「すてきな飲み屋さん」カテゴリーアーカイブ

ワインと偶然と野沢の夜

2日間とも昼間はガスってる中で滑って船酔い状態になるなど
いろいろ大変ではあったけれど、夜が楽しいのが野沢温泉。
夕食付きの宿を取っていたため、まずは美味しくいただき、
その後は散歩を兼ねて、野沢初体験の後輩たちを連れて
まずは源泉である麻釜見学。


その後は街ブラと外湯めぐり。


今回は温泉街近くの大湯で一風呂いただいたのだが
ここでビックリしたのは、大湯の入り口を開け、
振り向きざまに同行の後輩に話しかけようとしたところ、
そこにいたのは、2年前まで今の職場にいた別の後輩!?
何でも大学時代の友人と一緒に来たのだとか。
あまりにもすごすぎる偶然にあっけにとられてしまいながら
一緒に熱湯風呂(!?)に浸かった。
その後彼と別れ、大湯の出口を開けると今度はその外に、
以前、近隣や大学の附属機関で同じ仕事をしていたが
こちらでの仕事を辞めて姫路市にUターンしていった
これまた別の後輩と合流。
こちらは、今回全く同じスケジュールで野沢に来ているのは
事前に知っていて、風呂に入る前に連絡を取っていたので
先ほどのような全くの偶然というのとは事情がちがうのだが、
それでもこんな再開は珍しく、会うのも約1年ぶり。
どこかでのみながら話そう、ということになり、
通りかかって気になっていた大湯前のこちらへin。


「狸」っていう店で1階はレストラン、地下はバーのよう。
今回は、通りから見えていて「安心」なレストランの方へ。
私の同行の後輩とも早速打ち解けて近況や昔話トーク。
申し訳なく既に夕食を宿で食べてきたので、
料理はつまみ程度のものしか頼まなかったが、
ボトルのワインを開けてステキな時間を過ごした。
お客さんは3/4が外国人かなぁ。
どこか外国にいるみたいで、温泉街の雰囲気ともちがうが
浜松や豊橋にはないこの空気感はある意味非日常的で、
別の意味で「野沢温泉の夜だ」と感じられるように思った。
機会があれば(っていつだよ!?(^^;))
地下のバーも試してみたくなった。

ゴーヤチャンプルにオリオンの生は魅力(^^;)


職場の第6セクションが大きな事業を終えたので、
豊橋の駅近くにある「おきな和料理 島々」というところで
ご苦労さん会があり、声を掛けていただいて顔を出した。
私たちがいただいたのは、忘年会向けかな、コース料理。
絶妙にうまい、豚と野菜の味噌鍋を中心にして、
(おそらくこれは沖縄料理ってわけじゃないよね(^^;))
ゴーヤチャンプルやミミガーなど、琉球名物も堪能。
ビールはもちろん、オリオンビールの生。
泡盛も各種取りそろえ・・・なのに・・・、
仕事が長引き、車で行ったため飲めず、残念すぎる!!
訳あって、その日は代行を使うこともできず、
ぜひまたいつの日か改めて、この店をリベンジしたい、
と心に誓うのであった。

健康で、そしてこれからも前向きに。

もう10日ぐらい経ってしまったが、本当に久しぶりに、
かつて仕事で御一緒させていただいたみなさんと集まった。
体調を崩していた先輩も回復し、お酒も大丈夫になり、
お祝いの意味も含めてのごちそう、ということで、
田町中央通りとゆりの木通りの交わる田町交差点の角、
マルト田町ビルというちょっと古い雑居ビルの4階にある
「四季和創いもはん」という和食のお店へ。
私は仕事の都合ですっかり遅れてしまったのだが、
そこまでに出された料理をまとめてパシャリ。


