決勝。
あの日本平での静岡ダービーから新幹線で浜松へ飛んで帰り、
浜松窓枠で佐野元春のライブを観た日の夜の出来事で、
私自身、テレビ中継もライブで観ることはできなかった。
ただ、窓枠を出た後、そのまま駅に向かうのではなく、
ソラモのファンゾーン会場へと足を向け、終了間際の数分だけ
パブリックビューイングで観ることができた。
私にとってこれが最初で最後のファンゾーン観戦。
貴重な体験となった。
ただ、ファンゾーンの皆さんの優勝決定時の盛り上がりも、
そこまでのゲームの流れを知っているからこそ。
知らない私はちょっと取り残され気味で心持ちは中途半端。
その後も毎日忙しく、ずいぶんかかってしまったが、
やっとの頃で昨日、全体通して録画を観ることができた。
ううむ。後半の半ばまでペナルティキックで点を重ね合う
拮抗した戦いだったが、そこから南アフリカ、すごかった。
怒濤の2トライ、それに厚いディフェンス。さすが王者だ。
終わってみれば12-32とトリプルスコアに届きそうなぐらい。
いやはや、すごかった。
ホントは大会を終えての思いもどこかでまとめたいが、
長くなりそうなので、また機会があれば。
でも、もうだいぶ経ってしまって「今更感」満載だし、
どうしようか。

もはや気分はだだ下がり

東京2020、五輪のマラソンと競歩は、札幌開催に変更だと。
これはいかがかと思う。
東京の暑さが危険だというのはまちがいではないし、
選手を守るためだと言われれば、ぐうの音も出ない。
ただ、その日の札幌がどれだけの気温と湿度かわからないし
確実に東京よりも安全であると言える保証は全くないから。

そもそもコース設定と距離計測は? 警備体制は?
選手とスタッフの宿泊は? 道内の他イベントとの調整は?
何かあった時の医療体制は? 輸送体制は? などなど、
本当に大丈夫なのか、という不安を抱かざるを得ない。
また、東京都民の血税を使ってここまで準備してきて、
だからこそ都民は自分たちの街で五輪を開くということに
都民としてのアイデンティティーと誇りを感じ、
その日に向けて心づくしで迎えようとしていたところに、
マラソンという花形種目を十分な説明がないまま問答無用で
取り上げられたら、それは納得がいかないだろう。
また、既に販売されたチケットはどうするつもりなのか。
払い戻せばそれでよし? な、わけないだろって!!
いいよな、森さん。あんたは見たい放題だもんね。
天文学的な倍率を乗り越えてチケットを求めてはい回る
我々の身にもなってみろってんだ。

そもそも、この決定は本当にアスリートファーストと
言えるものなのだろうか。
暑さの中の五輪を目指してトレーニングをして策を練り
それに備えてきた選手たちの気持ちを思うと気の毒だ。
スタート・ゴール地点の大通公園には仮設スタンドすら
造らないという。
走り切った選手をたたえるスタジアムからの歓声が
無い中でのゴールってどんななんだろう?

それでもまだ、IOCが最大限の誠意を見せた上で、
やむにやまれず変更を申し入れてきたというのであれば、
まだ理解できる余地もあったのだろうが、
どうだろう、IOCのあの「上から目線」。
コーツっていう「調整委員長」というよくわからない立場の
男は、都民への謝罪は「ない」と言い切りやがった。
その上でバッハ会長が今度はオリンピック後に
「セレブレーションマラソン」っていうのをやればいいだと。
そんなもの、まっぴらごめんだと跳ね返してやればいい。
こっちが見たいのは「4年に1度じゃない、一生に一度だ」の
メダルを争う真剣勝負なのであり、親善試合ならお断り。
市民ランナーも、って、東京マラソンがあるし、意味不明。
こうして見ていると、いろんな思惑が蠢いているようにしか
見えない。
じゃ、どんな思惑って?
例えば、森喜朗+橋本聖子(+官邸)vs 小池百合子の政争?
それとも、IOC内での次期会長選をにらんだ勢力争い?
頑なに開催時期を8月にしたいNBC等米国メディアのゴリ押し?
そして一番キナ臭いのは、今後の札幌五輪招致活動に向けての
IOCへの「貸し」づくりなのではないのか?
そもそも、こんなことが起こる前までは私自身、
自国開催五輪に日本人としての誇りと喜びを感じて、
東京2020を楽しみにしていたが、これで一気に急速冷却かな。
すべての競技においてどこか冷めた目で見てしまうことは
避けられそうにもないし、その程度のものと思い始めた。
一度決めたことだってIOCの鶴の一声でどんどん変えられるし
もはやオリンピックって「声の大きい者」勝ちなんだな。

