「私のすきな音楽」カテゴリーアーカイブ

芦田愛菜ちゃんの成長ぶりにビックリ。


帰宅時、カーラジオでZIP-FMの夕方の番組を聴いていたら、
偶然だがaikoが出演、このアルバムについて語っていた。
「aikoの詩。」。
デビュー以降のシングルと一部のカップリングを収録した
シングルコレクション。私も先週、手に入れた(^_^)v
曲数の割にリーズナブルということが話題になっていたが
それより何より、彼女の、そして彼女をずっと聴いてきた
自分自身の「これまで」が浮かび上がってくるような
想い出の「アルバム」ということができると思う。
曲順がシングルリリース順ではないことについて、
彼女なりの考えがあってのことだろうと思っていたが
今日のラジオで、リリース順にすると、自分のこれまでを
見られているようで恥ずかしいという趣旨のことを言い、
さらに、セットリストをつくるつもりで考えた、とも
言っていた。
なるほど。
シングル寄せ集めじゃなく、一つの作品なのだ。
そう解釈して、これから聴き込んでいきたいと思う。
それから・・・、
最近テレビで見かけるようになったこのCM。

そうか。前回のベスト盤「まとめⅠ・Ⅱ」を出してから
もう8年も経ったのか。
時の過ぎる速さに、改めて驚かされた。

ドームの広さを生かした照明効果がすごい!

サザンオールスターズ LIVE TOUR 2019
「”キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを
 握ってろ!!”だと!? ふざけるな!!」
@ナゴヤドーム(Live)


何はともあれ、楽しかった!!
確かにドームの5階席(!?)。
ステージから遠いのだが、今回の場所はホームベース後方、
ステージ真正面にあたり、ライブ映像を引きで撮った感じ。
そして高さがある分視界が広く、ステージはもちろん
両翼のスタンドも広く見渡せて、ザイロバンドが点灯すると
ものすごくきれいで、視界全体に広がって圧倒されるほど。
傾斜もあって、前の人が立っても全く気にならない。
演目も、今回はアルバムツアーでなく40周年ツアーなので、
新旧取り混ぜたセットリストが楽しかった。
初期のアルバムから「わすれじのレイド・バック」や
「思い過ごしも恋のうち」などの懐かしの曲もならび、
オジサンたちも大喜び(^^;)
それにしても、原由子が自己紹介の時に
「還暦過ぎてもバンド女子」って言ってたけれど
ホント、このバンドはすごいな、って思う。
また会いに来るって言ってたけれど・・・、
そのためにはお互い健康で。
そう、まずは自分も健康で・・・。

いのちはめぐる。

昨日の浦和戦の後、都内に宿泊。
しかし今朝は早起きして6時前にチェックアウトした。
行き先はこちら。


皇居。
当初、午前中は都内での予定を入れていなかったのだが、
宮内庁からこの日に一般参賀を行うとの発表を受け、
急遽予定に組み入れ、まだ薄暗いうちに宿を出た。
荷物をコインロッカーに収め、トイレをしっかり済ませ、
和田倉門交差点に並んだのは6時半ぐらいであったか。
過去3回の参賀の中では突出して早い並びだった。
(そりゃそうだ。今まで朝家を出ていたわけだから。)
そのおかげか、午前10時からの1回目の参賀の30分前に
宮殿前に。まずまずの位置を確保できた。
そして、お出まし。


陛下として初めて宮殿ベランダの中央に立たれたお二人。
即位後、初めて一般国民の前に立った瞬間だ。
表情も穏やかでありつつ、どこか強い思いが感じられた。
お言葉の中で、我々国民の健康を気遣ってくださったが、
両陛下こそ、ぜひともお身体を大切にされて
末長く御活躍いただきたい。
それにしても、参賀参列者は14万人とのこと。
単純計算で、国民100人に1人以上がここに来た計算だ。
ということは、関東周辺在住者にとっては、どれだけの
割合でここに来ているんだ!?と思ってしまった。
参賀終了後はこちらへ。

大井町に移った劇団四季「夏」劇場。「ライオンキング」。
今季J1の日程が発表になった後、この連休の浦和遠征を
考え、それとセットでと、2月末にチケットを確保していた。
12年ぶりだと思う。
前回見た時から、自分もいろいろ変わった。
父を亡くして、家を引き継いだこともあったし、
職場での立場も変わった。
シンバがどんな思いで王位を継承する覚悟を決めていくのか、
それを感じたくて座席に座った。
いや、圧倒されまくりの素晴らしい3時間弱だった。
ただ、いのちのつながり、という面はあまりに大きくて、
今回だけでは受けとめきれない自分だった。
またいつか、なるべく間を開けないでもう一度、
ここを訪れてみたいと感じた。
また、今回は久しぶりに「青山ラフィキ」だった。
青山弥生さんの力強く澄んだ「サークルオブライフ」、
そして「お前の中に生きている」、心に響いた。
「マンマ・ミーア」での「ダンシングクイーン」も
よかったけれど、やっぱり青山さんはこれだな。
いいひとときだった。
朝から一般参賀、午後はライオンキング、
「つなぐ」ことの大切さ、難しさを感じながらの一日で、
そんなことをいろいろ考えての帰りの新幹線だった。

SASへのリスペクトもいっぱい。



10連休も既に3日が終了「してしまった」。
昨日ブルーになる出来事があって無駄に一日消費してしまい、
まだまだ休暇はこれから、というのに何だか冴えない感じ。
ということで、気分転換がてら今日明日は大そうじと決め、
散らかっていた自室を中心に片付けることにした。
現時点では物を動かしただけなので、明日は断捨離か。
それでも結構スッキリしたので、夕方で掃除は区切りとし、
夕食をフライングして夕方から一杯飲み始めた。
ビールのお伴は買っておきながら忙しくて見られなかった
aikoのライブブルーレイ、「My 2 Decades」だ。
上のトレイラームービー、よく編集されていて、
作品全体の空気感をよく表していると思う。
2つのライブが2枚のディスクに分けて収録されているが、
特に「Love Like Aloha」はライブの空気感が伝わる
スイッチングで、その場にいるかのような感じで楽しめた。
作品の一端がうかがえるMVがYouTubeに上がっていたので
ぜひ見ていただければ(^^;)

次の毎日の「始まり」という予感

(BGMには、いきものがかりの「今走り出せば」をどうぞ)


この景色が好きだった。
季節ごとに、時間ごとに、少しずつ色が変わる、
そんな美しい山々の麓での3年間だった。
「いろいろな意味で」やりがいのある職場だったが、
ここでなければ得られなかった多くを学ぶことができたし
多くの人と出会え、つながりをもつこともできて、
自分にとって、大切な財産となった。
心から感謝したい。
明日から新しい日々が始まる。
ただ、これまで足を踏み入れたことのない新しい世界で
新たな役割をいただき、責任を果たさねばならないことは
不安でしかない。
でも、ここでまた新たなつながりをつくり、
貴重な体験を重ねることで、自分が変わることができるなら
そんな変わった自分も見てみたい、という気もする。
足を踏み入れることが不安でしかない新しい世界が
一日も早く、自分にとって
「気づけば 今いる場所が かけがえのない場所」
となるように、新卒社会人の気持ちに戻ってやっていきたい。


今日、最後の片付けに行った職場で私を見送ってくれた桜。
「明日の扉を開ける旅に出ます(^^)/」