「私たちの行方」カテゴリーアーカイブ

僅かでも可能性があるのなら。

東征から帰還。ただ、勝ち点という名の戦績はなし。
これで成績としての可能性も、内容の改善の可能性も
ほぼ絶望的といっていい状況になってしまった。
また、鋸山へのお礼+残留祈願参りは今回は延期。
それでも奇跡を信じて神にすがるのは「あり」だろうと考え、
昨日、宿のチェックアウト後に「ある場所」へと出かけた。

東京駅で八重洲南口から高速バスに乗車。
東関道を東へ1時間と少し。千葉県香取市。

訪ねたのは下総国一宮、香取神宮。
天照大神から命ぜられて、大国主から現在の日本である
葦原中国(あしはらのなかつくに)を譲り受け、
平定したという経津主大神(ふつぬしのおおかみ)を
御祭神としている、神武天皇18年創建の由緒ある神宮。
仕事も含め人生全般の開運に御利益があるとのことだが
ここは武道をはじめ「勝運」の神としても有名。
今こそ行かねばとこちらの拝殿と奥宮に参拝した。
さらに、今回は人生で初めてこのようなものを書いて奉納。

「健康安全」はドックが終わったばかりの自分だが、
これからも健康で、ということで併せて(^^;)
その後は駅に向かい、「鹿島線(!?)」に乗車。

利根川を越え、常陸国、茨城県へ。
そう、あの鹿島アントラーズのホームタウン、
鹿嶋市の鹿島神宮駅に到着した。
サッカー観戦でなくこの街を訪ねるのは最初で最後かも。
目的地はこちら。

常陸国一宮、鹿島神宮。神武天皇元年創建。
武甕槌大神(タケミカヅチノオオカミ)が御祭神で、
先ほどの香取神宮の経津主大神と共に葦原中国平定に活躍し、
日本書紀などの神話の中でも香取神宮と通じていることと、
古代蝦夷平定の「武神」でもあるので訪れた。
以前鹿島戦の観戦で来た時にも参拝したことがあるのだが、
あれからもう7年も経つのかと思うと時の流れの速さを痛感。
しっかり磐田のJ1残留を祈ったが、さすがに鹿島のお膝元。
絵馬に残留祈願を書くのはためらわれたので、参拝のみにした。

さて、いずれの神宮も台風の爪痕が各所に残っていた。

これは香取神宮の森だが、鹿島神宮も「要石」方面は
倒木の危険のため、参道を閉鎖しているところもあった。
幸い電気は来ているようで、屋根のブルーシートも
目立たなかったが、本来行きたかった鋸山方面はまだまだ
電気復旧まで2週間近くかかるとか。本当に大変だと思う。
改めて早い復旧・復興を期待したい。

そして、いつの日か、この香取・鹿島両神宮と鋸山、
さらに京都の藤森神社、全てに「お礼参り」に行ける日が
来ることを心から願って・・・。

” 1 Year to Go ! “ その日はもう遠くない。



いろんなこという人もいるけれど、
素直に「楽しみ」。
選手たちはいい準備をして、その日を迎えてほしい。
そして、私にとっての2020″ 1 Year to Go ! “は、
明日「7月25日」(∩˃o˂∩)♡
私も「その日」を迎えるために、健康を整え(これ大事)、
スケジュールを調整し、万全を期したい。

もし、これでチームが変われたなら、彼は相当だ。



「秀人なのかぁ・・・。それも暫定でなく、正式か。」
というのが、報道を初めて見た時の最初の思いだ。
鈴木秀人という人物に信頼を置いていないわけではない。
かつてはスタンドから彼の背中を押した一人として、
その熱さ、前向きさはよくわかっている。
指導者としても、各カテゴリーで経験を積み、
前監督を「一番近いところで」「一体となって」
支えてきたこともわかっている。
ただ、だからこそ、不安はそこにある。
これまで参謀として指揮官を補佐することに尽してきた者は
得てして戦略を練る際、かつて仕えてきた指揮官のやり方を
「下敷き」にしがちになってしまうものだと思う。
特に「こんな時どうする? 」というようなギリギリの判断を
求められた時こそ、それは出がちだ。
前指揮官の下、現有戦力をどう見て、どう生かすべきかも
共通理解の下でやってきているので、多少見解のちがいも
あるかもしれないが、前任者と大きくちがわないはずだ。
(そんなにちがっていたらとても同じチームではやれてない。)
その参謀が指揮官になって、大胆な改革を行えるのだろうか。
実際、インタビューでは「このタイミングで多くを変えても」
と言っている。
でも、それは変えないのではなく、変えられないのではないか。
チームがいい状態で前任者が勇退し、それを引き継ぐのなら
一番近くにいた参謀の内部昇格でもよい。
でも、今、必要なのは変革で、新たな引き出しではないか。
だとするならば、外部の人材に依頼するべきだったのでは?
というのが、職種はちがうが今の私が経験から思うところだ。

この街の夜、結構楽しい。

ついに、というか、やっと、というか、行ってきた!!
地元で今評判の店、新居町俵町の「RIVET(リベット)」。
元々、郊外で長く営業してきたイタリア料理店が、
新居関所近くの町屋を改装し、移転してオープン。
移転以降(っていうか、改装してる時から)評判だったが
なかなか訪ねる機会がなく、機会を狙っていた。
今回、前の会社から今の会社へ、私と一緒に移籍して
共に勝手が違うところで戸惑いの2か月をくぐり抜けてきた
元部下であり、家も近所である仲間と近況を語り合い、
そして前を向くために、飯でも食べながら話そうと訪れた。

いやいや、ここが民家だった頃から知ってるけど、
改めて、味のある入り口。
(でも、最初どこから入るかわからなかったけれど(^^;))
そして前菜盛り合わせとサラダ、そして生ビール(^^;)

バラエティ豊かでいろいろあって、彩りもキレイ。
そしておいしい!!!
ワインにしてもよかったかな(^^;)
さらにピッツア!

話とビールに夢中で、食レポ十分でなく申し訳なし。
でも、確かにいい(^_^)v
ホントならこの後、肉料理とか行くべきなのだろうが、
これで粘って、ビールたらふく飲んでお腹いっぱい(^^;)
もっと食べたかったぁ。
改めてまた、訪ねてみたいと思う。
ちなみに、その後は歩いて移動していつものコース・・・。

これまた新居関所前のバー、ZUCCAでカクテル三昧。
いろいろしゃべりました。
徒歩圏内にこれだけのお店、この街の夜。結構楽しい(^^;)