「磐田」カテゴリーアーカイブ

それはそれで「やり遂げた」感。

2017明治安田生命J1リーグ 第34節
磐田 0-0 鹿島 @ヤマハスタジアム(磐田)(Live)

先ほどまであれだけ歓声に包まれていたスタジアムが
タイムアップの笛と共に、静寂に包まれた。
ハーフタイムには、ピッチで踊る女子小学生に
容赦なく、本気で大音量のブーイングを浴びせるという
大人げないぐらい騒々しかった鹿島サポが黙り込んだのだ。
0-0で引き分け。
この瞬間に2017年のJ1のタイトルは、前節終了時点での
首位だった鹿島ではなく、ここにはいない2位川崎のものに。
手を伸ばせばすぐそこにあるタイトルを取り逃すという
悪夢の真っ只中にいてピッチに崩れ落ちた鹿島イレブンと
静まりかえる鹿島サポーターを目の当たりにしながら、
どこか「心地いい」気分だった。
ただ、我々も勝つことはできず、順位は後退。
6位に終わってしまった。
ゲーム自体は前半は磐田、後半は鹿島の流れ。
今思えば、あそこで得点できていればというシーンは
俊輔のFK、川又のシュートをはじめ、何回かあった。
しかしそこで取ることができないのが、今季の磐田。
その波を逃すとついにチャンスを捕まえることはできず、
逆に猛攻を浴びながらもそれに耐え、スコアレスドロー。
普通なら「モヤモヤ感」というところだが
目の前でシャーレを掲げられなかったことに
「やり遂げた」という安堵を感じての最終節だった。
昨季に比べると大躍進のシーズンではあった。
チームとしての成長を感じることもできた。
シーズン総括はまた改めてとしたいが、
この成長を、ぜひ来季につないでいってほしいし
私たちもつないでいきたい。

そして最終節へ。

2017明治安田生命J1リーグ 第33節
磐田 2-0 鳥栖 @ベストアメニティスタジアム(Live)

全体通して磐田がいい時間帯が多かった。
ゲームをほぼ支配していたと言えると思う。
しかし、開始直後の相手のオウンゴールに
支えられたことが大きい。
その後、何度もチャンスがありながら追加点が取れない
という「いつもの弱さ」が出てしまっていて、
この時間帯に何か「アンラッキー」があったら、と思うと
本当によかったと思う。
健太郎らを中心によく守った結果、後半11分、
これを決めなければ、という見事な突破をアダが見せ、
一度はキーパーに阻まれて、悲鳴が上がるものの、
しっかりと合わせて上がっていた川又が押し込んで2-0。
これで試合は決定的となった。
残すは最終節。優勝を狙う鹿島が相手。
磐田が勝っても、川崎の結果で鹿島優勝、というのは
仕方がない。
でも、磐田が負けることで鹿島に目の前でシャーレを
掲げられるシーンだけは見たくない。
「やりきる」そんな最終節にしてほしい。

この天候は、果たして味方だったのか、それとも。

2017明治安田生命J1リーグ 第31節
磐田 2-1 横浜 @エコパスタジアム (Live)