前菜、おさしみ、お造り、魚と夏野菜の焼きもの、
いろいろあるねぇ(^^;)
時間どおりに行ければ順序よく味わえたのに、と少し後悔。
コース料理中心のお店のように見受けたが、
ある意味、その時期に一番おいしいものを選んでくださって
お店の「料理観」を感じながらいただけるように思えた。
上品に、季節のものを生かして丁寧に作られた一品一品を
たっぷりと時間をかけて、積もり積もった話題をネタに
おしゃべりをしながら美味しくいただくことで、
あっという間に時間も過ぎ、お酒も進んで、
すっかりいい感じでできあがってしまった(^^;)
みなさん、それぞれ頑張ってらっしゃるなぁ。
自分はどうだろ。足踏みかなぁ。
次に御一緒できる時にはもう少し前に進んでいたいなぁ。
そう思って前向きにしていただいた、素敵なひとときだった。

シエスタは楽し。

確かにあれから摂生した。
先週は外食せず、家でひたすら野菜多めの食事を心がけ
炭水化物も「少し」(^^;)減らした。
ただし、週末はお付き合い。
お祭りが近づくお宮の境内や参道を近所の皆さんと掃除。
参道脇の竹林が手入れされてないものだから、大変。
切り出し、枝を払い、短く切ってダンプへ。
これをひたすら繰り返した。
ということでお昼は、味楽酒房「豊千」さんで御苦労さん会。
「昼ビー(ル)」で乾杯した後、焼酎などもいただきながら、
来月16日(土)に行うお祭りに向けての準備のことや、
最近近所で話題の「テレビアンテナ問題」などを肴に
いい時間を過ごした。
いただいたのは、こんな美味しいお刺身や



マグロの唐揚げなどのほかに、以前にもこちらで紹介した
いい塩加減でジューシーな、合鴨のネギ塩焼きや
(ホント、美味しい(^^;))



噛みしめるたびに脂の旨味がタレと一緒にジュワッと
口の中に広がるホルモンなどなど。



お開きになってもまだまだ太陽は高く、お昼寝。
幸せな午後だった。

STAY POSITIVE!!!!!

3月は別れの季節だった。
自分にとって昨季は(も?)大変厳しいシーズンだったが、
そんな厳しいシーズンを共にくぐり抜けてきたスタッフは
「同士」であり、「戦友」だった
(向こうはどう思っているかわからないが、
 少なくとも私はそう思っているのだが(^^;))
だからこそ、別れはせつない。
職場全体の送別会では、近隣への異動者だけでなく、
退職者や遠方に移るスタッフもいて、何とも寂しかったが
感謝と激励の言葉で見送った。



また、その翌日はあるセクションの「納会」に。
割烹紅葉の美味しい料理とお酒をいただきながら
一年間の健闘を称え合った。
(牡蠣も終わりだねぇ(・_・;))



季節は確実に動き、シーズン最終日の職場の前の桜。

そしていよいよ、新しいシーズン。
新たなスタッフを迎えての、キックオフの準備も整った。
身が引き締まる思いだ。
そんなスタートの第1週をどれだけポジティブにやれるか。
それがかかったこの週末の磐田だった。

2018明治安田生命J1リーグ 第5節
磐田 2-1 浦和 @エコパスタジアム (Live)



正直、しんどいゲームだった。
けが人が相次ぐ中、それでも勝ち点3を目指さねばならない。
そんな中で磐田が11人に対して、浦和は12人!?
レフリーの不可解な判定から序盤にPKを取られ、
いきなりビハインドからのスタート。
その後も安定を欠くレフリングはどう見ても浦和びいき。
向こうもPK成功から空気が変わったかのように前へ。
そんな中で、前半終了間際の川又のテクニカルなゴールは
チーム、そしてスタジアム全体に勇気を与えたと思う。
そして勝ち越し点も、川又の何が何でもという思いが
相手DFに当たりながらも、ゴールへと繋がったように思う。
ダービーを前にアダを欠く中、この一勝は大きい。
そして明日から今季業務が始まる私たちに与えてくれた
パワーも大きい。
ポジティブな気持ちで一週間頑張りたい。

さぁ、まもなく今度は自分のキックオフ!!