「私のすきな音楽」カテゴリーアーカイブ

aikoこそ「格好いいな」

aiko Live Tour “Love Like Pop Vol.20″
@アクトシティ浜松 大ホール (Live)


まずは何より「aiko、浜松に来てくれてありがとう!!」
彼女自身MCの中で何度も「初めての浜松」を強調していて
「初めての街でライブができる喜び」
を実感しているようだった。
ウナギは公演前日、餃子は公演日の昼にいただいたとか(^^;)
静岡でなく浜松だった理由が劇団四季と関係しているのか
私にはわからないし、オーディエンスも地元民ばかりでなく、
関東や中京圏からの「遠征組」も結構多かったようだが
それでも地元で盛り上がれたことが素直に嬉しい。
終演後、アクトの飲み屋から出てきたおっさん連中が
大ホールから出てきたaikoジャンキーの波に圧倒されて
「カブトムシぃ?」と言いながら道を空ける様子を見て
(普段の私はこっちの道を空ける側だったりして(^^;) 
 ちなみに「カブトムシ」は演奏してないんだけどね。)
まさに「わたしたちの日常」にaikoがやってきてくれたこと、
今、この街にaikoが来て、自分はそこに立ち会えたのだ
ということを改めて感じました。
(新しいアルバムをひっさげてのホールツアーらしく
収録されている13曲の中から9曲を取り上げて
その間その間になつかしい曲をはさむ構成。
私自身、新しいアルバムである「湿った夏の始まり」は
自分の中に落ちながら好きになってきたところだったし、
ホーンセクションも入れての厚みのある演奏に乗せて
彼女のパワフルな声がアクトの大ホールにこだまする様を
五貫で感じながらじんわりきたし、心底楽しめた。
アルバムと同じく、ピアノのイントロから重厚感ある
バンドサウンドへとつないでいくオープニングアクト、
「格好いいな」から始まって、
挨拶後にステージに残り、終演後のMCをしていたaikoが
1回引っ込んだバンドメンバーを呼びに戻って
もう1回ステージに引っ張り出して(^^;)演奏した
ダブルアンコールの「be masuter of life」まで
耳で、目で、口で、突き上げる右腕で、体全体で、
彼女と自分なりのコミュニケーションを取りながら、
地元であるこの街で、彼女と、バンドメンバーと
同じ空気感を共有して過ごすことができた。
夢のようなひとときはあっという間だったが、
またこの街で、こんなチャンスがあることを信じて
「オッサンがこんなところに来ていいのか?」などと
尻込みせずに楽しみに待ちたいと思う。





ネタバレ覚悟でセトリをご覧になりたい方は
どうぞ。

「君に悪いことがないように」




1か月近く、車の中などでこのアルバムを聴き込んできた。
聴き込んだ印象は・・・「厚いなぁ」。
うむ、「熱い」ではなく。
とにかくアルバム通してサウンドが「厚い」のだ。
aikoらしくピアノを前面に置きながら、さらに、
ストリングス、ブラス、そしてギターやベースと、
いろんなパートが重なりながら醸し出されるサウンドが
絶妙で、厚みがあり、それがとても心地よい。
主に車を運転しながら聴いてきたので、
まだ歌詞はじっくりと自分の中に落とせていない。
そういう意味ではまだまだ聴き込み甲斐がある。
ただ・・・明日、目の前で彼女が歌うのを直に聴きながら
口の動き、顔の表情も観ながらその歌詞を自分の中に
落としていったら、真面目に泣けてしまうかも。
って!? 「明日、目の前」!?
そうなんです(^^;)



札幌、名古屋、静岡(市民文化会館)、名古屋、東京、
そして・・・浜松!!
2つ心配なことが。
明日、定時に職場を出られるだろうか?
そしてあまりに近くでやるってことで、会場にて
知り合いに会わないだろうか?(体裁悪い(^^;))
いやいや、世間体など気にしている場合ではない。
何はともあれ、明日、職場を出られなくなるような
大事が起きないことだけを祈りたい。

青空よ、心を伝えてよ。

(BGMには西城秀樹さんの「ブルースカイブルー」をどうぞ。)

「なぜあの日、駿府城公園に行かなかったのだろう。」
と思ったのは、今日が2度目。
それは昨年8月の「超ドSフェスタしずおか」。
最初に思ったのは小室哲哉が引退を発表した時。
そして2度目は今日、衝撃的な訃報に接した時。
歌手、西城秀樹さん(63)死去。
フェスタといえばヒデキ、ヒデキといえばフェスタ。
病で往年のダンスやアクションは難しいとはいえ、
もし静岡に行っていれば、彼なりの「精一杯」でもって、
ただの「ノスタルジー気分」に浸るだけでなく
前向きになれる「元気」を私に与えてくれた、はずだった。
無理をすればつけられた都合を、自分のだらしなさでつけず、
静岡に足を運ばなかったことが、今は残念でならない。
まだJ-POPなどというカテゴリーはなく、
「ニューミュージック」さえ市民権を得る前。
フォークやロックはメジャーでなくどこかアングラで、
邦楽界のメジャーは演歌とアイドルだけだったころ。
ただの下手くそアイドルではなく、子どもながらも
「観ても聴いてもカッコイイ」、思わずまねをしてしまう。
それが「ヒデキ」だった。
「傷だらけのローラ」の熱唱と絶叫、
「やめろと言われても、今では遅すぎた」と口答えして
叱られた「激しい恋」、
「ブーツをぬいで朝食を」のライターパフォーマンス、
熱海の夜景がよく似合ってしまう「抱きしめてジルバ」、
そしてもはや何も説明の必要のない「ヤングマン」。
まさに「子どもから思春期にかけてのBGM」だった。



