「FORZA NIPPON」カテゴリーアーカイブ

「○日後になくなるウィルス」


致し方ない。
アスリートたちには、改めて来たるべきその日に向けて
コンディションを調整し、モチベーションを作り直して
その日、その時に最高のパフォーマンスを見せてもらいたい。
代表再選考ということがもしあるのであれば、
ヤフコメ民はともかく、選手たちが納得できる形になることを
願っている。
で、チケット確保者の権利は維持されそうとのことだが、
一応チケットを確保できている者の思いとしては(^^;)
競技日程の曜日は「元の日程と同じ曜日」にしてほしいかな。
(仕事の都合がありますし(+_+))
観るだけの奴が何言ってんだ、と言われそうだが、
一応チケットを確保した時点で私たちも当事者の一人だから。
「アスリートファースト」+「サポーターセカンド」で
お願いしたいです(*・ω・)*_ _)ペコリ

ただ、このコロナ騒動、収束は見えないなぁ。
これまで総理が
「今後1~2週間が瀬戸際」、「今後10日程度」と来て、
今度は都知事が「今後3週間」・・・。
(でもこれ東京都とそこに行こうとしてる人の話ですよね!?)
実際、私たちの思いとしては、
2月の終わりには、来月ぐらいになればと思い、
3月半ばごろには、4月ぐらいには、と願い、
そしてもう間もなく4月になるというのに、収束どころか
「この先、爆発的感染」って言われると。「続きすぎ」!!
これでは連休が終わっても、6月になっても、夏になっても
同じこと言ってそうで・・・_| ̄| -o【ヵ゙ックシ】
でもよく考えたら、未来に希望なんてないんだろうな。
そりゃよく考えれば、ワクチンも新薬もできないのなら、
みんな一通り感染して「集団免疫」とやらができない限り、
感染者が減るわけないんだろうし。
そりゃ「瀬戸際」「正念場」が続くわけだ。
こんなことに今まで気づかずに「いつかはきっと」
なんて甘っちょろいこと思ってたんだ・・・。

新国立に言いたいことはあるが、まずここで試合ができる磐田に戻すことだ。

大学ラグビーに特別関心が深いわけでもない。
しかし、新国立競技場で決勝開催となれば話は別だ。
元日の天皇杯のチケットも取れなかったし、
だったら行こうと考え、発売初日にチケットをとった。
同じことを考えた人がどれぐらいいたのか、
それともラグビー人気がまだ続いているのか、
はたまた伝統の早明戦になることをみんな予想したのか、
チケットはあっという間に完売しプラチナチケットに。
そんなところに申し訳なく「にわか」の私がお邪魔した。


ホントに久しぶりに信濃町駅で下車する。
駅を出て歩道橋に向かう。この景色、変わっていない。
ここの階段を上がりながら、期待と緊張が高まっていく。
この思いも変わっていない。


外苑の絵画館前広場方向に曲がる。
向こうにスタジアムが見える。景色がちがう。
あの懐かしのバックスタンド、そして聖火台は見えない。


青山門前。ここは建設中に来たことがある。
しかし、あの時クレーンが動きダンプが出入りしていた
フェンスの中には今、完成した新しい競技場がある。
そう、確かに私は「コクリツ」にやってきたのだ。


小ぎれいになったがやや狭い「青山ゲート」を入り、
コンコースを歩く。きれいなコンコースだ。
しかしスタンドに出ようとすると・・・、
「狭っ」
コンコースからスタンドに出るゲートの通路幅も、
そこから座席までの通路も激狭。
スタンドへのゲートはたくさん設置されているので、
あらかじめ指定席を取っていて、入るゲートが指定され、
そこから迷わず席まで行くことができればいいのだが、
自由席で「この辺から入ろうか」とぶらっとゲートを入り
どこかにいい席ないかな、と探し歩くには絶対狭い。
歩いてすれ違うこともできず、ヤマハスタジアム以下だ。
おまけに座席のシートピッチはこんな具合。


ちなみに「欧州基準」ではこのシートピッチは普通だ。
かつてのアーセナルの本拠だった旧ハイバリーも、
ドイツW杯で訪れたカイザースラウテルンも、
その他DAZNで見る海外のスタジアムも大体こんな感じだ。
でも、20世紀に建てられたスタジアムならまだしも
21世紀から22世紀にかけて向こう100年使うことを
想定して建設された新スタジアムがこれでいいのか!?
もっとも旧国立も前回の東京五輪時は詰め詰めだったが
その後席数を減らしてゆとりをとったということもある。
シートピッチ等は五輪後どう改修するのかを見守りたい。


