「ひとりごと」カテゴリーアーカイブ

サッカーに興味なんかなければ、どれだけ心穏やかに過ごせるだろう。

こんなやりきれない夜の帰り道のお伴は、radikoだ。
元SBSアナで4月からZIP-FMミュージックナビゲーター、
高木マーガレットの金曜昼間の番組をタイムフリーで聴く。


「GOODY」。
人により彼女のトークは好みが分かれるかもしれないが、
自分には「癒し」になるなぁ(^^;)
真っ暗な磐田バイパスを西に向かって走りながら、
心地よい音楽と彼女のおしゃべりを聴きながら
さっきまでの無力感を少しずつ消していく・・・。
ただ・・・本当なら、そんなことをしなくても
意気揚々と、その後の祝杯をどうしようか考えながら
帰りたいのだが・・・。

2019明治安田生命J1リーグ 第25節
磐田 0-2 広島 @ヤマハスタジアム(磐田)(Live)


勝てないのは、このへんてこユニフォームのせいとか、
試合前に何を食べたからとか、そんなのじゃないよね。
弱いんだな。
確かに指揮官が交替して2週間。
チームや選手個々のどこがストロングポイントで
どこがウィークポイントか、課題は何か把握して、
構想を組み立てて、今日に備えてきたのだろう。
ここまで攻撃的になるのか、というチームに変わった。
ボールを奪いに行く姿勢、これまでにないぐらい。
また、相手をかいくぐるようにしてゴール前へ。
こんなことはなかった・・・のだが・・・決められない。
あの前半の猛攻の中で得点できなかったのが全てだ。
後半開始1分でトラップミス(?)からボールを失い、
あっさり失点。
すっかり流れが変わる。いつもの磐田に逆戻り。
さらに理不尽なレフリーのファウル流しでボールを失い
2失点目。これで勝ち点3は絶望となった。
その後特になにもできないままタイムアップ。
松本山雅に6点差、鳥栖に9点差、
残留圏の仙台、ガンバに10点差・・・。
ここから「5連勝」ぐらいしてみます!?
代表戦ブレークの2週間で、何ができる?
ちなみに次は、王者川崎なんだけれど・・・:-)

ホントに同じ日?



昼間はいい天気だったのに・・・、
夜になったら・・・。(ちなみに撮影場所はちがいます。)


(この画像、夜。あたりは真っ暗なのだが。)
一体、どうなっているのか!?
確かに梅雨なので、雨が降るのはわかるが、
あまりに不安定すぎ。
落ち着かないなぁ。

で、こちらにもふれなければ。

FIFA 女子ワールドカップ フランス 2019 D組 第1節
日本女子代表 0-0 アルゼンチン女子代表
@フランス共和国 パリ Parc des Princes

日本の攻めに、引いて守るアルゼンチンって・・・(*_*;
ただ、あれだけ前線でパスなり、クロスなり、攻撃の
精度が低いとな・・・。
初戦引き分けはよくあること。
あとはここからどれだけ前線の連携を修正して、
その上で顔を上げ、前を見ていけるか。
若手が多いだけに、切り替えができるかが
気になるところだ。

こちらこそ「心から感謝」



いつかは来ると思いつつ、それはまだ先のことと思っていた
「その日」が、ついにやってきた。
明仁天皇陛下、本日をもって退位。
本当に長い年月、ありがとうございました。
「象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、
心から感謝します。」
お言葉でそう述べられたが、こちらこそ感謝を申し上げたい。
象徴天皇のあり方を探りながら、国民と共に31年間、
本当に、本当に、ありがとうございました。
国民統合の象徴として、国民に寄り添い、
2度の大震災やその他の自然災害に、不景気に、
下を向きたくなる時に上を向く力を与えてくださった。
そしてこの間、このくにが戦争という事態にならないで
平和で通すことができたという意味でもよい時代だった。
また、私自身としてみれば、この平成の31年間は、
社会人として成長してきた時期でもある。
いい歳になっても、新しい立場となりまだまだ発展途上。
令和の時代になっても成長を続けていかねばならない。
最後にもう一度。


天皇皇后両陛下、
象徴としてのお務め、ありがとうございました。
そして平成の31年の日々に。
自分を育ててくれて、ありがとうございました。

平成31年4月30日 m-takasu.net

次の毎日の「始まり」という予感

(BGMには、いきものがかりの「今走り出せば」をどうぞ)


この景色が好きだった。
季節ごとに、時間ごとに、少しずつ色が変わる、
そんな美しい山々の麓での3年間だった。
「いろいろな意味で」やりがいのある職場だったが、
ここでなければ得られなかった多くを学ぶことができたし
多くの人と出会え、つながりをもつこともできて、
自分にとって、大切な財産となった。
心から感謝したい。
明日から新しい日々が始まる。
ただ、これまで足を踏み入れたことのない新しい世界で
新たな役割をいただき、責任を果たさねばならないことは
不安でしかない。
でも、ここでまた新たなつながりをつくり、
貴重な体験を重ねることで、自分が変わることができるなら
そんな変わった自分も見てみたい、という気もする。
足を踏み入れることが不安でしかない新しい世界が
一日も早く、自分にとって
「気づけば 今いる場所が かけがえのない場所」
となるように、新卒社会人の気持ちに戻ってやっていきたい。


今日、最後の片付けに行った職場で私を見送ってくれた桜。
「明日の扉を開ける旅に出ます(^^)/」

動物園で再発見したこと。

10日日曜日、aikoのライブの後は東京に宿泊。
ライブが延びても帰りを気にしなくてもいいように
上野のカプセルを予約していた。
大浴場やサウナでくつろぎ、風呂上がりに生ビール。
その後はカプセルで爆睡、そして朝風呂(^_^)v
理想の週末の一夜を過ごした後、ふと考えた。
「さて、せっかく東京にいるのに、今日は何を?」
そう、あまりよく考えてなかった。
ぶらぶらとノープランで上野公園へ。
いくつかのミュージアムのイベントをチェック。
しかし、心ひかれない。
で、意を決して入ってみたのがここ。


正直、これまで一度も入ったことがない。
パンダという生物も、自分が子どものころ、
カンカン・ランランの時代から知っていながら、
黒柳徹子がどうの、たれパンダがこうのと言いながら
結局実は、一度もホンモノを見たことがない。
だったら、シャンシャンブームのうちに
(ちょっと冷めた!!??)
一度見ておこう、とばかり、中に入り列に並んでみた。


これかぁ。確かにかわいい(^^;)
みんなが惚れ込み、60分近く待つのもわかるかな。
ゴロゴロ、ムシャムシャ、ボンヤリ、ノベーッ。
パンダ舎に入ると急かされながら通過してあっという間。
うむ、物足りない。
ということで、もう一回列に並んで2度目に挑戦。
結局この日、3回並んでしまった(^^;)
それにしても・・・動物園って癒やしだ。
パンダはもちろんだが、シロクマも、サル山も、
ボンヤリ見ていても何分も見ていられる。
日常を忘れられるっていい。そう感じた。