だったらそんなところに媚び売ってまで、札幌冬季五輪招致の
ための下話にでもしたかったのだろうか
これまで札幌五輪も招致されるといいなと思ってきたけれど
もはやそこまでして、と思わなくなってしまった。
「東京・札幌オリンピック」まであと○日とか・・・、
その日が来た時、果たして心から熱くなれるだろうか。

「ありがとう」以外、どんな言葉をかけられようか。そしてこれからも。

ラグビーワールドカップ2019 日本 準々決勝
日本代表 3-26 南アフリカ代表 @東京スタジアム(TV)
(画像はW杯でなく2017年6月17日のアイルランド戦@エコパ)


ラグビーに関心を持ち始めたのは2004年、
「いつもの」ヤマハスタジアムでトップリーグを見た時から。
そして初めて代表戦を生で見たのは2年前のエコパ。
アイルランド戦を見た時は、W杯南ア戦の快挙は知っていたが
ヤマハ以外の選手はほとんど知らない状態からだったし、
ほぼダブルスコアで敗れる代表を見て、世界との差を感じ、
W杯に向けて希望を見いだせる心持ちではなかった。
あれから2年。すごい。
プール戦、4連勝。
プレッシャーのかかる開幕戦でロシアを圧倒。
その次は、そのエコパで完敗だったアイルランドも倒した。
トンガも、そして「喧嘩」を売られたスコットランドも倒した。
そして未知の世界、準々決勝へ・・・。
しかし、壁は高かった・・・。
ただ、下を向くことなんてないんじゃないかな。
イタリアを圧倒した南アを、あそこまで本気にさせて、
僅差で食らいつき、圧をかけた時間帯もあった。
胸を張っていい「ベスト8」だと思う。
そして次に向かって前を向いて進みたい。
これをいつかの女子サッカーみたいに
「お祭り」で終わらせないためにも、
年明けに開幕するトップリーグを、招待券ではなく、
今度は自分でチケットを買って見に行ってみたいと思う。
どっかのポンコツサッカークラブよりも、魂のこもった
熱いゲームを見ることができそうだから・・・。

2019明治安田生命J1リーグ 第29節
磐田 2-2 鳥栖 @ヤマハスタジアム(磐田)(Live)


もう、あまり感情が動かなくなってきた。
指揮官の采配も、選手のプレーも。あまりにお粗末。
ただ、ラグビーの日本代表が戦いを終えてしまった今、
このモヤモヤ感を打ち消してくれるものがなくなり、
どうしたものかなぁ。
それに次節はダービーだし。
次節負けでの敗退の可能性がないわけでもない中、
日本平で負けて降格するわけにはいかないんだな。
それだけのプライドはまだ残っているわけで・・・。

被災された皆さんへの思いも背負って

ラグビーワールドカップ2019 日本 プールA 第4節
日本代表 27-8 スコットランド代表
@横浜国際総合競技場(Radio, TV, and VTR)


