「FORZA NIPPON」カテゴリーアーカイブ

ここから始まれ、なでしこの反撃!!

FIFA 女子ワールドカップ フランス 2019 ROUND16
日本女子代表 1-2 オランダ女子代表
@フランス共和国 レンヌ Roazhon Park (TV)

敗戦。そしてベスト16敗退。
しかし私が思うに、この「ラストゲーム」が
今大会でのベストゲームだったのではないかというところに
今のなでしこが置かれている現状が見えるのかな、と思う。
前半はオランダ中盤の頑強な圧を全くかいくぐれず、
前線は孤立するばかり。
そんな中でコーナーキックのユルいマークから失点。
その後も圧をかいくぐれない時間が延々と続いた。
ようやく前半終盤から前にボールがつながるようになって、
長谷川の同点ゴール、そして後半の怒濤の攻めとなるが
結局いちばんよかった後半30分前後に得点を奪えずじまい。
そして、このまま延長勝負なのか!? 出勤時間大丈夫か?
と思い始めた終了間際の熊谷への痛恨のハンド判定○| ̄|_
仮にレフリーが流してもVARが止めてただろうし・・・。
(VARのぜひは今回置いといて・・・。)
結果は残念だし、不運だし、悲劇、とも言えるだろうが
自分たちの時間に決めきれないことに、神様もソッポ、
という感じだった。
しかし、ここに来てやっと自分たちでゲームの流れを変え
なでしこらしい攻めを組み立てられるようになったが、
それが4試合目でやっと、っていうのは・・・?
アルゼンチン戦なんか、単調な攻めの繰り返しだったし
勝ったスコットランド戦だって、決してよくなかった。
結果、4試合やって1勝2敗1引き分け。
組織で崩すことを狙ってなでしこリーグ得点王の
田中美南をメンバーから落選させておきながら、
ようやく4試合目に形がつくれたというところ。
彼女がいればどこかで決めていたかもしれないし、
そこまで田中美南は組織になじまない選手なのだろうか。
他にも、直前の強化試合も含めてなかなか布陣が固まらず、
行き当たりばったり感が否めない中で
その「売り物」にしたかった組織としての連携も
成熟できなかったのではないか。
指揮官のこだわりの強さ(っていうか、好き嫌い?)
が今回は裏目に出たように思うし、
1年後、果たしてこの人が指揮官でよいのか、という
疑念さえも生まれたこの4試合だった。
協会はしっかり総括し、対策をとるべきだと思う。
だって、もう1年しかないのだ。そして・・・、

組み合わせ次第だけれど、もしかしたら、
自分もその場に立ち会うかもしれないし・・・。
目の前で、なでしこが歓喜するゲームをみたいではないか。
(お願い!! 埼玉に来る組み合わせになって!!!!(^^)/ )

こんなに苦しくなるために、サッカーを好きになったわけじゃない。

何だか最近、応援するチームが勝つところを見てないんだな。
まず金曜日はこれ。

FIFA 女子ワールドカップ フランス 2019 D組 第2節
日本女子代表 0-2 イングランド女子代表
@フランス共和国 ニース Stade de Nice (TV)

スルスルって裏を取られて、そこにいいパスが入って・・・
で、結果2失点。
打っても打っても入らないし、ジュビロ磐田みたい。
(ま、こっちの方は交代で誰かが入ればそれなりに
 流れは少し変わるんだけれど。)
心配なのは、チームは一つになれているか、ということ。
前回、前々回のように、視線を合わせ、声を掛け合い、
というシーンが少ないなぁ。
やっぱり澤とか宮間とか、存在感大きかったな、と思う。
今大会の結果もさることながら、来年につながるのか?
というのが正直、心配だ。

そして土曜日。

2019明治安田生命J1リーグ 第16節
磐田 0-2 セレッソ大阪
@ヤンマースタジアム長居(streamiing)

点が取れそうな気がしない。
そもそも、精度悪くて前線につながらないし、
シュートもどうせ枠に行きっこないし、
枠に行ってもどうせキーパーにはじかれそうだし、と思える。
一方でセレッソは前が分厚いよなぁ。
それにその分厚い前へのパスがしっかり決まる。
縦への意識も高いよなぁ。
交代で誰か入っても、何にも流れが変わらないし・・・。
次節、川崎。その次、鹿島。下を向きたくなる。
その次の松本戦で2か月ぶりに勝てるかってところか!?

