「私たちの行方」カテゴリーアーカイブ

「残念」だけでなく「複雑」

今日は違うことでアップするつもりだったんだけれどな。


何で静鉄電車の画像なのかって?
若かりしころの休日。
妹の「りぼん」のコミックスを何気なく読んでいると、
あるマンガがおもしろかったのだが、その設定場面として
ある私鉄沿線の街を舞台に描かれていたのだが、
どう見てもこれは静鉄で、草薙から桜橋あたりの風景に
よく似ていて、そうではないだろうかと思って読んでいた。
そのとおり、その「ちびまる子ちゃん」という作品は、
清水市を舞台とした作者の自伝的なマンガで、
作者は私と同年生まれで、私が学生として静岡に住み、
清水市も行動半径としていたころに清水市に住んでいた
「さくらももこ」というマンガ家であることを知り、
その後、いろんなシンパシーを感じながら応援してきた。
その後そのマンガはアニメ化され、国民的マンガとなり、
もはや説明の必要がないぐらいとなっていたのだが・・・、
「さくらももこさん 8月15日に乳がんにて逝去」
訃報にふれて、言葉を失った。
まるちゃんのお姉ちゃんの声優、水谷優子さんが逝き、
西城秀樹さんが逝き、
そして、まさか、まるちゃんそのものである
さくらももこさんまで逝ってしまうなんて・・・。
残念で、そして複雑でならない。
だって、第一線で活躍する同年の、
同じころを同じ街、同じ空気の中で過ごした方が
こうして逝ってしまうって、一体!?
そう、残念だけではない、「複雑」な思いだ・・・。

友引・一粒万倍日

あれから2日も経ってしまった。
いろんなことがあって、落ち着くのに時間がかかってしまい、
やっと今日、こうしてアップ。それぐらいハードだった。
金曜午前は職場に顔を出して台風被害の確認など少し仕事。
その後はレガシィを納め、レヴォーグを受け取ることに。


なるほど、この部屋、何のための部屋だろうと
前から思っていたけれど、そう言うことかとわかった。
納車引き渡し用の部屋だったわけだ。
一応、最後の保険などの手続きや説明などを受けて、
いよいよ引き渡し。
レガシィのカギを渡して、レヴォーグのカギを受け取った。


こうして並ぶと感慨深い。
最後にレガシィにお礼の言葉を心の中でかけて
新車のにおいがただようレヴォーグの運転席へ。
エンジンをかけ、シート位置やミラーなどを調整し、
おそるおそる出発。超・安全運転で帰ってきた。
帰宅後、いろいろナビやアイサイトをいじってみる。
しかし「????」。
驚いたのは(ごめんなさい、驚いてるのは私だけ?)
イマドキの車ってのはスペアタイヤがない!?
それにイマドキの車ってのは、CDを録音しておく
HDDがなくて、基本携帯やi-podから音楽を飛ばすもの?
ほかにもいろいろわからなくて驚くばかり。
これだけで、かなり精神的にも疲れたところだが、
夕方から職場若手の結婚式で、電車で浜松へ。


いい仲間に恵まれ、いい学生時代を過ごし、
素敵な形で奥さんと出会い、ここまで日々を重ねてきたことが
よくわかる式だった。お幸せに(^^;)
帰ったら鹿島戦を見る余力もなく、バッタリ。
それはその次の日も引きずる始末・・・。
でも、「いい疲れ」なのかもしれません。

当たり年

結論から言ってしまうと、
9年間乗ってきたレガシィツーリングワゴンは、
まだ、わが家の駐車場にいる。


今朝、新レヴォーグと引き換えるつもりで家を出て、
ちょっと仕事を片付けるつもりで職場に寄ったのだが、
そのあたりから天候が急変、ものすごい土砂降りに。
台風も近づいていて、納車どころではない、
ということで、明日に延期してもらった。
(明日は午後から職場若手の結婚式で、スケジュール的に
 かなり慌ただしい一日になってしまったのだが。)
ただ、新しいレヴォーグとの出会いも楽しみだが
もう一日、このレガシィといられることへの安堵も。
不満があって手放すわけでもないし、
いろいろ自分にとって(磐田にとっても)大変な時を
一緒に乗り切ってきた「相棒」でもあり、
また、野沢や栂池、乗鞍でのいい思い出を共にしてきて
ちょっと別れが惜しくもあるのかな(^^;)
それにしても、今年は台風にいろいろ振り回されている。

ということで、ヒントです。

昨夜の私の「レガシーデロリアン・ツーリングワゴン」が
どこで撮影されたものか、今ひとつ難しかったようなので
ヒントとなる画像を。
まず、昨日のレガシィデロリアン。角度を変えて。


どこだかよくわからんなぁ。
というのも、私の記憶の中ではこんなに木が茂っていて
枝も張り、葉っぱだらけではなかったはずなのだが。
ってことで、デロリアンでタイムスリップ!!!!


卒業間際に実家から静岡に持ってきて
ちょっとだけ乗ってたスプリンター。
よ~く見るとわかるんだけれど、同じ場所。
あの頃は、枝振りももう少しおとなしくて、空や背景が
もっとよく見えたんだよなぁ。
うちの職場もそうなんだけれど、木の生長ってすごい。
枝をばっさばっさ落としてもどんどん生えてくるんだもの。
私にもそれだけの若さと生命力があればいいのだが・・・、
若くないかなぁ。
で、このデロリアンも明日、私の手を離れていき、
新たなレヴォーグが私の下にやってくるはずなのだが
果たして天候は大丈夫なのだろうか。
納車は延期すべき!?

車は空を飛ばないし、ホバーボードもないけれど。

本当は、今日は「勤続○年」の休日。
しかし、朝、職場に顔を出して、クリアしておくべき仕事を
片付けてから、まだ台風の影響が出ていない中、車で東名へ。
残り少ないレガシィツーリングワゴンとの最後の遠出として、
東へ向かった。
行き先はここ。


これでわかる人は、よほどのしょんないTVマニアか、
日帰り温泉マニアか?
(もしくは私の過去ブログを読んでいる人?)
久能山の下、すんぷ夢ひろばの日帰り温泉施設、
「天下泰平の湯」。


別に「しょんないランド」に特別な思い入れがあるわけでも
ないのだが、先代のレガシィの時のラストドライブでも
ここを訪ねたので、あれ以来久しぶりに行ってみようか、
ということに。
お盆休みも終わった平日ということもあるだろうが、
「賑わい」という意味では「寂しい」を通り越して
もはや「ロストワールド」的な状態。
前回も言ったが、せっかく久能山の中腹にあるのだから
駿河湾が見えるような展望風呂の作りにするべきだし
あとは温泉浴槽の湯の浄化を徹底すれば、価格も高くないし
悪くないと思うのだが・・・。
(市街地からの便が悪すぎかな:-))
ちなみに静岡は私にとって懐かしの地。
特にどこに行くというわけでもなく、いろんな道を走り
あれはまだ残ってるかな、ここはこんな風に変わったんだ
みたいな感じであちこち走り回って楽しんだ。
これがどこか、この画像だけでわかる人はすごいんだけど(^^;)


びっくりしたよ。
静岡は県庁や東静岡周辺はちょくちょく行くんだけれど、
大谷小学校前の大谷街道が片側2車線化してたり、
高松あたりにスマートインターができてたり、
一時停止の「止まれ」の下に「STOP」って書いてあったり。
「さぼおる」も油そば屋になっちゃってたし。
ここ数年の静岡市郊外の変化って、すごいんじゃない!?
私のレガシィちゃんがデロリアンになったみたいな
驚きの半日でした(^^;)