「ひとりごと」カテゴリーアーカイブ

そしてまた一つ、鉄道から旅情が消えていく。

2004nagara

ネットでさびしい記事を見つけてしまった。
「ムーンライトながら 役割終え廃止」
ついにこの春のダイヤ改正で完全に廃止されるとのこと。
残念としか言いようがない。
私とこの夜行の出会いは、小学生の頃にさかのぼる。
当時、わが家の最寄り駅上り最終電車が23時台の東京行。
こんな片田舎の駅から東京行きの電車が出るということに
旅情と憧れを強く感じて、この「大垣夜行」を見送ってきた。
やがて私も社会人になって自由に出かけられるような歳になり、
サッカーに興味を持って磐田や代表を追いかけるようになると、
東京からの帰ってくるのにこの電車を使うようになった。
車内で一杯やろうと、しこたまビールとつまみを買い込んだら
通路に座り込む者もいるぐらいぎゅうぎゅう詰めで
飲んで語ることすらままならない窮屈さだったことも。
その後「ムーンライトながら」として全車指定となって
予約すれば座れるようになってゆとりができてくるころには、
すっかり「遠征」の一手段となっていた。
ただ・・・、これで帰ってくると翌日の疲れは相当なものだ。
2010年ごろからはそのことも考えてカプセルでの宿泊が増え、
ムーンライトで強引に帰ってくることはほとんどなくなってきた。
思えばいつしか私自身、使うことがなくなっていたのだ。
「時代の変化」と見れば、廃止も致し方ないと思う。
でも、どこかさびしい、というのが本音なのだ・・・。
(画像はムーンライトながら号:2004年JR東京駅にて)

あの国の民主主義の力を信じたい



まさに「国難」の中の船出だ。
この先の道は厳しいだろう。
でも、こちらの国に吹き始めた
「このままではいけない、前に進もう」
という風には、どこか「うらやましさ」を感じる。
取り戻せるだろう、失われた4年間を。
そして踏み出せるだろう、新たな一歩を。
(画像は1月21日付中日新聞夕刊より)

「共通一次って何!?」って言われそう(^^;)

仕事がらみで職場に出かけた後、早い時間で終わったので、
午前中、浜松城公園から旧・奥山線廃線跡ウォーク。


ここは歩きやすくていいねぇ。道が平らだし。
(ホワイトストリートとかガーデンパークとか、
 佐鳴湖公園も結構でこぼこ(^^;))
浜松北高あたりまで歩いてくると、ガードマンとか
スーツ姿の目が鋭い人が。
その後、和地山あたりで姫街道沿いに引き返してみたが、
なるほどこちらも。
そうそう、今日はそういうことなんだな。


はいはい、邪魔するつもりはありません。
静かに通り過ぎますって。(写真は撮ったけれど)
とは言え、受験生の皆さんはホントに今日まで大変でした。
コロナでいろんな制約もあっただろうし、
そもそもこの試験の仕組み、1年前までドタバタ続き(-_-;)
現役生にとっては春先、急に休校になってしまって
授業が終わるかどうかも含め、不安だったことだろう。
とにかく力を出し切れ、と心の中でエールを送った。
そして浜松城公園に戻ってこちらをいただいた。


ナイトロコールドブリュー バニラスイートクリーム。
先週に引き続き、ナイトロコールドブリューシリーズ(^^;)
これで3種、全て制覇(^^)/
うむうむ、マイルド。「スイート」とあるが、甘さは控えめ。
池の鴨を見ながら、外で時間をかけてじっくりいただいた。
口当たりはいいが、水出しの深い味を楽しむのなら、
やっぱりプレーンがいいかな、と思った。

「生きがい」を奪われた世界で「生きがい」探し

「静かな年末年始」でした(^^;)
テレビをお供に、完全な「寝正月」でしたし、今日も
外出はこちらで「免疫力向上のための」お散歩のみでした。

しかしこうなってくると、私も
「移動なしで」「人と集まらずに」「飲食なしで」
できる趣味、楽しみを見つけたいものだと痛感。
旅行・スキー×、サッカー観戦△、飲み会・カラオケ×
ライブ×、日帰り温泉△(△は感染対策すれば何とか可?)
この御時世、私の趣味は不可やそれに近いものばかり。
こんな時代でも許される趣味をもう少し見つけておかないと
散歩ぐらいしかすることがないし、将来的にも不安。
大橋巨泉が、「趣味は若いうちにたくさん持っておいて、
年齢と共に淘汰していけばよい」と言っていたけれど
わかるような気がする。
とは言え、何ができるだろう・・・。

この1年を頑張ってきた自分たちを褒めて、そして前を向いていきましょう(^^)/

大変だよ(◎_◎;)
紅白とサザンのライブを交互に見ながら、
さらにこっちをアップするって(^^;)
ってことはさておき・・・、


本当に大変な1年でした。
仕事も、プライベートも、様々なダメージを受けました。
仕事はホント、しんどかった。何が正解かわからないから。
そこですり減ったのを救い、注油してくれるのが
エンタメやスポーツの感動であり、人とのつながりなのに
それが許されないというのはホントにキツかったです。
ここまで過去形で書いてきたけれど、実はまだ現在進行形。
うつむき、打ちのめされそうになりますが
それでも紅白で演奏される曲の数々を聴いていると
何とか顔を上げて前を見たくなってきました。
(スタジオライブ形式だからか、今年はクオリティ高いな。
 曲もすり減った国民向けの前向きなのを選んだのかな。)
しんどいけれど、もう少し頑張ってみようかな、と思います。
まずは体を大切に、そしてこころもゆったりと。
どうぞ、よいお年をお迎えください。