2週続けての台風。
そして前回に続き、台風に見舞われたエコパ開催。
これまでは、ゲームとは少し時間がズレて台風が来ていたが、
今回はまさに直撃。一番ひどい時間帯でのゲームとなった。
幸い、風の影響はほとんどなかった。
しかし、雨については尋常でない中でのゲームだった。
さすがエコパ、屋根付きW杯スタジアム。
雨に濡れない場所に席を確保した私たちは、
ポンチョを着ることもなく、観戦することができた。
しかし選手に取ってはとても厳しい環境となった。
エコパのピッチの水はけが本当に素晴らしく、
前半は特に問題なくゲームは進められた。
理不尽なPKを取られて、横浜にリードされたが、
厳しいプレスがだんだん緩み始めると、こちらが主導権。
ピッチ西側が水含みになり始める前に、
川又が遠目からの思い切りのいいシュートを決め追いついた。
そして後半。
予期していたのか、ラッキーだったのか、西側は水含みに。
一方、東側はボールが動く中で、バックパスが出されたGKに
アダイウトンが詰め寄り、奪ったボールをゴール前の川又へ!
キーパーがつり出され、DFが1人だけとなったゴールに
落ち着いてシュートを流し込んだ!!
ここまでは西側はまだ普通だった。しかし・・・。
その後はあっという間にピッチ全面が水田状態に。
ボールは止まり、水しぶきを上げながら走り回る選手。
まさに有明海の「ガタリンピック」状態。
相手に届くはずのパスが止まり、奪い奪われを繰り返し、
何が起きても不思議でない状態を何とかしのぎきり。
タイムアップ!!
今季一度も勝てなかった横浜に、初めて勝利、
俊輔の古巣への勝利をみんなの力でもぎ取ることができた。
しかし・・・本当にひどかった。
ゲームセット後、レーダーナウキャストを見ながら、
雲が通り過ぎるのを待ってスタジアムを後にしたが
帰り道はこんな感じ。



橋の下の水の中で車が一台立ち往生していたが、
大丈夫だったのだろうか・・・。

降格争いチームの圧に押されて。

午前中は雨も風もいつも並で、
これだったら昨日無理して期日前に行く必要はなかったな
と思っていましたが、午後になり風雨が強くなってきました。
選挙についてはまた全貌がはっきりしたところで
つぶやいてみようと思っているが、
まずは何より、昨日雨の中、出かけたこちら。

2017明治安田生命J1リーグ 第30節
磐田 2-2 新潟 @ヤマハスタジアム(磐田)(Live)



いつもながら雨中の観戦はしんどい。
でも、幸い風も出ることなく、土砂降りにもならず
何とかゲームを行うことができ、よかった。
しかし、降り続いた雨にピッチが重くなったのは否めず、
その上で新潟が強い圧を掛けながら前へ前へという姿勢で
押し込んできたのをなかなか押し戻せず、
ボールも保持できず、いいようにやられた感がある
特に失点シーンはいずれも集中しリスクマネジメント意識を
高くもっていればいずれかは防げたのではないかとも
思ってしまった。
失点しても倍返しできるほど前線の収まりはよくなく、
ちぐはぐなつなぎが相変わらず目立った。
それでも、最後に追いつけて勝ち点1を積めるだけ、
何とかチームとしての地力は着いてきたのかな、
と思うと、最悪のケースは防げたのでは、と思う。
それにしても、何とかいいコンディションで
ゲームをやらせてあげたかったな、とも思う。

ただ、まったりし過ぎ。

14日土曜日。
もちろんほかに何もなければ日本平に向かっただろう。
だけど、仕事のイベント、そして地元のお祭りと
3つ重なってしまっては「残念」。
ということで、仕事上のイベントに立ち会い、
その終了後は地元の公民館でお祭りに。
ただ、これまた降り出した雨で屋外での行事は中止。
ということで炭に火をおこし、ゆるりとまったりと(^^;)



一方、その頃日本平では・・・。

2017明治安田生命J1リーグ 第29節
磐田 3-0 清水 @IAIスタジアム日本平(streaming)

公民館でまったりと、見逃し配信をDAZNで見た。
出だしこそ押し込めず、チャンスを作れずにいたのだが
アダイウトンが左で相手をうまく交わし、
そして高速ドリブルからそのままゴールへ、
まさに突き刺すといわんばかりの先制点。
その後は、祥平に肘を入れた相手が一発退場を食らうと
(当たった場所と押さえていた顔とちがうのは?)
こちらへの圧も少し緩めとなり、
その後は俊輔のCKからの見事な直接ゴール、
そして山田の見事な復帰ゴールと、終わってみれば快勝。
お酒も入っていい気分だった。
久しぶりにスッキリ勝つ磐田を生で見たいなぁ。
週末が楽しみだ。天気、大丈夫かな?