「磐田」カテゴリーアーカイブ

僅かでも可能性があるのなら。

東征から帰還。ただ、勝ち点という名の戦績はなし。
これで成績としての可能性も、内容の改善の可能性も
ほぼ絶望的といっていい状況になってしまった。
また、鋸山へのお礼+残留祈願参りは今回は延期。
それでも奇跡を信じて神にすがるのは「あり」だろうと考え、
昨日、宿のチェックアウト後に「ある場所」へと出かけた。

東京駅で八重洲南口から高速バスに乗車。
東関道を東へ1時間と少し。千葉県香取市。

訪ねたのは下総国一宮、香取神宮。
天照大神から命ぜられて、大国主から現在の日本である
葦原中国(あしはらのなかつくに)を譲り受け、
平定したという経津主大神(ふつぬしのおおかみ)を
御祭神としている、神武天皇18年創建の由緒ある神宮。
仕事も含め人生全般の開運に御利益があるとのことだが
ここは武道をはじめ「勝運」の神としても有名。
今こそ行かねばとこちらの拝殿と奥宮に参拝した。
さらに、今回は人生で初めてこのようなものを書いて奉納。

「健康安全」はドックが終わったばかりの自分だが、
これからも健康で、ということで併せて(^^;)
その後は駅に向かい、「鹿島線(!?)」に乗車。

利根川を越え、常陸国、茨城県へ。
そう、あの鹿島アントラーズのホームタウン、
鹿嶋市の鹿島神宮駅に到着した。
サッカー観戦でなくこの街を訪ねるのは最初で最後かも。
目的地はこちら。

常陸国一宮、鹿島神宮。神武天皇元年創建。
武甕槌大神(タケミカヅチノオオカミ)が御祭神で、
先ほどの香取神宮の経津主大神と共に葦原中国平定に活躍し、
日本書紀などの神話の中でも香取神宮と通じていることと、
古代蝦夷平定の「武神」でもあるので訪れた。
以前鹿島戦の観戦で来た時にも参拝したことがあるのだが、
あれからもう7年も経つのかと思うと時の流れの速さを痛感。
しっかり磐田のJ1残留を祈ったが、さすがに鹿島のお膝元。
絵馬に残留祈願を書くのはためらわれたので、参拝のみにした。

さて、いずれの神宮も台風の爪痕が各所に残っていた。

これは香取神宮の森だが、鹿島神宮も「要石」方面は
倒木の危険のため、参道を閉鎖しているところもあった。
幸い電気は来ているようで、屋根のブルーシートも
目立たなかったが、本来行きたかった鋸山方面はまだまだ
電気復旧まで2週間近くかかるとか。本当に大変だと思う。
改めて早い復旧・復興を期待したい。

そして、いつの日か、この香取・鹿島両神宮と鋸山、
さらに京都の藤森神社、全てに「お礼参り」に行ける日が
来ることを心から願って・・・。

何も変わらなかったこと。それが虚しい。

2019明治安田生命J1リーグ 第26節
磐田 0-2 川崎 @等々力陸上競技場(Live)

やっぱり「お礼参り」に行かなかったから!?
でも、不思議と落ち込まない自分がいたな。
想定の範囲内っていうか。
ファビオが出ない時点でこうなるんだろうなって思ったし。
とは言え、指揮官の思いを浸透させ、立て直すための
2週間というまとまったブランクが与えられていた上、
川又を復帰させてあれだけ長い時間使うことができながら
何もできなかったことへの無力感はかなり大きかった。
もはやこのチームには、何かすることで変えられるような
余地はないんだろうな、と思えてきた。
その指揮官も、何をすべきかわかっている、と言いながら
試合後のコメントも何を言っているのかわからないし、
相変わらず迷走しているようにも見える。
覚悟はできたな。

お礼参りはいつの日か、2シーズン分!



今日は人間ドックでした。
「叩けば埃が出る」年齢になってきたこともあり、
(叩かなくても(^^;)!?)
この数日憂鬱でしたが、何とか保健師のおねえさんからの
「ありがたいお話」だけですみました。
ということで、明日は川崎フロンターレ戦。
心置きなく等々力に駆けつけられます(^_^)v
ただ・・・、実はこの数日でいろいろなことがありました。
川崎戦後、ナイトゲームで最終新幹線に間に合わないだろうと
横浜のなじみのカプセルに宿をとり、
翌日は、アクアラインで千葉に向かおうと思っていました。
しかしそのカプセルが「漏水」で休業になったとの知らせ。
宿の変更を余儀なくされました。
そもそも、川崎遠征なのになぜ横浜のカプセルに泊まって
千葉に行こうと考えていたかというと、
昨季最終節の川崎戦に破れ、プレーオフに回ることが
決まった後、一晩途方に暮れて泊まったのがそこでした。
その時、アクアラインで海ほたるに行ってみたい、とは
思っていたのですが、プレーオフに向けて何か「願掛け」
のようなことをしたいなぁとネットを見ていたら、
「鋸山」



