「私たちの行方」カテゴリーアーカイブ

過ぎ去っても解けない魔法。

毎年11月初旬、若い頃4年間過ごした懐かしの街、静岡に通う。
待っているのは、大道芸ワールドカップin静岡。
そこに行けば、「日常」にはないワクワクやエネルギー、
そしてほっこりとした温かさに包まれ、心が癒やされて、
前を向いて進むパワーをもらえるから。
そして今年もそんな「魔法」にかけてもらうために、
11月3日、4日(日・月)と1泊2日で静岡へ向かった(^_-)


一番、圧倒されたのは、ミズキシナガワ。
今大会、唯一の日本人としてのW杯部門参戦。
日本人女性アーティストのエアリアルは初めて観たが
その技術と表現力には迫ってくる凄みを感じた。


一番、盛り上がったのは、桔梗ブラザーズ。
彼らももはや若手ではない。立派な中堅どころ。
その高いジャグリング技術は言うまでもないが、
2人が連動するシンクロ性から来る美しさは素晴らしい。
心地よい音楽に乗せて、手拍子で盛り上がりながら、
一体感に包まれた静岡市役所前。素晴らしかった。


一番、笑わせてもらったのは、毎年恒例、ダメじゃん小出。
1日(金)の投稿にも加納真実とのコラボの話題を載せたが、
当然一人でも十分面白い。そして欠かせない。
観客をいじり、引っ張りこみ、時に丸投げし(!?)
時事ネタやその場でのハプニングを巧みに笑いに変えつつ
「時折」パフォーマンスを挟んでいく、という
もはや誰も真似できないダメじゃんワールド(^^)/


一番、ハートウォーミングだったのは、KANA∞。
ダメじゃん小出と並んで、毎年必ず足を運ぶ一人。
高い技術のフープパフォーマンスやハットジャグリング、
そして温かさあふれるトーク。
彼女のもつ空気感は観る者を癒やし、背中を押してくれる、
そんな力があると思う。


一番、これから応援していきたいと思ったのは、
望月ゆうさくと、めぐみ梨華。
共にジャグラーで、望月ゆうさくの方は静岡市生まれ。
子どもの頃からこの大道芸W杯を観て育ってきた世代。
今回女性ジャグラーのめぐみ梨華とのコラボで登場した。
ゆうさくの演技も凄いのだが、めぐみ梨華はソロの時よりも
落ち着き、のびのびパフォーマンスしていたのが印象的だった。
これからも伸びていってほしい。そして・・・。


今回の一番の「大発見」はこちら。ホワイトアスパラガス!
初め注目していなかったのだが、他のパフォーマンスを待つ間
後ろの子供が彼らを観たがり何度も母親にせがんでいるのを聞き、
どんな人たちだろうと思い、最終日の予定を変更して観てみた。
高い技術なのだが時に笑えて、時にシュール。素晴らしかった。
来年度から「必須」として入れていきたくなった。
そして・・・。


昨年度のチャンピオン、ケロルと・・・?


今年度のチャンピオン、クアトロ・ストンプ。
いずれも、「さすが王者」といいたくなるような、
圧巻の演技でした(^^)/

まだ紹介しきれないアーティストがたくさん・・・。本当に
「ありがとう、心を温めてくれて。そして前を向かせてくれて」
というステキな週末だった。

「最高に素晴らしい時間」

佐野元春 & THE COYOTE BAND
CLUB CIRCUIT TOUR 「ソウルボーイへの伝言 2019」
@Live House 浜松 窓枠

終演後、板屋町の交差点。
充実した気持ちで夜風に吹かれながら浜松駅方面に向かう。
だって、本当に「いい時間を過ごせた」という実感が
自分を包んでいたから。
ライブの冒頭で彼が言った
「今日は最高で素晴らしい時間にしよう!」
という言葉どおり、素敵な演奏、最高のパフォーマンス。
それも新しい曲から(でも最新アルバムからはなかったな)
十代の頃に自分の心を揺さぶったスタンダードナンバーまで、
ライブハウスならではの生々しいバンドサウンドで、
しかし小編成バンドにありがちな「薄さ」がない「厚い」音で。
そしてまた、彼の音楽は時空を超えるのだ。
THE COYOTE BANDになってからの新しい曲も、
10代の頃から聴いてきた「ガラスのジェネレーション」や
「インディビジュアリスト」「彼女はデリケート」も
新しい感やオールディーズ感がなく、同じ良質の音楽として
耳に、体に、心に、届いてくるのだ。
パフォーマンスやうるささでごまかすのでなく、
本当に心地よい。そんな音楽に囲まれての2時間弱だった。

そのライブが最高の時間になったのは、そのライブ前の時間も
いい過ごし方ができ、今日一日がいい時間だったからだと思う。

2019明治安田生命J1リーグ 第30節
磐田 2-1 清水 @IAIスタジアム日本平(Live)