こんなに集中してラジオ中継を聞いたことってなかった。
よくFM haroで磐田戦の中継をやっているが、
「見られないなら、どうせ状況がよくわからないラジオで
中途半端に結果だけ知るよりもあとで録画を見ればいい。」
というのが私のポリシーなので、サッカーでもラジオ中継を
聞くことはほとんどなかった。
しかし、今回ばかりは・・・。
お祭りのスタッフとして、夜の手踊りの交通整理に。
でも、ネット時代はいろんなところから情報が入ってしまう。
だったら、ラジオを持って行こう、ということで、
ラジオを聞きながら交通整理。
サッカーとちがって要は陣取り競争なので、
左右の展開はともかく、何メーター押し込んだかがわかれば
状況は大体見える。
そういう意味でもNHKのアナウンサーは何メーターあたりか
どういう反則があってどちらのボール・アドバンテージなのか
言ってくれるのでよくわかった。
先制され、追いつき、逆転し・・・音だけを頼りに盛り上がる。
手踊り後、公民館に戻ってここからはテレビ観戦!!
しかし今度は押される展開に。気が付けば1トライ差!?
最後の10分は・・・町内の皆さんと「ウ~」とか「オ~」とか
うめき声ばかり(^_^;)
そんな中じりじりと時計を進め、何とかノーサイド、8強だ!
PVではないが町内の皆さんとガッツポーズ!よくがんばった。
いやはや、こないだまで「ジャッカル」とか言ってたら、
今日は「オフロードパス」。この引き出しの多さはすごい。
結果、プールステージは全勝。何と言うことだ。
しかし・・・翌朝の新聞は・・・。


(新聞画像は中日新聞と日刊スポーツより、一部加工済)
日本の8強進出は一面トップ記事にならなかった。
それはそうだ。
30人を超える方が亡くなり、日本中で川が氾濫し、
無数の人たちが家を失い、暮らしを破壊された。
私が冬にお世話になる長野北信も大変だったようだ。
この横浜国際も当日朝は1階部分は浸水していたと聞く。
開催のために尽力してくれたスタッフには感謝だが、
日本中の被災された皆さんが一日も早く平穏な暮らしに
戻ることができますように・・・。

エコパの、そして私の生観戦でのワールドカップは「結び」。

ラグビーワールドカップ2019 日本 プールD 第4節
オーストラリア代表 27-8 ジョージア代表
@エコパスタジアム(Live)


ときめきの日々はあっという間に過ぎるもので、
私にとって「4年に一度じゃない、一生に二度だ」の
スタジアム現地観戦の機会も、2回あるから、と思っていたが
あっという間にその2回めも終わってしまった。
前回は仕事直行ということで時間的にかなり厳しく、
スタジアム周辺の雰囲気を楽しむことはできなかったが、
今回は先日の時間外勤務の超過分を早帰りできるということで
多国籍間満載の愛野駅周辺で飲んで食って楽しもう、と
思っていたのだが・・・、恨めしき台風19号。
直撃は免れ何とか試合はできたが、雨の降り始めを気にして
ビール2杯飲んだだけですぐスタジアム入りってのは残念すぎ。
(十分!?(^_^;))
それでもスタジアムへ歩きながらいつもとちがうこんな風景や


こんな風景とかを見つけて、


その空気感を楽しみながらエントランスへと向かった。


スタジアムは相変わらず半分異国。
カンガルーの風船があちこちでふわふわ。
全体としてはオーストラリアびいきの中、
それでも、ジョージアが頑張って競った試合になった方が
ワクワクするだろ、と「盛り上がる方優先!!」で
私は「気持ちジョージアびいき」で観戦。
すると結構ジョージアも粘ってくれて、前半中盤までは0-0!!


その後力業でオーストラリアがトライまで持って行き先制するが
その後も簡単には離されずいいゲームを続けてくれた。


静岡開催を表す表示に、改めてうれしさと誇らしさ。
試合がだんだん終盤に近づくにつれ、
エコパ開催としても、私の生観戦も、これがラストゲーム、
「お祭り」が終わっていく寂しさが自分を包み始めた。


そしてタイムアップ。
オーストラリア代表はバックとメインに向けて、今大会
各国に広まった「お辞儀」で観客に感謝の意を表した。
「日本でのワールドカップ」を本当に目の前で見たのだなと
実感しながらスタジアムを後にした。


降り出した雨の中、愛野駅までは激混み。
確かに疲れたが、この非日常感がそれを少し振り払ってくれた。
大会総括は決勝が終わった頃にまた改めてしたいと思うが、
ホントに2002、2006年にサッカーW杯を生で見て以来の
ワクワク、ときめきを心に刻むことができた。感謝です。
ただ、まだ大会はGOES ON!!
明日の日本のプール最終戦、何とか開催して、
うるさいことを言って、少々見苦しささえ感じられる
スコットランドの指揮官をぐうの音も出ないぐらい黙らせて
文句なしの「プール1」抜けを実現したい。