のことが出てきて、そうだ、ここで修験者の如く
山中を祈って回ろうと思い立ったのでした。
そして、内房線で浜金谷へ回り、鋸山へ。
それは日本なのに中国かインドか、というようなところで
残留を祈ることで心も洗われ、気持ちも立ち直り、
そして翌週、磐田はプレーオフに勝利したのでした。
そして今季を迎えたのですが・・・。
「そういえば、お礼参りに行ってない。」
それが気になり始めたのは、この夏ぐらいからでした。
だからよくないことが続いているのか?
お礼申し上げると同時に、もう1回すがってみたい、
そう思い、ドックの結果が悪くなければ再び千葉を訪ね、
同じルートで鋸山に行ってこよう、そう思っていたのでした。
しかし・・・。
「台風15号が千葉に大被害。大規模停電。」
嫌な予感がして、ニュースやネットを注視しました。
そして鋸山がある富津市や鋸南町が大変なことになっていて
とても今、素人が観光で訪ねられる状況ではないことを
思い知らされました。
観光で訪ねることで復興支援、という思いで東北も訪ねた
自分ですが、さすがに今富津というのはムリかな。
ということで、お礼参りを見送らざるを得なくなりました。
お礼と願掛けができないのが残念ですが、
残留を決め、いつの日か改めて鋸山を訪ねてみたいと思います。
それから、一日も早くの停電をはじめとする被害からの復旧、
そしておいしい海の幸を生かした観光をはじめとする復興を
願っております。
「がんばれ、千葉!」

「ちぐはぐ」


今日、残りのシーズンチケットが届いた。
ただ・・・、そこに入っていたのはたったの4枚。
このたった4枚がなくなる時には(もしかしてその前に!?)
来季、どのカテゴリーで戦えるのか、明らかになっている。
厳しいなぁ。
で・・・社長の詫び状とかは・・・? 入っていない。
詫び状も、残り試合にかける決意表明もない。
なるほどね。そんなものか。
もちろん、こういう状態に向かいながら何もできなかった
前々指揮官、前指揮官、そして不甲斐ない選手たちにも
もちろんがっかりしているが、フロントはだんまりなのか。
もちろんシーズン中だし、指揮官が替わったばかりだから
今はそれどころではない、ということなのだろうが、
シーズン終了後、フロントは何らかの動きを見せるべきだ。
ここまでの対応のまずさはいくつもある。
前々指揮官を外すタイミング、前指揮官の人選のあり方、
それを「体調不良」にしてしまうサポート体制、
折り返し点で補強をしたはいいが、新指揮官が就任すると
補強メンバーの多くがベンチにも入れないちぐはぐさ。
(補強選手はそんな使えないような選手だったのか!?
どれだけ無駄遣いしてるんだ!?)
まだまだ挙げればキリがない・・・。
この現場置き去り感、ちぐはぐ感がチーム状態に影響を
与えてなければいいのだが・・・。

サッカーに興味なんかなければ、どれだけ心穏やかに過ごせるだろう。

こんなやりきれない夜の帰り道のお伴は、radikoだ。
元SBSアナで4月からZIP-FMミュージックナビゲーター、
高木マーガレットの金曜昼間の番組をタイムフリーで聴く。


「GOODY」。
人により彼女のトークは好みが分かれるかもしれないが、
自分には「癒し」になるなぁ(^^;)
真っ暗な磐田バイパスを西に向かって走りながら、
心地よい音楽と彼女のおしゃべりを聴きながら
さっきまでの無力感を少しずつ消していく・・・。
ただ・・・本当なら、そんなことをしなくても
意気揚々と、その後の祝杯をどうしようか考えながら
帰りたいのだが・・・。

2019明治安田生命J1リーグ 第25節
磐田 0-2 広島 @ヤマハスタジアム(磐田)(Live)


勝てないのは、このへんてこユニフォームのせいとか、
試合前に何を食べたからとか、そんなのじゃないよね。
弱いんだな。
確かに指揮官が交替して2週間。
チームや選手個々のどこがストロングポイントで
どこがウィークポイントか、課題は何か把握して、
構想を組み立てて、今日に備えてきたのだろう。
ここまで攻撃的になるのか、というチームに変わった。
ボールを奪いに行く姿勢、これまでにないぐらい。
また、相手をかいくぐるようにしてゴール前へ。
こんなことはなかった・・・のだが・・・決められない。
あの前半の猛攻の中で得点できなかったのが全てだ。
後半開始1分でトラップミス(?)からボールを失い、
あっさり失点。
すっかり流れが変わる。いつもの磐田に逆戻り。
さらに理不尽なレフリーのファウル流しでボールを失い
2失点目。これで勝ち点3は絶望となった。
その後特になにもできないままタイムアップ。
松本山雅に6点差、鳥栖に9点差、
残留圏の仙台、ガンバに10点差・・・。
ここから「5連勝」ぐらいしてみます!?
代表戦ブレークの2週間で、何ができる?
ちなみに次は、王者川崎なんだけれど・・・:-)