これが勝利という形でなく、敗北、引き分けという
望んでいない形で戦いを終えていたら、私の心持ちも変わり、
その後、あんなに充実した気持ちで浜松へ戻っている場合では
なかったと思う。
藤川虎太朗のこぼれ球に走り込んでのJ初ゴール、
そしてルキアンのポストプレーからそこに走り込んでの
アダイウトンのゴール右すみへの狙いすましたゴール、
いずれも素晴らしかった。ただ・・・、
もちろん結果がすべてだ。
その結果が今まで出せなかったから今こんなに苦しいのだが
またまた今節もオウンゴールに苦しめられたし、
かなりきわどいシュートを食らうことが何度もあった。
しかもこれが、「相手が一人少ない状況」にも関わらず、
最後まで安心できない状況になってしまったのはなぜか。
あの腰が引けたような横パスしか出せない状況は何なのか、
そこを猛省し、打開できないと次の東京戦は苦しいと思う。
今節も前節に続いてライバルは総崩れだった。
しかし、まだ状況は変わっていない。かなり厳しい。
今節は悪あがきが成功しただけなのだ。
相も変わらず、勝ち続けて信じて待つしかない。

“TO BE CONTINUED”



これで今日のお題が何かわかる方は、相当なマニアだ。
ワールドカップin静岡・・・?
エコパはもう終わったし、3決は東京スタジアムのはずだし、
って、それはワールドカップちがい。
こちらは今日開幕。大道芸ワールドカップin静岡。
明日、あさってとお泊まりで行ければよかったのだが、
明日、清水区とはいえ同じ静岡市内でダービーとなれば
そちらに「行かないといけない」(!?)かな、と考え、
お泊まりは日・月に切り替えた。
その分、ナイトパフォーマンスは今日見ておこうか、と
仕事が終わった後、静岡に向かった。
いやぁ、加納真実、楽しかったぁ!
って、上の画像だけではどうかわからないって!?
では。


もう定番。終盤の「ダンシングクイーン」!!
観客にお面を着けさせ、次々と引っ張り込んで
ABBAサウンドに乗せて大盛り上がり!! 圧巻だった。
彼女はダメじゃん小出の冒頭にも乱入(^^;)

これまた盛り上がるのなんの(^^)/
ダメじゃん小出はあさってあたりにもう一度見たいなと
思っているので、その時にでも詳しく(^^;)
楽しいひとときが終わり、ちょっと名残惜しく駅方向へ。
すると両替町の一角から賑やかなサウンドが!!


ジャズバンドが街角ライブ!!
結構本格的で、あちこちでナイトパフォを終えて来た
観客であっという間に黒山の人だかり。
30分近くそこに留まり、素敵な演奏を楽しんだ。
さぁ、続きはあさって。
明日は、日本平じゃなくて大道芸W杯に行けばよかった、
なんて思うことが絶対にないように、磐田の選手たちは
残留に向けて「悪あがき」をしてほしい、

「登れぬ山などない」

私が奥様に連絡を取ったのが今年も間際であったことと、
奥様も翌日に大きな仕事を抱えているとのことだったので、
無理を申し上げてお宅にお邪魔するのも申し訳なく、
昨年に引き続き今年も、お線香を供えさせていただくことは
控えさせていただきました。
ただ、自宅から空を見上げて遠くにいるあなたを思いながら、
あの日から13年目を迎えての私なりの思いと、
これからも私たちを遠くから見守っていただけるようにと、
心の中でお伝えさせていただきました。
どうですかね、今の私。
あなたの目にはどう映っていますか?
ドタバタしてるし、周りも先も見えてないし、
今の私の役回り、「らしくない」ですよね? (^^;)
でも、あなたと御一緒させていただいていたころだって
今思えばドタバタだったし、何も見えてなかったし。
ま、やれるだけやってみます。見ていてください。
今年も、あなたの好きだったこの歌を。
“He lives in you”

夢のお城は工事中!?



「仕事」で、15年ぶりに「夢と魔法の王国」に来た。
初めに立場上の役割を少し果たした後は、
「仕事」を兼ねてアトラクションへ。
前回にはなかったバズライトイヤーのアストロブラスターや
新しくなったらしい(いつ新しく?)スターツアーズ、
そしてホントに久しぶりのスペースマウンテンなど、
主にトゥモローランドをメインに「視察」した。
そして、これまたホントに久しぶりのパレード。
今は「ドリーミングアップ」というらしいけれど、
キャラクター総出演と言っていいようなオールスターの
華やかなパレードを、音楽とダンスも共に堪能。
そして相変わらず「キャスト」と呼ばれるスタッフの
きめ細やかな心遣い。
これを感じるだけでも行く意味があるように思った。
そしてそれらの力で、こんなオッサンも6時間ほど
すっかり魔法にかかってしまった(^_^;)
(その後も少し気持ち的に聞いてたかも(^^;))
重ね重ね、今回は「仕事」だけど・・・、
楽しませて、そしていろいろ考えさせていただきました(^_^;)