「ひとりごと」カテゴリーアーカイブ

動物園で再発見したこと。

10日日曜日、aikoのライブの後は東京に宿泊。
ライブが延びても帰りを気にしなくてもいいように
上野のカプセルを予約していた。
大浴場やサウナでくつろぎ、風呂上がりに生ビール。
その後はカプセルで爆睡、そして朝風呂(^_^)v
理想の週末の一夜を過ごした後、ふと考えた。
「さて、せっかく東京にいるのに、今日は何を?」
そう、あまりよく考えてなかった。
ぶらぶらとノープランで上野公園へ。
いくつかのミュージアムのイベントをチェック。
しかし、心ひかれない。
で、意を決して入ってみたのがここ。


正直、これまで一度も入ったことがない。
パンダという生物も、自分が子どものころ、
カンカン・ランランの時代から知っていながら、
黒柳徹子がどうの、たれパンダがこうのと言いながら
結局実は、一度もホンモノを見たことがない。
だったら、シャンシャンブームのうちに
(ちょっと冷めた!!??)
一度見ておこう、とばかり、中に入り列に並んでみた。


これかぁ。確かにかわいい(^^;)
みんなが惚れ込み、60分近く待つのもわかるかな。
ゴロゴロ、ムシャムシャ、ボンヤリ、ノベーッ。
パンダ舎に入ると急かされながら通過してあっという間。
うむ、物足りない。
ということで、もう一回列に並んで2度目に挑戦。
結局この日、3回並んでしまった(^^;)
それにしても・・・動物園って癒やしだ。
パンダはもちろんだが、シロクマも、サル山も、
ボンヤリ見ていても何分も見ていられる。
日常を忘れられるっていい。そう感じた。

待ってる。

池江璃花子選手の衝撃的な告白から一日。
私自身も、戸惑いと何とも言えないやりきれなさに、
未だこの事実を受け止めきれずにいる。
しかし、当の彼女はすごい。
一晩の間にしっかりと前を向き、応援の声に感謝すると共に、
「乗り越えられない壁はない」と強い思いを発信している。
もはやアスリートとしてを越えて、人としてなんて大きく、
強く、それでいてしなやかなのだろう、と心を打たれた。
この困難に打ち勝ち、乗り越えて再び戻って来られるように
応援していきたい、と思った。
あせらず、しっかり治して、
また我々に笑顔を、そして力強く泳ぐ姿を見せてくれる
ことを願いたい。

平成のその先に、5人の彼らはいない。



SMAPの時は、もうこれは立て直せないだろう、というのが
誰の目にも明らかであったが、今回はちがう。
今も人気はトップクラスだし、私には予兆は見えなかった。
それだけに衝撃は大きかった。
「嵐、活動停止」
バラエティから、CMから、そして歌番組から、
あと2年で彼らが消えていくのか。
正月のババ抜きももう見られなくなるのか。
平成の2/3をこのくにと共に歩んできた彼らが
5人そろって私たちの前に現われることは
しばらく、そしておそらくその先も難しいのだと
想像した時、ファンでない私もものすごい喪失感だ。
また、一つ時代が変わろうとしているのだ、
そう思い知らされたニュースだった。

「叫び」はメイン。でもそれだけじゃない。

一昨日は、午前中に一般参賀を終えた後の午後にこちらを
訪ねてみた。


やっと!? 今さら!? ついに!?
東京・上野の東京都美術館で行われている「ムンク展」、
ようやく訪れることができた。
もちろん「初来日」の「叫び」もさることながら
オスロのムンク美術館のコレクションから、
選りすぐりの作品を一気に見ることができて何より。
数々の作品たちを半日かけて見ながら私が感じたのは、
孤独、不安、憂鬱、喪失感、絶望・・・、
天才って、感性が強すぎるって、
彼の人生、どんな人生だったんだろう・・・。
うまくいえないけれど、彼の生涯そのものを感じられる、
そんな作品たちであり、展示だったように思う。
すてきな半日を過ごすことができた。

あの名古屋モーターショーから5年・・・。

もう、あれから1週間か。
ということで本日は、先週ヤマハスタジアムから磐田駅まで
一秒を争う中で自分を送り届けてくれたこの車を御紹介。


トヨタ、ジャパンタクシー。
東京ではもう主流になりつつあるが、地元ではまだまだ。
浜松あたりでは少しずつ見かけることが多くなってきた。
シエンタベースということだが、運転はしてないので
客として乗った印象しかわからないが、
降りる時に「どっこいしょ。」と言わなくてよい、
というのは、この歳になってくるとうれしいかな(^^;)
スライド式ドアも、狭い日本の道路事情から見て
ガードレールや縁石を気にしないで開閉できるよさ。
見た目もブラックキャブっぽいし。
地元にも導入されるとおもしろいのだが。