サッカーを好きになったことが恨めしい今日この頃だ。

スッキリせんなぁ。

2019明治安田生命J1リーグ 第15節
磐田 0-0 ガンバ大阪 @ヤマハスタジアム(磐田)(Live)

「2週間何をやっていたんだ!?」というのが正直なところだ。
関係者は前半はよかったと言うことをもらしているが、
端から見ていて、前半も攻めたり攻められたりで、
確かに得点機があったといえばあったが、
あわやという場面もあったことは事実で、
こちらが主導権を持てている時間帯はなかったと思う。
これでも、ミニゲームで前線でのプレーの精度を上げるなど、
効果的な練習ができていたというのだろうか。
とは言え、いつまでも後ろを向いていても仕方がないわけで
引き分けられただけ、いいか!?

この週末、ほかにもいろいろあったんだよな・・・。

FIFA 女子ワールドカップ フランス 2019 D組 第2節
日本女子代表 2-1 スコットランド女子代表
@フランス共和国 レンヌ Roazhon Park (TV)

岩渕のゴールは素晴らしかったし、結果が何より。
ただ、最後の1失点は余分だし、後半は結構押され気味。
最終節に不安を残した。
一方、同じフランスで行われていたこちらは。

第47回トゥーロン国際大会 2019 決勝
U-22日本代表 1-1(PK 4-5) U-22ブラジル代表
@サロン=ド=プロヴァンス Stade D’Honneur (TV)

PKは運だ。
別にW杯でもアジアカップでもないし、それはいい。
ただね・・・小川航基の同点ゴールは素晴らしかったが
終始ブラジルに圧倒されていた。
来年本気でメダルを狙うのであれば、
まだまだ二皮も三皮もむけなければなるまい。

ホントに同じ日?



昼間はいい天気だったのに・・・、
夜になったら・・・。(ちなみに撮影場所はちがいます。)


(この画像、夜。あたりは真っ暗なのだが。)
一体、どうなっているのか!?
確かに梅雨なので、雨が降るのはわかるが、
あまりに不安定すぎ。
落ち着かないなぁ。

で、こちらにもふれなければ。

FIFA 女子ワールドカップ フランス 2019 D組 第1節
日本女子代表 0-0 アルゼンチン女子代表
@フランス共和国 パリ Parc des Princes

日本の攻めに、引いて守るアルゼンチンって・・・(*_*;
ただ、あれだけ前線でパスなり、クロスなり、攻撃の
精度が低いとな・・・。
初戦引き分けはよくあること。
あとはここからどれだけ前線の連携を修正して、
その上で顔を上げ、前を見ていけるか。
若手が多いだけに、切り替えができるかが
気になるところだ。

「後悔などあろうはずがない」って素敵。



仕事で切羽詰まっている状況にあるので、ゲームもそうだが
引退会見もニュースで切り取られた部分しか見られなかった。
今日も職場に顔を出さねばならないぐらい忙しかったのだが、
帰宅後に、最後の会見を全て見られるサイトを見つけたので
じっくり見、そして聞かせてもらった。
感じたのはこの会見、ただ聞かれた質問に対して答える、
というのではなく、聞かれた質問に彼が答えながら、
「彼なりの生きざまを語る」会見になっていて、
そこで紡ぎ出されるまっすぐで誠実でありながら、深い、
そんな言葉の数々に彼の大きさを改めて感じると共に、
自分のあり方も考えさせられる、そんなひとときだった。
28年、日々誠実に「野球を愛し抜いて」ここまで。
本当にお疲れ様と言いたいし、
これからも次の道で私たちに力を与えてほしい。