最後にヒデキに会ったのは、そのフェスタの少し前の7月、
雨の等々力で行われた昨季の第19節川崎・磐田戦の時。
川崎市制記念試合のハーフタイムショーに登場して
豪雨の中、オープンカーで場内一周しながら
「ヤングマン」を歌ったのだ。
車に座っての場内一周だったため、あの「YMCA」の
振り付けは座った状態でしか観られなかったが、
敵味方一つになって等々力全体で盛り上がったのは
今でも記憶に新しい。
まさに世代を超えて親しまれた国民的スターだった。
それにしても・・・、
星野仙一さん、有賀さつきさん、衣笠祥雄さん、
大杉漣さん、大沼啓延さん・・・、
子どものころに、若かりし頃に、そしてつい最近、
活躍していた人が次々と・・・。
だんだん自分の順番が近づいている、
ということかな・・・。

ある意味、今年は暮れに計画を入れなかったのは正解なのだが。

オフということで、いつもできないことをいろいろと。
昨夜は毎年恒例、今年の流行り歌をCDに編集。
今年は地道にライブをやってきたSHISHAMOがブレイクしたり
安室奈美恵が引退を発表して社会現象になったり
お笑いがらみでオースティン・マホーンが流行ったり。
あとはCMソングからの流行が多かったことと
AKBの衰退がいよいよはっきりしてきたかな、と。
夜が明けてからは年賀状を出しに郵便局回り。
家のすぐ近くにポストがあるので、もっと早く投函できれば
ただそこに入れればいいだけなのだが、
出し遅れた分、地元の郵便局に投函にいったり、
県外とかにも早く届けたいと西郵便局まで回ったり。
来年こそ、家の近くのポストにただ放り込むだけの
余裕がもてればと思う、毎年のことである。
続いて職場で育てている花に水かけと
そのついでに買い物。カインズホームにいろいろと。
そして洗車と、車の冬支度。
タイヤを替えてキャリアを付けて。薄暗くなる頃、完成。



このレガシィで「出動」するのは最後になるかも。
雪もいっぱいありそうなので何度も出かけたいのだが
今年はまだ計画がなし・・・。ぜひ!!!!

「一緒に歳を重ねていきたいです!」

aiko LIVE TOUR
“LOVE LIKE ROCK Vol.8″ @ ZEPP TOKYO (Live)



前夜。試合に勝ったとはいえデジカメ破損、服びしょ濡れ。
さらにはこの夜のチケットまでが雨水を吸って水浸し。
夜通し、カプセルのロッカーの中で乾燥させ、
さらに朝、ドライヤーを当て「柔らかさ」がない状態に。
特に読みたくはなかったが、コンビニで雑誌を買い、
そのページの間に押し花のごとく挟んで仕上げの乾燥。
そんな思いでたどり着いたこの日のZepp Tokyoだった。
ネガティブなことは頭から消して、とことん楽しもう、
そして昨夜の勝利に続き、この夏を乗り切る「力」にしよう、
そう思って入場の列に並んだ。
決して前の方ではなく、名古屋の時よりも後ろ。
ただ、前の人の頭などの障害は札幌、名古屋の時よりもなく、
彼女の姿を拝みやすい位置を確保し、開演を待つ。
名古屋と同様、「夢見る隙間」から始まり、
「milk」「Power of love」と続くオープニング。
空調が効いているはずなのに、既に汗だく。
曲が進むごとに盛り上がっていったかと思えば、
「えりあし」や「もっと」など、
その言葉一つ一つをかみしめながら聴いて
心象風景が浮かび上がるようなバラードも続く。
さらに相変わらずの客席をいじりながら、
ちょいちょい下ネタも挟みつつ進む和やかなMCもあり、
彼女のもつ素敵な世界観を心底堪能することができた。
途中aikoからは、この会場の空気に何を感じたのか
やっぱりこれからもライブを続けたい、という発言が出て、
じゃ一体何を考えていたのか、とも思ったが、
「皆さんと一緒に歳を重ねていきたい」という叫びに、
会場も私も大きな拍手。
次にライブに来られるとしたら、
その時、自分はどうなっているだろう、と考えながら
前を向いていく力をもらえた2時間半だった。