「磐田」カテゴリーアーカイブ

ポンコツ。(死語?)

2018明治安田生命J1リーグ 第25節
磐田 1-6 名古屋 @ヤマハスタジアム(磐田)(Live)


90分全てが悪いわけではなかったとか
決めるべきところで決めて1-1に追いついていればとか、
セカンドボールがいつも相手のところに出たりとか、
言い訳はわかった。
ただ、金を払って見ている我々としては、
つまんないミスからあっさりと点を失ったり、
簡単にボールをかっさらわれて、
カウンターを確実に決められたりとか、
そんな絶望的なシーンを6回も見るために
シーズンチケットを買い、
19時キックオフのナイトゲームを見るために
昼過ぎから入場待ちの行列に並んだわけではない。

けが人は戻れるのか?

2018明治安田生命J1リーグ 第24節
磐田 1-1 鹿島 @カシマサッカースタジアム(streaming)


私が職場の若手の晴れ姿に目を細め、
白ワインをおかわりして、いい感じに「できあがっていた」頃、
私たちの磐田は本州の東の果てでかなり苦しんでいたようだ。
その晩は帰宅後すぐに寝込んでしまったので、翌日にDAZN。
前半ボールを回せていた時間帯に、やはり得点が取れない。
そして「あるある」のセットプレーからの失点に失望。
今節は勝ち点を積めないことも覚悟した。
しかし、サッカーは全てそうだが、特に最近の磐田は
タイムアップの笛が鳴るまで、何が起こるかわからない。
ペナルティエリア内でのハンドという相手のミスによって
得たPKを、大久保がしっかりものにしての1-1、
何とかアウェーカシマで勝ち点1を積むことができた。
ロスタイムに入ってもあきらめない粘り強さは評価できる。
ただ、やはり流れが来ている時に決めきれないことを
もう少し重く受け止めて策を練ってほしい。
次節はホーム。しかし相手は苦手名古屋だ。
手はあるのか?

文化シャッターさん、スポンサーお待ちしてます(*_*;

2018明治安田生命J1リーグ 第23節
磐田 2-0 柏 @ヤマハスタジアム(磐田)(Live)


中3日しかなかったはずなのだ。
あの0-4で「シャットアウト」された屈辱的な敗戦から。
おまけに攻守の要の田口を累積警告で欠き、
別に誰かけが人が復帰したわけでもなく、
「カップ戦メンバー」での戦いを余儀なくされたはずなのだ。
でも・・・勝てちゃった(‘_’)
どういうことかな、中盤が機能しちゃったし、
ボールロストも少なく、川又のポストも決まり、
ゴールも2つも決まっちゃったりして。
あれだけ五月蠅い柏の右サイドもうまく封じられたし。
(もっとも、カミンスキーのスーパーセーブに救われた点も
 あったんだけれど・・・。)
監督をはじめとするスタッフの分析、
選手のホームで負けられないという思い、
できることを確実にやっていこうとする姿勢、
今の磐田でも必要なことをやりきれば、これだけできるのだ、
そんなゲームだったと思う。
ただ・・・次の鹿島はこうはさせてくれないだろう。
1週間またよく考え、準備をして備えてほしい。


シャッター、下ろしてみます? (^-^;
そんなことしませんて。
浦和とちがって、そんな品のないクラブじゃないですし。
(シャッター屋のスポンサーがないだけかな(*_*;)

「三木谷マネー」にやられた。

2018明治安田生命J1リーグ 第21節
磐田 1-2「楽天」 @ノエビアスタジアム神戸(Live)


2つの意味で悔しい。
1つは我が「身の丈クラブ」が「三木谷マネー」に
かなわなかったこと。
もう一つは、主力5人を欠いて戦わねばならない中で、
クラブとしての力を出し切れないまま勝てずにいること。
まぁでもあの2人、確かにすごいな。


どんなスーパースターでも、1人入ったぐらいだと
空回りするだけで終わるかもしれないけれど、
2人そろえると、やっぱりチームとして変わる。
トラップすらまともにコントロールできないうちとちがって
ボールさばきもうまいし、パスを散らすのも正確だし、
視野が広くて味方の動きがよく見えている。
周りは信じて走るだけだ。完全にしてやられた。
一方でうちは・・・。
ないものねだりしても仕方ないが、けが人が2人ぐらい
戻るだけでだいぶちがうと思うのだが・・・。