「磐田」カテゴリーアーカイブ

クラブ史上最低の結果に本気で向き合え



5年前の大分銀行ドーム。確かにそこには歓喜があった。
明るい未来がこのクラブを待っているように見えた。
しかしその後再び、これを超える「歓喜」が
このクラブを包むことはなかった。
今季ホーム最終戦。


なぜこんな惨めなシーズン末を迎えざるをえなかったのか。
1 圧倒的戦力不足
前回、昇格できた時のメンバーを考えれば一目瞭然。
ジェイ、アダイウトン、カミン、川辺、小林祐希、
今思えば、スゴいメンバーだ。
J1で通用する選手をそろえた上でやっとギリギリ昇格。
それをフロントは忘れたのだろうか。
現有戦力を過大評価し過ぎたところもある
チームを変えられるようなインパクトのある補強は
もはや昇格が絶望的になってからの遠藤のみ。
戦力をそろえる「覚悟」がなかったのだ。
2 「ミッション」を忘れたフロント
今季の目標を「1年でのJ1昇格」と掲げたはずだったのに
フベロ監督の戦術が行き詰まっても、フロントは動けず。
フベロサッカーは理想としてはいいのかもしれないけれど
「戦術が浸透し若手が成長すれば」という願望に囚われて
動けなくなっていたのではないか。
遠藤の獲得をフベロが拒んでいたという「噂」もある。
もっと早い監督交代の決断が必要だった。
「フベロの戦術を信じる」ことを「ミッション達成」より
優先してしまったフロントの失策。
あと1か月早ければ、と悔やまれる。
3 「覚悟」がなかった
上に挙げたようにフロントに加え、選手も含めて
クラブ全体として「覚悟」が不足していたと思う。
新型コロナに感染した選手2人についても、
感染したこと自体を責めるのではないが、報道によると
感染していた知人と、クラブから処分を受けるような
不適切な会い方をしていた様子。
本人が感染・欠場するだけでなくチームの多くに
濃厚接触者を出して戦力を落としてしまった。
まとめ
さてここまでに揚げてきたことは、今季だけでなく
これまでにも何年も言われてきたこと。
「クラブの体質」なのかしれない。
すっかり掛け声倒れに終わった「覚悟」に代えて
来季クラブがどんなスローガンを掲げて、
どんな準備をするのかを注目していきたい。

「国民のために働く内閣」だったよね?

こんなものがわが家に届いた。


例年、この時期に申し込みが始まるシーズンシート販売、
来季は行わない、ということなのだそうだ。
新型コロナの感染再拡大の中で、大規模イベントに対し
器の大きさにかかわらず5,000人の制限が再び設けられる中、
春の開幕までには状況の改善を見込むことができない、
ということなのだろう。
下手すれば、変異種の流行が始まって「無観客」という
「振り出し」からやり直さねばならない状況もあり得る。
ただ、第3波が来てしまったのは致し方ないとして、
じゃ、それを抑えるために自ら「勝負」といっておきながら
一体「お上」はこの1か月、何をしてきたってんだい!?
こっちは既に10か月近く「我慢と勝負」を繰り返してるよ。
今日だって、あんな静かな有馬記念なんて「あり」か?
紀平梨花だって、全日本であれだけ圧巻の滑りを見せたのに
ビッグハットでは今ひとつの拍手だった。
まだ「打てる手」はあるはずだ。

「真綿色」ではないけれど「清しい」



花の季節が去ると静かなものだ。浜名湖ガーデンパーク。
駐車場が、あのヒマワリや秋桜が盛りの頃にはあり得ない
ガラ空き状態。
緊急事態宣言明けの頃のように、人がほとんどいない。
でも冬とはいえ見どころがないわけではないんだけれどね。
この「シクラメンの小径」。これからが盛りだ。
寒い中でもこのように美しく咲き誇る姿は何とも清々しい。
どこにも遠出ができない中、いい心の癒やしになる。

私がそんな「癒やしの散歩」をしていたころ、
遙か遠くの栃木で行われていたのは・・・。

2020明治安田生命J2リーグ 第41節
磐田 2-1 栃木 @カンセキスタジアムとちぎ(streaming)

遠藤抜きでどこまでできるか。そこが注目点だった。
ただ、最後の1失点は余分だったな(◎_◎;)
とはいえ、今節は今まで「どうよ?」と思ってきた
みなさんが大活躍。
山田、松本、藤川・・・「すんません(^^;)」
特に山田。
あのターンからのシュート、GKに阻まれたが
松本のゴールにつながったし、
2点目については藤川にドンピシャのクロスを供給。
やればできるじゃない(^^;)
ただ・・・だからこそ、あのアディショナルタイムでの
失点は余分だったかな、と。

「経験を生かさないから、未だにJ2なんだよ。」

2020明治安田生命J2リーグ 第40節
磐田 3-2 町田 @エコパスタジアム(Live)


フィールドプレーヤーたちは笑顔で抱き合う一方で、
GK杉本が天を仰ぐ。
勝利したはず、それも逆転勝利のはずなのに!?
このわかりづらい光景は、2失点がどういう入れられ方を
したのかを録画で見れば納得できる。
それほど無様なGK個人の、そしてGKとDFの連携による
ミスからの2失点。
逆転できたからよかったが、ホーム最終戦でこのドタバタ。
今季を象徴するようなポンコツぶりだった。
観客も、低い気温とゲーム内容の寒さにこの程度。


ヤマハで十分入りきれたじゃないか(@_@。
ここで昇格が決まるかも。それなら大きな器の方がいいぞ。
そんな「思い上がり」がクラブにあったんじゃないの!?
サポーターはわかってるぞ。


も一つ、ホイ。


小野社長。みんな、怒ってるぞ(◎_◎;)
PS.
藤田義明選手。
最近はパッとしないこともあったけれど、
それでも長年磐田を支えてくれたことは確か。
お疲れさまでした。

「情けない週末」

2020明治安田生命J2リーグ 第39節
磐田 0-2 北九州 @ミクニワールドスタジアム北九州
(streaming)

何にもできなかったな。
もしも、あの山田のシュートが入っていれば、
流れは全然ちがうものになっていたのかもしれない。
つまりは、今節の運も前節で使ってしまったのだろう。
そこからの彼と久しぶりの9番は・・・何をしていたのか?
どうやら残ってくれそうなこの方に
愛想を尽かされることがないように


(26日中日新聞より)
情けない。