確かに満員になったスタジアムは壮観だ。
この中でプレーできる選手はこのこだまする歓声に
横から上から自分に注がれる視線に身震いすることだろう。
スタジアムとしては本当によくできている。
フランスW杯最終予選カザフスタン戦、中山のゴールを
旧国立のほぼ最後列から見た私からすると、一言。
「近い!!」
これは間違いない。声の響きも最高だ。
ただ、迫力はいいが、このぎゅうぎゅう詰めぶりは
ブラジルのマラカナンかというぐらいかも。


「森のスタジアム」!? 鉄骨を木でカバーしてるだけじゃん。
地震時に外れて落ちてこないか、逆に心配。
完全に作り手の自己満足。この経費を他に回したかった。


ネットでサポ分断と噂の「ゲート3」と不思議なひな壇。
ゲート3はマラソンゲートにしたかったんだろうね。
ここを鈴木亜由子ちゃんがトップでくぐってくるとか。
でも札幌移転でそれは妄想となり、もはや無用の長物。


幸いこのゲートのために見切り席が出ることはないし
ゲート反対側も見えるし「サポ分断」というほどではない。
ただ一体感に水を差されるのは確か。五輪後の改修希望だ。
不思議なひな壇は五輪陸上競技時のゴール撮影用だろう。
造りも仮設っぽくおそらく五輪後には撤去されると推察。
ただ、座った人が気の毒だな。


天皇杯でここに座った鹿島サポには同情するし、
開閉会式などでここの席が当たった人はかわいそうだな。


正直造りは安っぽくでエコパみたい。(通路はエコパ以下。)
トイレも場所がわかりづらく、言うほど増えてない印象。
鉄骨むき出し、仮設感丸出しで、どうみても安っぽくて
100年使うレガシーにはなれないかな。
あと、やたら木を使って「自然感」を出してるけれど、
防腐剤やら塗膜塗り直しやら、メンテが大変そうだし。
ただ至る所にモニターがあって、売店やらトイレに
並んでいる人がゲームを見られるのはいいし
Wifiについてはあれだけ満員でもサクサク快適で、
重くなるだけのどこかのスタジアムとは大ちがい。
これは評価できる。
使い重ねていく中で私たちも使い慣れてくるのかもしれない。
そのためには・・・早くここに立てるように、
磐田もJ1に戻るとともに、毎年元日にここを目指せるように
クラブが生まれ変わる必要がある。
代表戦もまたここでできるようになると行きやすくなるかな。
そうだ、一応、ゲームにもふれないと(^^;)

第56回全国大学ラグビーフットボール選手権大会 決勝
早稲田大学 45-35 明治大学 @国立競技場(Live)


所詮「にわか」なのであまり大きなことは言えないが、
早稲田の守備が堅く、前半明治が前へ出られなかったこと、
早稲田の飛び出しが絶妙だったこと。
後半状況は一変したが、前半の貯金があまりに大きかった。

「チケット落ちても、こっちはびっくりじゃんねぇ。」(by 田畑政治風)



致し方ないね。
仕事もあるし、当然狙いに行くのは土・日中心になるもの。
競争率高いのは当然。
一次販売で女子サッカーグループリーグを確保できてるだけ
自分は恵まれてるんだと言い聞かせないとバチが当たりそう。
それでも何かもう1種目ぐらい、マイナー競技でもいいから
次回の先着販売で手に入れられたらいいかな、と思う。

で・・・・・----------(◎_◎;)


(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー
大変なことになっちゃったよ!!!!!!!!!!!!!!!
そうかw( ̄Д ̄;)wワオッ!!
自分の個人情報も絡むからあまり言えないけれど、
そうか、ここからなのか♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ


楽しみを通り越して、何がどうなりそうか「怖い」!!!
朝だよね? 朝一だよね!? 仕事、何とかできるか!?

「ラグビーの力」



「ロス」も終わり、ジョセフ・ジャパン体制の継続も決まり、
次に向けてラグビー界が動き出した今さらではあるけれど、
3週間経った今、私なりに今大会、RWC2019を振り返ってみる。
まず、なぜここまでラグビーが盛り上がったのだろうか。
頭がサッカーに毒されている私、m-takasuはこう思う。
まずは「前に前に進む清々しさ」が新鮮だったのではないか。
例えば最近のジュビロ磐田。攻める時も前に進まない。
横パスを繰り返し、なかなかペナルティエリアに侵入しない。
そのうちボールをかっさらわれる。
こんなことを繰り返していては見ている方もイライラがつのる。
一方、ラグビーはパスこそ前に出すことはできないが、
パスを得た者はひたすら前を目指す。
この姿勢が新鮮ですがすがしいのではないか。
なかなかラインを超えられずトライできないこともあるが、
逆にそれを突破できた時の爽快感は大きい。
そこにまたハマってしまうのではないか、と思う。


「不公平感を感じないレフリング」も大きい。
ラグビーのレフリーは、ペナルティを取る基準が
安定しているし、きちんと説明責任を果たす。
だから選手もジャッジにストレスをためることが
少ないように思う。
またトライ5点、コンバージョン2点、ペナルティキック3点と
「完ペキ点」に加え、「部分点」でも評価されるため、
ゲーム内容がある意味「正当に」スコアに反映され、
スコアに納得しやすい、というところもあるのではないか。
これらがノーサイド後には敵であろうとリスペクトできる
という結果につながり、観る側も、プレーする側も
不本意感を感じないところが日本人受けすると思う。
あとはビールを飲みながらの観戦が「デフォルト」であること(´`:)


飲んべえサポにはこんな天国な話があるか?
また、来日した選手や外国サポが「日本流」を肯定的に捉え、
評価してくれたことで歓迎ムードが高まったこと。
特に日本文化、日本人の考え方を評価してもらえたのは
日本人としてうれしい。
でも2002にはここまで評価されたようには思えなかったのに、
なぜ今回、日本のホスピタリティが大きく評価されたのか。
これについては、ドメスティックだった日本のスポーツ環境が
サッカー、MLB、バスケと国際化が進むことで、
あの時よりも世界基準に近いところでスポーツを観戦し、
大会を開催し受け入れる環境が整ったり、
ボランティアの意識と質の向上が進んで、それが選手や観客に
好意を持たれたことなどがよかったのではないかと思う。
この機運を来年のTOKYO2020につなげたいところだが
そうは簡単にいかないだろうな。
だって、今回は主催者と国際競技団体、そして政治の関係が
まずまず円滑に機能していたけれど、来年はちがうもの-_-#
何が「ONE TEAM」だか、都知事さん(–#)
あとIOCも森さんもそれぞれの思惑でバラバラじやないか(°°;)

立ちはだかる緑の壁と、駆け抜ける緑の風。

ラグビーワールドカップ2019 日本 決勝
イングランド代表 12-32 南アフリカ代表
@横浜国際総合競技場(VTR)

あれからもう2週間経ったのかと思う。
終わった直後の「ロス」はいったん落ち着き、日常が戻った。
しかし未だあちこちに「名残」が残っていて、
目にするたびにワクワクとときめきがよみがえってくる。
それだけ自分の、そしてみんなの記憶の中に静かに残っている。
この幸せな記憶はこれからも、ことあるごとに私たちの中に
ふとよみがえり、幸福感をもたらしてくれるのだろう。
さて、この決勝。
あの日本平での静岡ダービーから新幹線で浜松へ飛んで帰り、
浜松窓枠で佐野元春のライブを観た日の夜の出来事で、
私自身、テレビ中継もライブで観ることはできなかった。
ただ、窓枠を出た後、そのまま駅に向かうのではなく、
ソラモのファンゾーン会場へと足を向け、終了間際の数分だけ
パブリックビューイングで観ることができた。
私にとってこれが最初で最後のファンゾーン観戦。
貴重な体験となった。
ただ、ファンゾーンの皆さんの優勝決定時の盛り上がりも、
そこまでのゲームの流れを知っているからこそ。
知らない私はちょっと取り残され気味で心持ちは中途半端。
その後も毎日忙しく、ずいぶんかかってしまったが、
やっとの頃で昨日、全体通して録画を観ることができた。
ううむ。後半の半ばまでペナルティキックで点を重ね合う
拮抗した戦いだったが、そこから南アフリカ、すごかった。
怒濤の2トライ、それに厚いディフェンス。さすが王者だ。
終わってみれば12-32とトリプルスコアに届きそうなぐらい。
いやはや、すごかった。
ホントは大会を終えての思いもどこかでまとめたいが、
長くなりそうなので、また機会があれば。
でも、もうだいぶ経ってしまって「今更感」満載だし、
どうしようか。